3627:戦争は、中国の日本侵略戦争から始まった。
0

    村山談話が、講和条約違反の違憲談話だと気が付いた頃、ブリタニカをパラパラしていて愕然とした事があります。 それは、枢軸国の中で、講和条約によって戦争終結したのは日本だけだったという事実です。
    アメリカは、カサブランカで枢軸国に国家無条件降伏を要求し、侵略枢軸国には旧来方式の、講和会議よって戦争終結する権利を認めませんでした、
    元々、国家無条件降伏要求については、「不要に敵国を追い詰めて、戦争被害を増大させる。」という批判がありましたが、鬼畜米国wは強硬姿勢を譲りませんでした。
    カイロ宣言で国家無条件降伏を要求されていた日本は、各地の玉砕や特攻によって、アメリカに国家無条件降伏要求撤回を期待するしか有りませんでした。
    グアム・サイパンなどの南方島嶼の民間人と共に、当時の沖縄県民の抗戦が、アメリカに本土上陸を躊躇わせ、その結果ポツダム降伏条件提示に到ったのです。
    「ポツダム条件は非常に強硬だから、無条件降伏と同じ。」という意見がありますが、侵略枢軸国に無条件降伏を要求していたアメリカが、日本だけに条件提示して侵略国定義を撤回するのですから、文面は強硬になるものです。
    「降伏後騙し討ちしてやれば良い。」など卑劣無い主張もありましたが、アメリカ全体の意思統一は出来ておらず、国家無条件降伏したドイツに対しては、米英仏ソのロンドン協定に基づきニュルンベルグ裁判条例が定められましたが、侵略匡定義を免れた日本に対し、ポツダム条件違反の侵略国を裁く東京裁判が、GHQの一般命令において強行されてしまいました。
    しかし、アメリカには「日本を叩きすぎた」という反省も有り、日本だけが、従来の双方自衛主張戦争の終結方式であった講和会議を経て、講和条約を締結しています。

     国家無条件降伏した侵略国ドイツは、連合国の戦争終結宣言形式で、他の枢軸国はドイツに宣戦布告して国家無条件降伏を免れようとしましたが、アメリカはこれを認めず、これらの侵略国との講和条約に代わるパリ条約は、枢軸国の批准は拒否しないが連合国の批准で成立する変則戦争終決形式でした。・・・これは、ブリタニカに掲載されている国際的一般常識です。

     東京裁判起訴前には、枢軸国の戦争全てを侵略行為として裁くという従来方針から、カナダ・ニュージーランド・オーストラリア・タイ侵略も起訴されましたが、開廷後に日本に対する侵略国定義が撤回され、これら4カ国に対する侵略は審議されませんでした。
    また中国についても、開廷前には侵略無罪の証拠があっても有罪にするつもりで起訴したのですが、開廷後の方針変更で結局日本の侵略は無罪にするしか有りませんでした。上海事変は、中国の上海非武装協定違反により開戦しているので、明らかに「中国による日本侵略戦争だった。」と東京裁判が判決している事になります。

     この上海事変は、ドイツと中国により通州事件を大規模にした日本人虐殺事件を仕掛けてきたため、日本は自衛戦争するしか無かったので、侵略で起訴された最高指揮官の松井大将は、東京裁判で侵略無罪になりました。

     対日侵略の上海事変直後に、ルーズベルトは侵略国隔離宣言を公表し、独・中匡による日本侵略を日本批判にすり替え、侵略国中国を軍事・経済支援し日本を戦争に引きずり込んだのです。

    【2017.05.10 Wednesday 14:11】 author :
    | 反日バイアスに嵌まった日本人には理解出来ない真実の歴史 | comments(0) | - | - | - |
    3623:戦犯裁判:米国管轄:横浜裁判:第166号法廷/比島ロバス俘虜労務虐待事件
    0

      戦犯裁判アメリカ管轄横浜裁判

       

      第166号法廷/比島ロバス俘虜労務虐待事件

       


      起訴理由概要:-

       

      比島波4829部隊
      阿久澤利大尉・栃木:47/9/9判決5年

       

      一般解説

       5年刑はビンタ1発では長いので、ビンタ1発に加えて労務が多少キツかったか、ビンタ2発か、いずれにしても微罪である。

      【2017.05.10 Wednesday 14:10】 author :
      | - | comments(0) | - | - | - |
      3625:「アジア解放戦争だった。」と認識しなければ、死者への冒涜
      0

        >大東亜戦争とは、アジア解放の大義ある戦争・・・ ヘンリー・ストークス氏

         

        「そこまで言っちゃっていいの?」という意見がある。

         

         

         インドネシアの例が分かり易いかもしれないが、大戦当時の蘭印は陸軍軍政地域は独立支援、人口が少ない海軍軍政地域は日本領予定地域だった。日本軍は、原則現地サルタン領にではなく蘭印軍の支配地域を占領した。
        多額の戦費と人命を投じている以上、一部保護領化はそれほど不当とは思えないが、この行為を「アジア侵略」とする反日に対し、「アジア解放」とする親日に対して批判がある。
         蘭印の海軍にあった花機関は、一応工作機関であるが、機関員の大半は徴用された興亜専門学校(亜細亜大学)のインドネシア語科学生だった。独立抑制の海軍といっても、花機関長は戦後インドネシア独立戦争に参戦して戦死している。
         戦後、復員船を待っていた収容所から、二十歳そこそこの機関員3人が収容所を脱走し、蘭印軍兵舎を爆破して戦犯逮捕され、「国敗れて愛国の情益々深し。同志畑田、池田兄等と語らひ亜細亜民族の一員たる新興印度ネシヤ国家の独立運動に挺身すべき事に決す。ああ然し其壮図も空しく敗れ現在に至る。・・・御両親様始め皆々様よ。たとへこの身はセレベスの土と化せんとも短き二十三才の一生を顧みて非常に幸福なり。私は其幸福感に包まれて祖国の弥栄と皆々様の御幸福を祈りつつ暁の白露と散ず。これぞ大和男子の本懐なり。」との遺書を残して銃殺されている。

         アジア解放など忘れていれば、家族の下に帰り、幸せな暮らしが待っていたかもしれないのに、僅か3人で何が出来るかなど考える事も無かった若者がいた。

         今、チベット人を救う為に人民解放軍と戦おうとする若者はいない。これを批判する気は無いが、当時の日本人のアジア解放の理想を「ウソ」扱いする日本人は不快だなw。


         また、蘭印だけで無くアジア各地で、「アジア解放」の日本軍を支持した現地民の殆どは、アジア侵略日本の協力者として、家族共々弾圧され、処刑されている。しかし、彼等が正しかった事は、後の独立獲得が証明している。
         中朝韓露など、アジア独立の反対者が、「日本によるアジア解放」を否定するのは当然だろうが、独立を信じて日本軍と共に戦い、殺されていった現地民の存在が全く忘れられている。
        日本人なら、「日本はアジア解放のために戦った。」と認識しなければ、殺されていったアジアの方々に申し訳が立たないのではないか。

        【2017.05.09 Tuesday 11:36】 author :
        | 日本関連 | comments(0) | - | - | - |
        3624:戦犯旗と慰安婦性暴力事件の捏造構図
        0

          http://hosyusokuhou.jp/archives/48791992.html#commentarea

           

           日本がポツダム降伏条件で受諾している慰安婦関連の戦争犯罪は、強制売淫目的の婦女誘拐犯罪と性暴力犯罪である。
           前者は広義・狭義の強制連行を指すが、その犯人は朝鮮人の女衒と経営者である。しかし、連合軍検察は、日本兵だけで無く朝鮮人も、誰一人戦犯起訴した事実が無い。
           これは、慰安婦強制連行が存在せず、当時慰安婦被害者も、誰も告訴した者がいなかったからである。犯罪を捏造してでも日本兵を処刑したかった連合軍としては、慰安婦の告訴があれば、朝鮮人経営者を婦女誘拐罪として起訴し、「日本軍に強制された。」と供述させれば、日本軍関係者を強制売淫責任犯として処刑出来た。然るに、当時慰安婦本人も経営者も、日本軍の強制売淫犯罪を告訴しなかった。この事実はそこに戦争犯罪が存在せず、単なる売春婦と売春業者だったからである。
           後者の性暴力事件の場合、日本の識者たちが、朝鮮人売春婦のみに対する性行為を、殊更性暴力と騒ぎ立てて戦争犯罪を捏造しているだけで、その延長で各国の強姦被害主張にまでカネをばらまいてきた。しかし、当時の連合軍検察の苛酷な捜査の上で、起訴された性暴力事件犯人は148名のみ、ちなみに強制売淫事件犯人は36名のみである。
           これらの戦争犯罪は明確に区分されているのに、朝鮮人慰安婦に追加料金支給目的で、性暴力事件が捏造されたのである。
           軍慰安所では慰安婦に売春拒否権が認められていたが、慰安所において慰安婦に対し性暴力事件があれば、定期巡察する憲兵が後日でも日本兵を逮捕し、軍法会議で処分されていた。
           売春を強制された慰安婦が、性暴力事件として連合軍検察に告訴すれば、連合軍が悦んで日本兵を死刑にしてくれたというのに、慰安所を利用した日本兵が起訴された例は無く、慰安所において性暴力事件は存在しなかったのである。
           これらの戦犯判決を講和条約で受諾しているのに、50年後の90年代になってから戦犯判決を捏造し、戦争犯罪の性暴力事件を捏造主張する識者の行為は憲法違反である。
           これは、2011年になってから旭日旗を戦犯旗と騒ぎ出したメンタリティと同じ構図である。

          【2017.05.08 Monday 17:33】 author :
          | 慰安婦関連 | comments(0) | - | - | - |
          3623:戦犯裁判:米国管轄:横浜裁判:第166号法廷/比島ロバス俘虜労務虐待事件
          0

            戦犯裁判アメリカ管轄横浜裁判

             

            第166号法廷/比島ロバス俘虜労務虐待事件

             


            起訴理由概要:-

             

            比島波4829部隊
            阿久澤利大尉・栃木:47/9/9判決5年

             

            一般解説

             5年刑はビンタ1発では長いので、ビンタ1発に加えて労務が多少キツかったか、ビンタ2発か、いずれにしても微罪である。

            【2017.05.08 Monday 03:17】 author :
            | - | comments(0) | - | - | - |
            3622:性暴力犯人に対する自決強要
            0

              http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50497879.html

               

              戦争犯罪分類上、強制売淫事件の主罪は、強制売淫目的婦女誘拐罪である。即ち、売春婦にする目的で婦女を強制連行する行為を指す。これに付随して、売春強要罪がある。
               思慮分別のない愚かな日本人共は、慰安婦問題について性暴力事件と捏造し、日本の責任を追及してきた。
               しかし、強制売淫事件は、基本強制連行事件であって、性暴力事件では無い。事実、慰安所を利用した日本兵が、性暴力事件・強制売淫事件で戦犯起訴された例は1名も存在しない。つまり、朝鮮人慰安婦が被害者であるのなら、加害者は女衒・慰安所経営者であって、性行為の当事者である日本兵では無い。当然に、朝鮮人女衒・経営者が1名も戦犯起訴されていない以上、朝鮮人慰安婦問題において強制売淫事件は存在しなかったのである。
               また、蘭印などにおける慰安婦戦犯事件でも、慰安所利用で起訴された日本兵は存在しない。加えて重要で有り且つ見逃されてきたのは、オランダ人女性強制連行で起訴された女性抑留所長などは無罪になっている。これは、日本側主張「売春希望者を募集しただけ」が事実で、連行において違法行為がなかったからである。
               スマラン事件は、オランダ人売春婦の廃業届け不受理問題に過ぎない。

               

               「戦場のメリークリスマス」で軍属役のジョニー大倉氏が俘虜に性暴行した犯人として所内で自決させられるシーンがあったが、この原作はノンフィクションである。またオランダ人慰安婦オハーンの著書にも、慰安所解放後に送られた抑留所で性暴力犯の日本軍属の自決強要が述べられている。自決して罪を償った者を戦病死として記録に残さなかった日本軍であるが、抑留中の男女に対する性暴行が有れば、軍法会議を経ずに抑留所内で自決させる程の重犯罪として扱っている。隠蔽と言えば隠蔽だが、事件が公になってしまえば、直属上官が自決してしまう事件も少なくなく、それさえも隠蔽されてしまうのだが、実行犯に責任を執らせ、本人の名誉保持という形で記録に残さなかったのだろう。抑留者に対する性暴行があれば戦犯起訴されるはずだが、この種の事件の起訴例は無い。・・・自決時に所長が説明謝罪し、抑留者達の面前で自決させているので、不作為責任を含む戦犯起訴は見逃されたのだろう。
               一度の性暴力、10年刑程の事件の犯人を自決させる日本軍が、慰安所から拉致連行して連日の性暴力加害行為は容認していた・・・なんて事が有り得るはずがない。

              【2017.04.24 Monday 13:41】 author :
              | 慰安婦関連 | comments(0) | - | - | - |
              3621:戦犯裁判:米国管轄:横浜裁判:第145号法廷/東京俘虜収容所第5分所虐待事件
              0

                戦犯裁判アメリカ管轄横浜裁判

                 

                第145号法廷/東京俘虜収容所第5分所(新潟県新潟市)虐待事件

                 

                起訴理由概要:俘虜虐待殴打致死

                 

                小島一作・新潟海陸運送:47/7/17判決無罪

                【2017.04.01 Saturday 00:38】 author :
                | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
                3620:戦犯裁判:米国管轄:横浜裁判:第124号法廷/大阪俘虜収容所第5分所虐待事件
                0

                  戦犯裁判アメリカ管轄横浜裁判


                  第124号法廷/大阪俘虜収容所第5分所(福井県敦賀市)虐待事件
                   

                  起訴理由概要:俘虜虐待9項目。


                  東口亮一軍属・大阪:47/6/4判決25年>12年9月

                  【2017.03.31 Friday 23:09】 author :
                  | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
                  3619:戦犯裁判:米国管轄:横浜裁判:第83号法廷/福岡俘虜収容所第2分所虐待事件4
                  0

                    戦犯裁判アメリカ管轄横浜裁判

                     

                    第83号法廷/福岡俘虜収容所第2分所(長崎県香焼村)虐待事件4
                     

                    起訴理由概要:共同又は単独で俘虜を打擲虐待す。


                    村井正明軍曹・長崎:47/3/26判決8年>7年11月

                    【2017.03.31 Friday 22:26】 author :
                    | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
                    3618:戦犯裁判:米国管轄:横浜裁判:第73号法廷/東京俘虜収容所第5分所虐待事件
                    0

                      戦犯裁判アメリカ管轄横浜裁判

                       

                      第73号法廷/東京俘虜収容所第5分所(新潟県新潟市)虐待事件

                       

                      起訴理由概要:俘虜虐待殴打致死

                       

                      橋本長蔵新潟臨港・新潟:47/2/17・15年>14年10月半

                      【2017.03.22 Wednesday 20:31】 author :
                      | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |