<< 994:戦犯裁判:オランダ管轄・アンボン裁判:第23号法廷/セルマタ島戦時叛逆島民無裁判処刑・田中事件 | main | 996:戦犯裁判:オランダ管轄・バタビア裁判:996:第55号法廷/コタモバグリン憲兵派遣隊・服部事件 >>
995:オランダ管轄・バタビア裁判/ 加藤道太郎憲兵大尉事件
0


    調査中
     #-/    加藤道太郎憲兵大尉事件
    加藤道太郎憲兵大尉東京・48歳
    1947/12/30銃殺

    詳細は調査中だが、 加藤道太郎憲兵大尉遺書を引用する。

    遺書
     終戦第三年も終らんとし新しき昭和23年の新春を迎へんとす。
     郷里は既に雪も数尺に及び米山さんより吹き颪す吹雪と日本海より吹き来る寒風に炉辺をかこみて過去を語り、又未来を想像し敗戦後の流転の姿を語りいよいよ決意を新たにせられてゐる事と推察して居る。
     同時に女子供の家庭その労苦を思ふとき真に感慨無量なり。
     今後は過去に倍し多幸ならん事を祈るのみ。
     自奮せよ。

     愈々年内数十時間中に死刑を執行せらる。
    「我勇んで死に赴く。さらば」
     呉々も皆のお元気を頼む。
     小生が平素毎便の通り、信仰に生きる事が大切、別紙般若心経は在監中常に念じ悟りを得たる仏説なり。
     汝等も朝夕念ぜられよ。
     尚子供達の指導は歪む事なく宣匡の教育を貫き度く頼む。

      終戦の詔をば畏みて我が身捧げんポツダムの約
    【2012.06.16 Saturday 03:13】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.06.04 Tuesday 03:13】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/995
      トラックバック