3692:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第60号法廷/カガヤン州比人大量殺害・大村事件
0

    戦犯裁判フィリピン管轄:マニラ・モンテルンパ裁判

     

    第60号法廷/カガヤン州比人大量殺害・大村事件

     

    起訴理由概要:

    ‖臾遒蓮⊂赦20年3月11日頃カガヤン州ラロバリオフアグリカ付近に於いて、部下をして百数十名の非戦闘市民を殺害することを、命令指揮許容せり。
    ⇔礁召蓮⊂赦20年4月7日カガヤン州ラロラフ島付近に於いて、部下をして約二百名以上の非戦闘市民を殺害することを、命令指揮許容せり。

     

    船舶工兵32・大村靖雄中佐:昭和24年9月12日・判決終身刑>昭和28年7月4日・特赦終身刑>昭和28年12月30日・特赦釈放
    独歩177大隊・大野正雄大尉:昭和24年9月12日・判決絞首刑>昭和28年7月4日・特赦終身刑>昭和28年12月30日・特赦釈放

    一般解説:
    詳細解説:

    監修:福本

    【2018.08.31 Friday 15:43】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
    3691:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第59号法廷/ミンダナオ島ダバオ市比人暴行殺害・伊藤事件
    0

      戦犯裁判フィリピン管轄:マニラ・モンテルンパ裁判

       

      第59号法廷/ミンダナオ島ダバオ市比人暴行殺害・伊藤事件

       

      起訴理由概要:

      ‐赦16年12月頃、ミンダナオ島ダバオ市付近に於いて、日本義勇隊長として非戦闘市民7名を虐待することを部下に命令指揮許容せり。
      ⊂赦16年12月28日頃、ミンダナオ島ダバオ市付近に於いて、前記の内1名を殺害することを部下に命令指揮許容せり。
      昭和16年12月|17年1月の間ミンダナオ島ダバオ市付近に於いて、21名の非戦闘市民を殺害することを部下に命令指揮許容せり。〜

      独歩352・太田興業KK:伊藤三郎軍属:昭和24年7月1日・判決絞首刑>昭和28年7月4日・特赦終身刑>昭和28年12月30日・特赦釈放

       

      一般解説:
      詳細解説:

      監修:福本

      【2018.08.31 Friday 15:41】 author :
      | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
      3690:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第58号法廷/パナイ島イロイロ市比人拷問虐待殺害・小池事件
      0

        戦犯裁判フィリピン管轄:マニラ・モンテルンパ裁判

         

        第58号法廷/パナイ島イロイロ市比人拷問虐待殺害・小池事件

         

        起訴理由概要:

        ‐赦18年11月頃マニラ市に於いて、非戦闘市民1名を拷問虐待することを部下に命令指揮し、許容した。
        ⊂赦19年2月23日頃パナイ島イロイロ市に於いて、比人4名殺害することを部下に命令指揮し、許容した。
        昭和19年2月28日〜6月23日の間、パナイ島イロイロ市に於いて、比人5名を拷問虐待することを部下に命令指揮し、許容した。
        ぞ赦19年2月28日〜6月23日の間、パナイ島イロイロ市及びその付近に於いて、比人12名を殺害することを部下に命令指揮し、許容した。
        ザ姦
        昭和19年11月パナイ島イロイロ市及びその付近に於いて、比人6名を殺害することを部下に命令指揮し、許容した。
        Ь赦19年12月パナイ島イロイロ市及びその付近に於いて、比人30名を殺害することを部下に命令指揮し、許容した。


        1,昭和一八年一月一一日から昭和一八年八月一八日の間、比島マニラFort Santiagoにおいて、故意かつ不法に、非武装の非戦闘員たる比島市民■■■■を拷問、虐待し、また、彼の指揮下の者に拷問し、虐待することを命令し、許容した。
        2,昭和一九年二月二三日頃、Iloilo州Iloilo市附近において、彼の指揮下の者に、故意かつ不法に、いずれ
        も非武装の非戦闘員たる比島市民■■■■等五名の殺害を命令し、指示し許容した。
        3,昭和一九年二月二八日から昭和一九年六月二三日の間、Iloilo市附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、故意かつ不法にいずれも非武装の非戦闘員たる比島市民■■■■等五名に対する拷問虐待を命令し、指示し許容した。
        4,昭和一九年二月二八日から昭和一九年六月二三日の間、Iloilo市附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、故意かつ不法にいずれも非武装の非戦闘員たる比島市民■■■■及び氏名不詳の一一名の殺害を命令し、指示し許容した。
        5,昭和一九年六月頃、Iloilo市附近において、故意、不法かつ残忍に非武装の非戦闘員たる比島市民■■■■夫人を強姦した。
        6,昭和一九年一一月頃、Iloilo市附近において彼の部下日本陸軍軍人に故意かつ不法にいずれも非武装の非戦闘員たる比島市民■■■■等六名の殺害を命令し、指示し許容した。
        7,昭和一九年一二月頃、Iloilo市Lapas附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に故意かつ不法に、いずれも非武装の非戦闘員たる比島市民である氏名不詳の三〇名の殺害を命令し、指示し許容した。
        8,昭和一八年一二月二〇日から同三一日の間、Iloilo市附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、故意かつ不法にいずれも米陸軍軍人で日本の俘虜である■■■■兵を残忍に拷問虐待することを命令し、指示し、許容し黙認した。

        イロイロ 憲兵分隊 憲・大尉 山口 ■■■■ 1949/08/15 絞首 終身

        イロイロ憲兵分隊・小池周之憲兵大尉:昭和24年8月15日・判決絞首刑>昭和28年7月4日・特赦終身刑>昭和28年7月25日・特赦釈放

        一般解説:
        詳細解説:

        監修:福本

        【2018.08.31 Friday 15:38】 author :
        | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
        3689:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第57号法廷/比島俘虜収容所俘虜虐待・恒吉事件
        0

          戦犯裁判フィリピン管轄:マニラ・モンテルンパ裁判

           

          第57号法廷/比島俘虜収容所俘虜虐待・恒吉事件

           

          起訴理由概要:ー

           

          比島俘虜収容所・恒吉義士大尉:昭和24年7月19日・判決終身刑>昭和28年7月4日・特赦釈放

          一般解説:
          詳細解説:

          監修:福本

          【2018.08.31 Friday 15:35】 author :
          | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
          3688:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第56号法廷/最高司令官責任・黒田事件
          0

            戦犯裁判フィリピン管轄:マニラ・モンテルンパ裁判

             

            第56号法廷/最高司令官責任・黒田事件

             

            起訴理由概要:

            (胴餞愀
            昭和18年5月29日〜昭和19年9月30日に至る間、比島ヌエバスカヤ州カバナツアン俘虜収容所に於いて,当時14方面軍最高司令官として指揮下軍隊の行動の指揮統轄すべき義務に服すべき事に失敗し、故意且つ不法に多数の米国人俘虜に対する監禁飢餓虐待又はこれらによる死因に対する寄与等の原因となった所謂彼の指揮下軍隊の悪政怠慢を許容し戦争法規並びに慣例に違反せり。(訴因22項目)
            比国関係
            比島に於ける日本軍最高司令官として、その職責を実行することに対し、不法にも無関心であり、且つこれに失敗し、て、次のことを部下に許容した。
            (訴因37項目)

             

            14方面軍司令官・黒田重徳中将:昭和24年7月14日・判決終身刑>昭和2y年12月24日・特赦釈放:弁護マラン大尉

             

            一般解説:
            詳細解説:

            監修:福本

            【2018.08.31 Friday 15:32】 author :
            | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
            3687:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第55号法廷/ミンダナオ島ダバオ市比人殺害略奪破壊・坂田事件
            0

              戦犯裁判フィリピン管轄:マニラ・モンテルンパ裁判

               

              第55号法廷/ミンダナオ島ダバオ市比人殺害略奪破壊・坂田事件

               

              起訴理由概要:

              “鏐5名は、昭和16年12月28日頃ミンダナオ島ダバオ市イラング或いはその付近に於いて、非戦闘比人ミクストババオ他3名を殺害せり。
              ⇔石藤井は昭和17年1月7日或いはその頃同地付近に於いて非戦闘市民フステイスララコ、エチアババオの家屋を探査略奪破壊を行なう。

               

              古川拓殖会社・坂田一二社員:昭和24年6月29日・判決無罪
              ・藤井末広社員:昭和24年6月29日・判決10年刑>昭和28年7月4日・特赦釈放
              ・立石ヴセンテ社員:昭和24年6月29日・判決10年刑>昭和28年7月4日・特赦釈放
              ・岡部克巳社員:病気起訴却下
              ・植岡確喜夫社員:病気起訴却下

               

              一般解説:
              詳細解説:

              監修:福本

              【2018.08.31 Friday 15:25】 author :
              | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
              3686:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第54号法廷/セブ州カモラス諸島ボンソン島比人拷問殺害強姦・49号より転番・倉沢事件
              0

                戦犯裁判フィリピン管轄:マニラ・モンテルンパ裁判

                 

                第54号法廷/セブ州カモラス諸島ボンソン島比人拷問殺害強姦・49号より転番・倉沢事件

                起訴理由概要:‐赦19年11月30日又はその頃、セブ州カモラス諸島ボンソン島ピラーカウイット部落又はその付近で非戦闘市民女性1名を強姦せり。
                ⊂赦19年12月8日又はその頃、セブ州カモラス諸島ボンソン島において、約20名の市民の拷問殺害を許容せり。
                昭和19年12月27日、セブ州カモラス諸島ボンソン島ビラーラナオ部落に於いて比市民4を拷問殺害せり。
                ぞ赦19年12月29日、セブ州カモラス諸島ボンソン島シュオオバオに於いて比市民約30名を拷問殺害せり。
                ゾ赦19年12月29日、セブ州カモラス諸島ボンソン島ダプダプ部落に於いて比市民約20名を拷問殺害せり。
                昭和19年12月29日、セブ州カモラス諸島ボンソン島ダプダプ部落に於いて比市民約5名を拷問殺害せり。
                Ь赦19年12月29日、セブ州カモラス諸島ボンソン島ダプダプ部落に於いて比市民約304名を拷問殺害せり。
                ┥赦19年12月29日、セブ州カモラス諸島ボンソン島ダプダプ部落に於いて比市民約4名を拷問殺害せり。
                昭和19年12月29日、セブ州カモラス諸島ボンソン島ダプダプ部落に於いて比市民約4名を拷問殺害せり。
                昭和19年12月29日、セブ州カモラス諸島ボンソン島ダプダプ部落に於いて比市民約303名を拷問殺害せり。

                 

                1,昭和一九年一一月三〇日頃、比島Cebu州Camotes群島Ponson島Pilar kawit地区附近において、不正かつ不法に非武装の非戦闘員たる比島市民の女性を強姦した。
                2,昭和一九年一二月八日頃、前記Ponson島Sitio Toong附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、不正かつ不法に■■■■等三名を含む約三〇名の非武装の非戦闘員たる比島市民の拷問、殺害を許容した。
                3,昭和一九年一二月二七日頃、Ponson島Sito Opao附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、不正かつ不法に非武装の非戦闘員たる比島市民■■■■等五名を拷問し、殺害することを許容した。
                4,昭和一九年一二月二九日頃、Ponson島Sito Opao附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、不正かつ不法に、■■■■等三名を含む二八名の非武装の非戦闘員たる比島市民の拷問殺害を許容した。
                5,昭和一九年一二月二九日頃、Ponson島Dapdap地区附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、不正かつ不法に、■■■■等四名を含む一五名の非武装の非戦闘員たる比島市民の拷問殺害を許容した。
                6,昭和一九年一二月二九日頃、Ponson島Dapdap地区附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、不正かつ不法に、非武装の非戦闘員たる比島市民■■■■等五名の拷問殺害を許容した。
                7,昭和一九年一二月二九日頃、前記Dapdap地区において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、不正かつ不法に、■■■■を含む非武装の非戦闘員たる比島市民約三〇〇名の拷問殺害を許容した。
                8,昭和一九年一二月二九日頃、Dapdap地区附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、不正かつ不法に、非武装の非戦闘員たる比島市民■■■■等四名の拷問殺害を許容した。
                9,昭和一九年一二月二九日頃、Dapdap地区附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、不正かつ不法に非武装の非戦闘員たる比島市民■■■■等四名の拷問、殺害を許容した。
                10,昭和一九年一二月二九日頃、Ponson島Esperang地区附近において、彼の指揮下の日本陸軍軍人に、不正かつ不法に、■■■■等三名を含む約三〇〇名の非武装の非戦闘員たる比島市民の拷問殺害を許容した。


                船舶工兵第一野戦補充隊
                中尉 長野 ■■■■ 1949/06/27 無罪

                 

                船舶工兵第一野戦補充隊

                倉沢鴨中尉:昭和24年6月27日・判決無罪

                一般解説:
                詳細解説:

                監修:福本

                【2018.08.31 Friday 15:19】 author :
                | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
                3685:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第53号法廷/バタンガス州リパ市比人大量虐殺・畑山事件
                0

                  戦犯裁判フィリピン管轄:マニラ・モンテルンパ裁判

                   

                  第53号法廷/バタンガス州リパ市比人大量虐殺・畑山事件

                   

                  起訴理由概要:

                  ‐赦20年2月5日〜3月21日の間、バタンガス州リパ市及びその付近に於いて、非戦闘市民リカルドカリンガル他3000名虐殺を部下に命令指揮し、許容した。
                  同年月の間同地に於いて、軍事の必要なきに拘らず、公私建築物の略奪並びに焼却により清滅せしむることを、その部下に命令指揮許容せり。

                  86飛行場大隊・畑山芳美少尉:昭和24年6月13日・判決絞首刑>昭和28年7月4日・特赦終身刑>昭和28年12月30日・特赦釈放
                  ・浅野敏男少尉:昭和24年6月13日・判決絞首刑>昭和28年7月4日・特赦終身刑>昭和28年12月30日・特赦釈放
                  ・中島昌平少尉:昭和24年6月13日・判決絞首刑>昭和28年7月4日・特赦終身刑>昭和28年12月30日・特赦釈放
                  ・高崎寅吉少尉:昭和24年6月13日・判決絞首刑>昭和28年7月4日・特赦終身刑>昭和28年12月30日・特赦釈放
                  ・堀江留吉准尉:昭和24年6月13日・判決絞首刑>昭和28年7月4日・特赦終身刑>昭和28年12月30日・特赦釈放

                   

                  一般解説:
                  詳細解説:

                  監修:福本

                  【2018.08.31 Friday 15:12】 author :
                  | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
                  3684:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第52号法廷/マウンテン州比人拷問虐待殺害・土居事件
                  0

                    戦犯裁判フィリピン管轄:マニラ・モンテルンパ裁判

                     

                    第52号法廷/マウンテン州比人拷問虐待殺害・土居事件

                     

                    起訴理由概要:

                    ‐赦19年4月18日マウンテン州ラックニダットにおいて非武装非戦闘員たる比市民10名を拷問虐待せり。
                    ⊂赦19年t5月8日マウンテン州タキヤンにおいて比人アルベルトペレスキエンルブトその他の者を拷問虐待せり。
                    昭和19年5月29日バギオ市ハクダルにおいて比市民5名を殺害せり。

                     

                    独歩175大・土居邦雄中尉:昭和24年6月13日・判決20年刑>昭和28年7月4日・特赦釈放:ドミンゴ中尉

                     

                    一般解説:
                    詳細解説:

                    監修:福本

                    【2018.08.31 Friday 15:10】 author :
                    | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
                    3683:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第51号法廷/比人虐待責任・横山事件
                    0

                      戦犯裁判フィリピン管轄:マニラ・モンテルンパ裁判

                       

                      第51号法廷/比人虐待責任・横山事件

                       

                      起訴理由概要:

                      ‘本軍の作戦行動を統帥すべき司令官として、昭和20年1月28日以降4月10日までの間に於いて、その任務を無視して怠り、非武装非戦闘員たる市民に対し、残虐行為その他重罪を犯すこと、並びに軍事正当性無くして公私の財産を恣に焼却し破壊することを指示し許容し、戦争の法規並びに慣例に違反せり。
                      基礎項目58項目

                       

                      一般解説:
                      詳細解説:

                      監修:福本

                      【2018.08.31 Friday 15:08】 author :
                      | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |