<< 807:グアム裁判:1946/4/11〜1949/4/28 29件109名 | main | 809:アメリカ管轄:マニラ裁判 >>
808:上海裁判:1946/2/12〜1646/9/16 10件52名
0
    解説レベル・A・B・C(一般解説のみ)・(解説無し)ー随時追記予定。
    808:上海裁判:1946/2/12〜1646/9/16
    10件52名

     死刑6名 終身刑9名 有期刑28名 無罪5名 未逮捕4名
    法廷:上海華徳路監獄5階

     

    1675:第1号法廷/漢口爆撃機俘虜3名殺害事件

    鏑木正隆少将:絞首
    藤井力憲兵准尉:絞首

    増井昌三憲兵曹長:絞首
    増田耕一憲兵軍曹:絞首
    白川與三郎憲兵伍長:絞首

     


    3423:第2号法廷/上海俘虜収容所虐待事件

    石原勇通訳:終身

     

    3424:第3号法廷/奉天俘虜収容所虐待事件

    三木遂中尉:25年

     

    169:第4号法廷/ドゥリットル空襲軍律会議処刑事件

    和光勇精法務大尉:9年

     


    3425:第5号法廷/比人虐待事件

    向山國忠憲兵准尉:15年
     


    3426:第6号法廷/米大尉拷問事件

    牧澤義夫少佐:30年


    3427:第7号法廷/台湾軍司令部米中尉水責め虐待事件

    中野良雄大尉:終身

     

     

    3428:第8号法廷/米搭乗員俘虜軍律会議14名処刑事件

    古川清一大佐:死刑
    杉浦成孝少佐:死刑

     

    3429:第9号法廷/香港総督部米空軍少佐軍律会議事件

    福地春雄少将:絞首

    田中久一中将:絞首

     

     

    1789:第10号法廷/奉天俘虜収容所虐待事件

    起訴理由概要:

    奉天俘虜収容所・松田元治大佐・滋賀:46/9/16判決7年>確認
    奉天俘虜収容所・桑島恕一軍医大尉・山形:46/9/16判決絞首>47/3/1確認

    第1号法廷/俘虜・比人俘虜殺害不作為責任事件・山下ケース

    起訴理由概要:


    比島方面軍司令官・山下奉文大将・東京:45/12/7判決絞首>46/2/23執行


    :第2号法廷/比人婦女子虐待事件

    起訴理由概要:

    比島松永隊・桂宗平通訳・広島:45/12/24判決5年>確認

    :第3号法廷/ビサヤ憲兵隊米俘虜2名比人5名殺害事件

    起訴理由概要:

    比島ビサヤ憲兵隊・森本勇憲兵中佐・山口:45/12/13判決絞首>46/3/26確認>46/5/31執行
    ・鶴山袈裟太郎憲兵大尉・熊本:45/12/13判決絞首>46/3/26確認>46/5/31執行
    ・河合竹男憲兵軍曹・北海道:45/12/13判決絞首>46/3/26確認>46/4/9執行
    ・酒井誠二郎憲兵中尉・山口:45/12/13判決終身>46/3/26確認
    ・斉藤菊三郎憲兵軍曹・宮城:45/12/13判決10年>46/3/26確認
    ・和田政茂憲兵伍長・京都:45/12/13判決10年>46/3/26確認
    ・森勇憲兵曹長・愛知:45/12/13判決無罪>46/3/26確認

     

    :第4号法廷/中国領事館員殺害・市民収容不作為責任事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊長・太田清一憲兵大佐・鹿児島:46/1/5判決絞首>46/2/13確認>46/2/23執行

     


    :第5号法廷/バヨンボン残虐事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・東地琢磨軍属・和歌山:46/1/7判決絞首>46/2/9確認>46/2/23執行


    :第6号法廷/セブ島民12名虐殺事件

    船舶工兵
    第一野戦
    □□隊
    上等兵 山口 ■■■■ 1946/01/05 起訴取下げ 
    比島憲兵隊 憲・上等兵 兵庫 小林正一 1946/01/09 絞首 絞首

    ■■■■、小林正一及びその他の日本陸軍に徴集中の者は、昭和二〇年三月二六 日、又は、その頃、比島セブ島セブ市又はその附近において、故意かつ不法に一二名フィ
    リピン人を殺害し、五名のフィリピン婦人を強姦し、前記市民私有の財産及び比島共和
    国有の財産を焼却破壊した。 

    比島憲兵隊・小林正一憲兵上等兵・兵庫:46/1/9判決絞首>確認>46/3/22執行

     

    :第7号法廷/ナニブル山島民虐殺放火事件

    起訴理由概要:

    山砲25連隊・斉藤善造少佐・山梨:46/1/19判決絞首>確認無罪

     

    :第8号法廷/台湾爆撃搭乗員俘虜俘虜3名処刑・日本サブタン守備隊員13名虐殺匪賊処刑事件

    起訴理由概要:

    混成61旅団・田島彦太郎中将・岩手:46/2/1判決絞首>46/3/17確認>46/4/3執行
    ・亀本哲参謀少佐・東京:46/2/1判決25年>46/3/17確認
    ・中島章副官少佐・岐阜:46/2/1判決終身>46/3/17確認25年
    405大隊・中林着信少佐・富山:46/2/1判決終身>46/3/17確認
    302大隊・酒瀬川真澄大尉・鹿児島:46/2/1判決20年>46/3/17確認
    302大隊・鈴木義輔中尉・京都:46/2/1判決30年>46/3/17確認
    408大隊・後藤伴五郎衛兵隊長中尉・三重:46/2/1判決終身>46/3/17確認25年
    302大隊・平野義治大尉・熊本:46/2/1判決10年>46/3/17確認
    302大隊・藤山茂一副官中尉:46/2/1判決5年>46/2/26確認無罪
    302大隊・永田清中尉・滋賀:46/2/1判決5年>46/2/26確認無罪
    302大隊・脇田修軍曹・兵庫:46/2/1判決10年>46/3/17確認
    302大隊・井上彦次郎上等兵・愛媛:46/2/1判決15年>46/3/17確認10年
    独歩302大隊司令部通訳・大谷房吉兵長・兵庫:46/2/1判決10年>46/3/17確認
    独歩302大隊司令部通訳・河内正樹兵長・広島:46/2/1判決30年>46/3/17確認10年

     


    :第9号法廷/バタンゲス住民不法裁判処刑事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・並木朝雄憲兵中尉・神奈川:46/2/9判決絞首>確認>46/4/11執行
    比島憲兵隊・橘正雄憲兵中尉・高知:46/2/9判決絞首>確認>46/4/11執行

    :第10号法廷/俘虜・現地民・俘虜殺害不作為責任事件

    起訴理由概要:

    比島郡司令官・本間雅晴中将・新潟:46/2/11判決絞首>確認>46/4/3執行

     

     

    :第11号法廷/パナイ島米機俘虜3名処刑事件

    起訴理由概要:

    独歩170大隊・吉岡信大尉・山口:46/2/18判決絞首>46/5/1確認>46/6/6執行
    独歩170大隊・奥田福徳少尉・大分:46/2/18判決銃殺>46/5/1確認>46/6/6執行
    独歩173大隊・甲斐幹雄少尉・大分:46/2/18判決40年>46/5/1確認
    独歩171大隊・和田武治曹長・京都:46/2/18判決30年>46/5/1確認10年
    独歩171大隊・井上七郎伍長・山口:46/2/18判決30年>46/5/1確認10年
    独歩170大隊・佐藤明一等兵・宮崎:46/2/18判決30年>46/5/1確認

    :第12号法廷/レイテタクロバンゲリラ2名処刑事件

    起訴理由概要:

    独歩36大隊・小沢武治嘱託・東京:46/2/20判決終身>46/4/19確認

    :第13号法廷/ルソン憲兵分隊長9号ケースの不作為責任事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・東平健憲兵少佐・千葉:46/2/21判決終身>46/4/23確認

    :第14号法廷/パナイ島イロイロ憲兵分隊ゲリラ討伐6名殺害事件

    起訴理由概要:白倉不参加

    比島憲兵隊・白倉刀彌夫憲兵曹長・新潟:46/2/27判決絞首>46/3/27確認無罪
    比島憲兵隊・墨屋義彰憲兵軍曹・大分:46/2/27判決絞首>46/3/27確認>46/4/8執行
    比島憲兵隊・萩野京光通訳・愛知:46/2/27判決絞首>46/3/27確認>46/4/8執行


    :第15号法廷/ダバオ現地民50余名殺害事件

    起訴理由概要:

    32特根・向井加賀次郎海軍少尉・大阪:46/2/28判決絞首>46/5/21執行

    :第16号法廷/ルソン憲兵隊長不作為責任事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・豊永綱雄憲兵中佐・愛媛:46/1/19判決絞首>46/3/27確認>46/5/31執行

    :第17号法廷/パナイ島イロイロ現地民1名殺害事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊通訳・上木関昌軍属・広島:46/3/11判決絞首>フィリピン裁判移管無期

    :第18号法廷/藤兵団現地民殺害事件

    起訴理由概要:

    歩兵17連隊・藤兵団・藤重正従大佐・愛媛:46/3/20判決絞首>46/5/14確認>46/7/17執行
    歩兵17連隊・藤兵団参謀・上原善一少佐・茨城:46/3/20判決絞首>46/5/14確認>46/7/17執行
    歩兵17連隊・藤兵団・大野肇大尉・青森:46/3/20判決絞首>46/5/14確認>46/6/14執行
    :第19号法廷/残虐行為不作為責任事件
    歩兵17連隊・藤兵団参謀・盒郷喀・秋田:46/3/20判決30年>46/5/14確認無罪

    :第19号法廷/拘留米比人虐待責任事件


    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・長浜彰憲兵大佐・東京:46/3/12判決銃殺>47/3/21執行

     


    :第20号法廷/ダバオ比人3名殺害事件

    起訴理由概要:

    ダバオ邦人・内藤徹夫軍属・広島:46/3/28判決絞首>46/4/17確認>46/6/6執行

     


    :第21号法廷/セブ比人32名殺害事件

    起訴理由概要:
    海上輸送
    第八大隊 少佐 広島 溝口依郎 1946/03/27 絞首 無罪
    第三五軍
    司令部
    大尉 岡山 ■■■■ 1946/03/08 起訴取下
    曹長 岡山 平田重政 1946/03/27 絞首 無罪
    海上輸送
    第八大隊
    伍長 広島 勝田多吉 1946/03/27 絞首 無罪
    伍長 ■■■■ 1946/03/27 絞首 無罪
    兵長 佐賀 ■■■■ 1946/03/27 無罪
    軍属 ■■■■ 1946/03/08 起訴取下

    一,溝口依郎等下記全員は、昭和二〇年一月三〇日、又は、その頃、比島セブ、Tubog
    又はその附近において、故意かつ不法に、Ang Siao CHIAT、その妻、三名の子を含む
    中国人二六名Antonio及びPaz CABARRUBIASを含む六名のフィリピン人を射撃、
    刺突、及び斬首により殺害した。二,同人等は、同じくKhu YOKPUI等三名の中国婦人
    及びUalentina TANなるフィリピン婦人を強姦した。三,同人等は、同じくUySeENGを
    傷け、Song KEE等三名を刺殺、又は、射殺した。四,同人等は、同じく中国人Khu Un
    HONG Tan Sei HONG Uy Chun SUMの財産及び家屋を焼いた。

    海上輸送8大隊・14方面軍兵器廠・溝口似郎少佐・広島:46/3/28判決絞首>46/8/30確認無罪
    ・平田重政技術曹長・岡山:46/3/28判決絞首>46/8/30確認無罪
    ・勝田多吉伍長・広島:46/3/28判決絞首>46/8/30確認無罪
    ・背貫金造:46/3/28判決絞首>46/8/30確認無罪

    :第22号法廷/サマール討伐俘虜・比人4名殺害事件

    起訴理由概要:


    16師団9連隊・上田貢軍曹・石川:判決絞首>46/8/6執行

     

    :第23号法廷/セブ島トレド比人1名殺害事件

    独歩173大隊・田布尾近則軍曹・鹿児島:46/4/5判決絞首>46/7/17執行

    :第24号法廷/セブ島比人処刑事件

    起訴理由概要:

    独歩173大隊・杉本正徳曹長・大分:46/4/10判決絞首>46/5/22確認>46/6/14執行
    ・村田正義伍長・大分:46/4/10判決絞首>46/5/22確認>46/6/14執行
    ・阿部渡上等兵・大分:46/4/10判決絞首>46/5/22確認>46/6/20執行
    ・川野幸雄上等兵・大分:46/4/10判決絞首>46/5/22確認>46/6/20執行
    ・川辺久雄兵長・大分:46/4/10判決絞首>46/5/22確認>46/6/20執行
    ・増山正士兵長・大分:46/4/10判決絞首>46/5/22確認>46/6/20執行

     


    独立歩兵
    第一七三
    大隊
    陸・曹長 大分 杉本正徳 1946/04/10 絞首 絞首
    陸・伍長 大分 村田政義 1946/04/10 絞首 絞首
    陸・上等兵 大分 安部渡 1946/04/10 絞首 絞首
    陸・上等兵 大分 川邊久雄 1946/04/10 絞首 絞首
    陸・上等兵 大分 川野幸雄 1946/04/10 絞首 絞首
    陸・兵長 大分 増山正士 1946/04/10 絞首 絞首

     一,杉本正徳、村田政義、増山正士、川野幸雄、川邊久雄、安部渡、及び、日本国と関係
    あり、これと行動する姓名不詳の者は、比島、セブ、Barili、又は、その附近において、昭和
    一九年九月二日、又は、その頃、故意、かつ、不法に、いずれも非武装、無防護の非戦闘
    員たるフィリピン市民Procopio CAUSIN等二三名を謀殺した。二,同人等は、同じく同
    時期同所において、Natividad del Valle PARAS等七名のフィリピン少女及び婦人を
    性的侮辱行為を強要し、強姦し、又は、彼女等を強姦することを試みることで、□□虐待
    した。三,同人等は、同じく同時期同所において、ほしいままに、不法に、残忍に、非武装、
    非戦闘員たるフィリピン市民Martin DELO RASO, Teodoro ESTRADA, Filomeno
    GONSALES, Aurelio BASIL及びAngelo YAPその他姓名不詳の者を理由なく、殴
    打拷問虐待した。

     

    :第25号法廷/俘虜収容所虐待不作為責任事件

    起訴理由概要:

    比島俘虜収容所本所長・洪思翔中将・朝鮮:46/4/18判決絞首>46/8/20確認>46/9/26執行

     


    :第26号法廷/ニューギニヤ米機俘虜2名処刑事件

    起訴理由概要:

    ニューギニア高射砲隊・小野哲大尉・佐賀:46/4/24判決絞首>確認>46/6/20執行

     

    :第27号法廷/カバナツアン俘虜収容所逃亡俘虜射殺事件

    起訴理由概要:

    比島俘虜収容所・林金隆軍属・台湾:46/4/20判決絞首>46/6/13確認>46/7/17執行

     

    :第28号法廷/ルソンフガ島米機俘虜4名処刑事件

    起訴理由概要:

    独歩407大隊・田中光次少佐・東京:46/5/7判決終身>46/5/31確認
    ・尹藤九右衛門曹長:46/5/7判決20年>46/5/31確認無罪
    ・若森博伍長:46/5/7判決20年>46/5/31確認無罪

     

    :第29号法廷/サンパウロ討伐・中国人650名比人80名殺害事件

    起訴理由概要:


    藤兵団配属宣伝班・中田善次軍属・岡山:46/5/16判決20年>47/4/30確認30年
    砲兵八連隊・保坂信吉少尉・山梨:46/5/16不起訴

     

    :第30号法廷/ルソンカガヤン匪賊団虐待事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・中村安蔵憲兵軍曹・三重:46/5/17判決25年>46/7/15確認
    ・片桐清繁憲兵曹長・長野:46/5/17判決15年>46/7/15確認
    ・叶多堅助憲兵兵長・福島:46/5/17判決25年>46/7/15確認


    :第31号法廷/アパリ憲兵隊比人殺害不作為責任事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・中村武夫憲兵大尉・福岡:46/5/17判決絞首>46/8/31執行


    :第32号法廷/ダバオ比人50名殺害事件

    起訴理由概要:

    22特根・守田豊造海軍大尉・三重:判決終身>46/9/13確認無罪

     

    :第33号法廷/北ルソン比人4名虐殺事件

    起訴理由概要:

    北ルソン沿防・吉田徳次郎大尉・福岡:46/5/29判決絞首>46/7/18確認>46/8/31執行

     


    :第34号法廷/ネグロス島ハコロド比人殺害事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・佐々木順二憲兵軍曹・秋田:判決絞首>46/12/101執行

    :第35号法廷/憲兵分隊虐待事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊通訳・立石テオドウ軍属・神奈川:判決絞首>フィリピン裁判移管

    :第36号法廷/ネグロス憲兵分隊虐待事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊通訳・梶山四郎軍属・広島:判決絞首>フィリピン裁判移管


    :第37号法廷/ラグナ州カラバン討伐比人殺害協力事件

    起訴理由概要:

     

    歩兵
    第一七連隊
    大尉 北海道 種市幹雄 1946/06/03 絞首 15
    中尉 秋田 坂田勇蔵 1946/06/03 30 15
    海上挺身
    第一六大隊 中尉 新潟 山田太一 1946/06/03 30 15
    工兵
    第二連隊 少尉 山形 菅藤文治 1946/06/03 30 15


    一,種市幹雄及び彼の指揮監督下の隊員は、比島、バダンガス州Tanauan、又は、そ
    の附近において、昭和二〇年二月九日から同月二八日までの間、故意かつ不法に、
    Magdalena De VERA及びAnun ciacion A. BURGOS、並びに、約八二四名のそ
    の他の非武装の非戦闘員たる比島人及び中国人市民を殺害した。二,種市幹雄、及
    び、彼の指揮監督下の部隊の隊員は、比島バタンガス州Tanauan、又は、その附近
    において、昭和二十年二月九日から同月二八日までの間、故意かつ不法に、Tomas
    SANDOVAL及びAurea GONZALES並びに約四名のその他の非武装の非戦闘員
    たる比島人及び中国人市民の殺害を企図した。三,種市幹雄は、昭和二〇年二月一〇
    日、又はその頃、右Tanaunaにおいて、Corazon A. BURGOSなる婦人を強姦した。
    四,種市幹雄、坂田勇蔵、山田太一、菅藤文治、及び、彼等の指揮監督下の部隊の隊
    員は、比島ラグナ州Calamba、又は、その附近において、昭和二〇年二月一一日から
    同月二四日までの間、故意かつ不法に一〇〇〇名の非武装の非戦闘員たる比島市
    民を殺害した。五,右の者等は、同じ場所日時において、Victoriana DUENOS Jose
    HABANA並びにその他三五名の非武装の非戦闘員たる比島市民の殺害を企図した。


    歩兵17連隊・種市幹雄大尉・北海道:46/6/3判決絞首>47/2/19確認15年
    歩兵17連隊・坂田勇藏中尉・秋田:46/6/3判決30年>47/2/19確認15年
    海上挺進16大隊・山田太一中尉・新潟:46/6/3判決30年>47/2/19確認15年
    工兵二連隊・菅藤又治少尉・山形:46/6/3判決30年>47/2/19確認15年

     

    :第38号法廷/ラグナ州サンパブロ町ムエンカ放火事件

    起訴理由概要:

    海上挺進19基地隊・滝沢籐四郎太尉・長野:46/6/8判決絞首>確認無罪

    :第39号法廷/パナイ島タプラス島ギマテス島民殺害不作為責任事件

    起訴理由概要:

    170大隊・戸塚良一中佐・静岡:46/6判決絞首>47/3/31執行

    :第40号法廷/戦後ミンダナオ山中比人殺害事件

    起訴理由概要:

    歩兵77連隊・三上孝衛少佐・埼玉:46/6/13判決絞首>46/11/14確認>47/4/241執行
    ・奥村信夫准尉・熊本:46/6/13判決終身>46/11/14確認
    ・沢崎郁夫主計中尉・大阪:46/6/13判決終身>46/11/14確認
    ・吉永仁中尉・福岡:46/6/13判決終身>46/11/14確認
    ・大原元溶兵長・朝鮮:46/6/13判決20年>46/11/14確認10年
    ・小川正人兵長・広島:46/6/13判決10年>46/11/14確認5年
    ・横山公男兵長・大分:46/6/13判決20年>46/11/14確認10年
    ・木下静雄伍長・長野:46/6/13判決10年>46/11/14確認5年
    ・幾野忠雄上等兵・福井:46/6/13判決10年>46/11/14確認5年
    ・西村卓三上等兵・兵庫:46/6/13判決20年>46/11/14確認10年
    ・前睚歇0貪兵・熊本:46/6/13判決20年>46/11/14確認10年
    20師団・岡崎薫雄上等兵・岡山:46/6/13判決20年>46/11/14確認10年
    防疫給水部・坪井保典上等兵・岡山:46/6/13判決10年>46/11/14確認5年

    :第41号法廷/蘭印アンボン島俘虜3名殺害事件

    起訴理由概要:

    25根拠地隊司令部・禾晴道海軍大尉・岡山:46/6/15判決30年>46/7/30確認
    20警備隊・吉崎清里海軍兵曹長・鹿児島:46/6/15判決25年>46/7/30確認

    :第42号法廷/セブ島コルドバ比人3名殺害町長ら虐待事件

    起訴理由概要:

    ビサヤ地区憲兵隊セブ分隊・吉田忠志憲兵曹長・熊本:46/7/1判決絞首>47/6/9確認>48/3/311執行
    ・森勇憲兵曹長・熊本:46/7/1判決終身>46/12/19確認
    ・渡辺新平憲兵軍曹・宮城:46/7/1判決25年>46/12/19確認
    ・野崎敏雄憲兵軍曹・佐賀:46/7/1判決25年>46/12/19確認
    ・櫛引重信憲兵曹長・青森:46/7/1判決25年>46/12/19確認20年
    ・石坂巌憲兵伍長・福井:46/7/1判決絞首>47/5/12確認>48/6/9執行
    ・田中寿憲兵兵長・佐賀:46/7/1判決絞首>46/12/19確認無罪
    ・小出捨雄憲兵上等兵:46/7/1判決5年>46/12/19確認無罪


    ビサヤ地区憲兵隊セブ分隊
    曹長 熊本 吉田忠志 1946/07/01 絞首 絞首 
    曹長 愛知 森勇 1946/07/01 終身 終身
    軍曹 佐賀 野崎敏雄 1946/07/01 25 25
    曹長 青森 櫛引重信 1946/07/01 25 25
    軍曹 宮城 渡邊新平 1946/07/01 25 25
    伍長 佐賀 田中壽 1946/07/01 絞首 無罪
    伍長 福井 石坂巌 1946/07/01 絞首 絞首
    伍長 広島 ■■■■ 1946/06/17 起訴取下げ
    上等兵 小出捨雄 1946/07/01 5 無罪

    吉田忠志、森勇、野崎敏雄、櫛引重信、渡邊新平、田中壽、石坂巌、■■■■、小出
    捨雄及びその他の姓名不詳のものは、比島セブMactan島Cordova、又は、その附近
    において、昭和一九年八月二〇日又はその頃、故意かつ不法に非武装の日本の囚人
    である、比島市民Tisio LOPEZ Camilo ONTAL、及び、Pedro BACHO、火、及び、
    銃剣をもって殺害した。二,右同人等は、同所において昭和一九年八月一九日、二〇日
    頃、故意かつ不法に比島市民Eduarda Espra ARO, Fausta Adapo PRAN Rosita
    PUTOT、及び、その他姓名不詳のものを強姦し、拷問した。三,右同人等は、同所にお
    いて同時期、Abundio ADELLANOSA等九名その他の者を理由なく殴打、拷問、虐待
    した。四,右同人等は、同じくFduarda Espra ARO, Pedro ADORAN, Juana Dakay
    FRANCISCO, Martin FRANCISCO及びFausla Adapo PRAN(いずれも比島市
    民)の私有資産を故意かつ不法に強略奪した。五,右同人等は、セブ市、又は、その附近
    において、昭和一九年三月一五日頃、日本軍の捕虜で非武装の比島市民Panlilo W.
    ALPUERTOを、故意かつ不法に殴打奴隷化、拷問した。

    :第43号法廷/討伐沖、バネイ島バタン町140名アルタヴス町40名比人殺害拷問事件

    起訴理由概要:

    独歩170大隊・大塚則行少尉・熊本:46/7/6判決絞首>46/12/18確認>47/2/17執行
    独歩170大隊・鍬農忠孝曹長・熊本:46/7/6判決終身>46/12/18確認

    :第44号法廷/ネグロス島ハコロド憲兵分隊比人殺害事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・宇内文治憲兵中尉・山口:46/4/9判決絞首>確認>47/6/9執行

    第四一軍 司令官 中将 福岡 ■■■■ 1949/05/23 銃殺 終身


    日本帝国陸軍の軍司令官陸軍中将■■■■は、彼の指揮下の日本軍隊の作
    戦を指導すべき司令官としての義を遂行することを怠り、無視し、日本軍隊をし
    て残虐行為及びその他の高度の犯罪を非武装の非戦闘員たる市民に行なう
    こと、並びに、軍事上の正当性なくして公私の財産を故意に焼却、又は、破壊す
    ることを不正かつ不法に指令し、又は許容し、戦争法規及び慣例に違反した。
    1,昭20-2-1〜20-4-10 Las Banos町約1790名虐殺、公私財産焼却、破壊。2,昭
    20-1-28、Las Banos収容所米人■■■■殺害。3,昭20-2-12、Calambo町493名
    殺害、虐待、200名殺害未遂。4,昭20-2-24、San Pablo市724名虐殺。5,昭20-2-
    10〜2-23、Tanaun町495名虐殺。6,昭20-2-18頃、Batangas州 Taal町2000名
    虐殺。7,昭20-2-3〜3-20、Cuenca町978名虐殺。8,昭20-2-20、San Jose町500
    名虐殺。9,昭20-2-28、Bauan町400名虐殺。10,昭20-2-28、Bauan町100名傷
    害。11,昭20-3-18、Rosario町45名虐殺。12,昭20-2-15〜3-12、Lipa町1000名
    虐殺。13,昭20-2-16〜3-19、St.Tomas1500名虐殺。14,昭20-2-6〜2-8、Rizal州
    18名殺害、Mandaiugong1名強姦殺害。15,昭20-2-11、同州Pasay 6名殺害。16,
    昭20-2-12、Pasay 16名殺害。17,昭20-2-12、Pasay ■■■■等4名虐待拷問、
    家屋焼却。18,昭20-2-2〜2-4、MuntingLupa、政治要人、俘虜、■■■■等31名殺
    害。19,昭20-2-3、マニラTondo、■■■■等3名拷問。20,昭20-2-3、マニラTondo、
    112名虐殺。21,昭20-2-7、マニラ Singatong、マニラ港警察署長■■■■大佐等7
    名を含む13名殺害。22,昭和20-2-7、マニラPaco、8名殺害。23,昭20-2-13、マニラ
    Talt街Campossty、■■■■刑事等100名(夫人子供を含む)虐殺。■■■■夫人の
    所有家屋焼却、私有財産の没収。24,昭20-2-13、同上の□所、■■■■殺害。25,
    昭20-2-8、マニラIntramuros、7名殺害。26,昭20-2-17、Intramuros、5名以上殺害。
    27,昭20-2-7〜2-10、マニラMalate、10名殺害。28,昭20-2-9、マニラMalate、9名
    その他氏名不詳200名虐殺。29,昭20-2-10、マニラErmita、San Marcelico寺院。
    神父■■■■等カソリック僧侶6名ブフサー3名及び20名殺害。30,昭20-2-10、マニ
    ラErmita、■■■■□□□40名以上虐殺。31,昭20-2-11、マニラErmita、6名殺害
    5名傷害。32,昭20-2-10、マニラPaco、300名虐殺。33,昭20-2-10、マニラPaco、
    100名傷害。34,昭20-2-10、マニラKansas街614、15名殺害。35,昭20-2-10 マ
    ニラErmitaドイツ人クラブ、1500名虐殺、30名婦人強姦。ドイツ人クラブ焼却。36,昭
    20-2-10、マニラErmita ドイツ人クラブ、4名以上拷問、虐待、傷害。37,昭20-2-11、
    マニラErmita Isaac、Peral、Tabacaleraビルディング、11名及び氏名不詳40名殺
    害。38,昭20-2-12、マニラSingalong、9名及び氏名不詳20名殺害、個人の住宅を
    焼却。39,昭20-2-12、マニラSingalong、5名拷問、殺害未遂。40,昭20-2-7〜2-14、
    マニラDe-La Salle校附近、■■■■刑事等7名及び氏名不詳38名殺害。41,昭
    20-2-7〜2-14、マニラDe-La Salle校附近、■■■■神父等4名及び氏名不詳14名
    拷問。42,昭20-2-9〜2-17、マニラErmita Bay View Hotel、Alhambra Apartment 
    Hotel、Minamar Apartment Hotel、Manila Hotel、400名婦女子を拷問虐待し、40
    名を強姦、Bay View Hotelを焼却。43,昭20-2-17、マニラIsaac Paral街、30名以上
    殺害、3名の婦人を強姦後殺害。44,昭20-2-17、マニラIsaac Peral街、25名虐待、私
    有財産徴発、焼却。45,昭20-2-20、マニラIntramuros、■■■■神父等9名及び氏
    名不詳10名の虐殺。46,昭20-2-20、マニラIntramuros、■■■■神父等7名拷問虐
    待。47,昭20-2-6〜2-22、Intramuros、St. Augustine Church、6000名、食糧、医療
    なく拘禁され、不必要な放火にさらされ、飢餓、疾病、虐待のため死亡し、多くの婦人が虐
    待され、強姦された。48,昭20-2-6〜2-22、マニラIntramuros St. Augustine Church、
    その中に収容していた市民の私有財産が盗まれ、徴発され、教会の神聖な財産が敵
    火の下で破壊され、軍事上の理由なく尼僧院及び教会が焼かれ、破壊された。49,昭
    20-2-6〜2-20、Intramuros Santiago、4000名虐殺。50,昭20-1-1〜2-17、マニラ
    Ermita、市民病院に使用されている比島ゼネラル病院に防御工事を施し、火器を配置
    して作戦し、敵火を誘致した結果、多数の患者及び避難者を殺害した。51,昭20-2-
    10、ゼネラル病院■■■■及び他の2名の婦人を虐待し強姦した。52,昭20-2-10、
    比島赤十字本部の建物、■■■■等男女14名、その子たち7名及び氏名不詳の40
    名殺害。53,昭20-2-10、比島赤十字本部建物、3名拷問虐待。54,昭20-2-8、マニラ
    Malate、4名殺害。55,昭20-2-5〜2-7、マニラ大寺院(Cathedral)において、多くの婦
    女子を虐待、強姦し、かつ、宗教目的に捧げられた前記大寺院を焼き、破壊した。56,昭
    20-2-13、マニラTaft街1609、在マニラ、ベネゼラ国領事■■■■等を殺害し、前記家
    屋を焼毀した。57,昭20-2-7〜2-10、マニラ■■■■等10名殺害。58,昭20-2-7〜
    2-8、マニラ、Pandacan、居住だけに使用されていた300の家屋焼毀した。以上。


    :第45号法廷/タブラス島デイスポホール山中比人1名殺害1名虐待事件

    起訴理由概要:

    独歩170大隊・熊井敏美中尉・福岡:46/7/12判決25年>46/9/25確認

    :第46号法廷/パナイ島米人17名斬首比人2000名虐殺不作為責任事件

    起訴理由概要:

    102師団・抜兵団長・歩兵第77旅団長・河野毅中将・山口:判決絞首>46/7/11確認>47/4/24執行

    :第47号法廷/討伐沖、比人1名殺害事件

    起訴理由概要:

    独歩170大隊・蒔田時三曹長・広島:46/7/15判決絞首>46/12/23確認>47/4/14執行
    独歩170大隊・坂井久木兵長・大分:46/7/15判決絞首>46/12/23確認>47/2/21執行

    :第48号法廷/パナイ島統一作戦配属、討伐沖比人1名殺害事件

    起訴理由概要:

    ビサヤ憲兵隊・進房太郎憲兵少尉・福岡:46/7/判決絞首>確認>47/2/24執行

     


    :第49号法廷/ネグロス憲兵分隊事件

    起訴理由概要:

    ビサヤ憲兵隊・平川富藏憲兵曹長・秋田:46/7/25判決絞首>確認>47/2/24執行

     

    :第50号法廷/パナイ島統一作戦、ギマラス島パナイ島戦闘中比人殺害事件

    起訴理由概要:

    独歩170大隊・藤井一中尉・愛媛:46/7/29判決絞首>47/3/27確認>47/4/24執行

    :第51号法廷/パナイ島統一作戦、ギヤビスサギバト付近戦闘中比人殺害事件事件

    起訴理由概要:

    独歩170大隊・豊田千代美中尉・島根:46/7/31判決25年>47/1/6確認

    :第52号法廷/大西部隊事件

    起訴理由概要:

    独歩173大隊・松崎守夫軍曹・大分:46/8/5判決5年>確認

    :第53号法廷/イロイロ州アレバロ海岸比人3名殺害・1名殺害命令事件

    起訴理由概要:


    :第54号法廷/パナイ島ゲリラ7名殺害事件

    起訴理由概要:

    独歩160大隊・浜本政藤伍長・山口:46/8/19判決終身>47/1/18確認

    :第55号法廷/比人50名処刑拷問事件

    起訴理由概要:

    独歩173大隊・加藤実少尉・宮崎:46/8/21判決絞首>47/1/7確認>47/3/31執行
    ・末匡曹長・大分:46/8/21判決終身>47/1/7確認
    ・平川寅夫上等兵・大分:46/8/21判決終身>47/1/7確認
    ・亀井清上等兵・大分:46/8/21判決無罪>47/1/7確認

     


    :第56号法廷/セブ島比人ゲリラ7名処刑事件

    起訴理由概要:

    独歩173大隊・大西精一中佐・宮崎:46/8/29終身>47/2/19確認
    ・川原一中尉・鹿児島:46/8/29無罪
    ・緒方次治少尉・熊本:46/8/29無罪


    :第57号法廷/セブ島ガルカル地区ゲリラ4名殺害事件

    起訴理由概要:

    77旅団・日高重美中尉・宮崎:46/9/5終身>47/1/11確認
    独歩173大隊・沢井秀男軍曹・大分:46/9/5判決絞首>47/1/11確認>47/6/22執行
    ・山口敏生兵長・大分:46/9/5終身>47/1/11確認
    ・山本金吾上等兵・大分:46/9/5終身>47/1/11確認


    :第58号法廷/ボルネオパリックパパン搭乗員処刑事件

    起訴理由概要:

    22特根・山口専太郎海軍中尉・京都:46/9/6判決銃殺>47/4/1執行
    ・田鍬清人海軍少尉・福岡:46/9/6判決銃殺>47/4/1執行
    ・菅原玄三郎海軍上曹・山形:46/9/6判決銃殺>47/4/1執行

     

     

    :第59号法廷/ネグロス島バゴン交戦ゲリラ22名処刑事件

    起訴理由概要:

    独歩174大隊・森等大尉・熊本:46/9判決絞首>47/5/12確認20年
    ・山田長治大尉・熊本:46/9判決絞首>47/5/12確認10年
    ・山本武善大尉・熊本:46/9判決絞首>47/5/12確認>48/7/8執行
    ・松本秀徳少尉・熊本:46/9判決絞首>47/5/12確認>48/7/8執行
    比島憲兵隊・徳永正友憲兵大尉・福岡:46/9判決絞首>47/5/12確認>48/7/8執行
    ・山下新平憲兵曹長・静岡:46/9判決銃殺>47/5/12確認15年


    :第60号法廷/ネグロス島ジライ付近ゲリラ討伐事件

    起訴理由概要:

    独歩172大隊・盒驚虻鄲膂咫κ_:46/10/5判決銃殺>47/3/3確認終身>52/4/26再審30年

    :第61号法廷/ネグロス島タリサイゲリラ逮捕虐待事件

    起訴理由概要:

    独歩172大隊・中島遜中尉・福岡:46/10/9判決5年


    :第62号法廷/ネグロス島タリサイゲリラ逮捕虐待事件

    起訴理由概要:

    独歩172大隊・西川清志中尉・福井:46/10判決絞首>確認>47/9/3執行

    :第63号法廷/ネグロス島タリサイゲリラ逮捕虐待事件

    起訴理由概要:

    独歩172大隊・竹下顕曹長・福岡:46/10/16判決25年>47/3/14確認

    :第64号法廷/ネグロス島タリサイゲリラ殺害事件

    起訴理由概要:

    独歩172大隊・渡辺正曹長・福岡:46/10/26判決15年

    :第65号法廷/セレベス島搭乗員俘虜13名殺害事件

    起訴理由概要:

    23特根・大杉守一海軍中将・静岡:46/10/31判決終身>47/4/1執行>48マカッサル移管死刑

    :第66号法廷/ネグロス島ゲリラ1名処刑事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊バコロド分隊・河盛周次憲兵中尉・大阪:46/11/14判決終身>47/1/24確認

    :第67号法廷/ネグロス島バゴロド比人殺害事件

    起訴理由概要:

    独歩172大隊・南条正夫中尉・宮城:46/11/14判決絞首>確認>47/9/3執行

    :第68号法廷/蘭印セレベス島搭乗員処刑事件

    起訴理由概要:

    23特根・林授則海軍兵曹長・岐阜:47/1/13判決30年>47/3/25確認15年
    ・田中幸綱海軍水兵長・岐阜:47/1/13判決30年>47/3/25確認15年


    :第69号法廷/ルソン外人収容所虐待事件

    起訴理由概要:

    ルソン外人収容所・小西貞明主計准尉・福岡:47/1/15判決絞首>49/4/30執行
    :第70号法廷/比島俘虜収容所虐待事件

    起訴理由概要:

    比島俘虜収容所・野木勝次軍医大尉・奈良:47/1/24判決25年>47/5/5確認


    :第71号法廷/セレベス島マンダイ搭乗員俘虜13名殺害事件

    起訴理由概要:

    23特根・外山稔海軍大佐・鹿児島:47/1/28判決終身>47/5/15確認
    ・稲垣豊秋海軍中尉・熊本:47/1/28判決25年>47/5/15確認5年
    ・中村芳之海軍中尉・岐阜:47/1/28判決25年>47/5/15確認5年

     

    :第72号法廷/ネグロス島ゲリラ殺害事件

    起訴理由概要:

    独歩172大隊・山口正一大佐・千葉:47/1/27判決絞首>確認>47/9/3執行


    独立歩兵
    第一七二
    大隊
    大佐 千葉 山口正一 1947/01/29 絞首 絞首


    一,山口正一は、昭和一八年一月二四日頃、Occidental Negros州La Carlota
    Hacienda Balabag、又は、その附近において、彼の指揮下の兵に、故意かつ不法
    に、Giegorio ABAD等を含む、多数の非武装の非戦闘員たるフィリピン人及び中国
    人を殺害することを許した。二,同人は、右の日時及び場所において、同じくFlorentino
    ABAD等五名の殺害を試みることを許した。三,同人に右の日時La CarlotaのCarlota
    守備隊、又は、その附近において、同じくAdelaida JALIONTFA等四名の強姦を許
    した。四,同人は、昭和一八年一二月、バコロド市バコロド高等学校において、同じく
    Emilio GUEILLYを虐待拷問することを許した。五,同人は、昭和一九年二月二〇日、
    又は、その頃、Cadiz Sitio Gamayanにおいて、多数のフィリピン人を虐待拷問する
    ことを許し、Absalon BENIBES、及び、身元不明のフィリピン婦人二名の殺害を許し
    た。六,同人は、昭和一九年三月中、バコロド市、又は、その附近において、同じくFelipo
    LUMANCANG等三名のフィリピン人の虐待拷問を許した。[七〜一四は、欠落。]
    一五,同人は、右の日時及び場所において同じくEvangelista ALGARME等二四名を
    虐待し、拷問することを許した。一六,同人は、右日時、ベコロド市又はその附近において、
    同じくEvangelista ALGARME等を含む多数のフィリピン人の殺害を許した。一七,同
    人は、昭和一九年四月中、西ネグロス州Himamaylonの町において、同じく身元不明
    の三人のフィリピン人の殺害を許した。一八,同人は、昭和一九年四・五月頃、西ネグロ
    ス州Nabankalan町、又は、その附近において、同じく身元不明の三人のフィリピン人
    の殺害を許した。一九,同人は、昭和一九年七月一九日から七月二五日までの同頃バコ
    ロド市、又は、その附近において、同じくPorfirio GARINA, Teofilo HISONA, Tesus
    GONZAGA、及び、身元不明の三五名のフィリピン人の殺害を許した。二〇,同人は、昭
    和一九年一一月二五日頃、Occidental Negros州Muroia Santa Cruz地区において
    同じくJulieta (Lolita) GETIDA及び姓名不詳の婦人等九名の殺害、及び、Flordeleg
    GIAMAL外二名の殺害を試みることを許した。二一,同人は、昭和一九年一二月八日
    又はその頃、バコロド市又はその附近において、同じくFelix ANADOR外二名の殺害、
    及び、Marcos de TOMASの殺害を試みることを許した。二二,同人は、昭和二〇年三
    月八日頃、Occidental Negros州SilayのCubay守備隊地区、又は、その附近におい
    て、同じくMaria CAMEA NIEL等四名、及び、身元不明の三名を殺害し、Jose VILLA
    の殺害を試みることを許した。二三,同人は、右の日時及び場所において、同じくJulieta
    GRANDEZAの強姦を許した。二四,同人は、昭和二〇年三月一五日頃、Occidental
    Negros州Pontevedra Buenavista地区、又は、その附近において、同じくRamon
    BALTAZAR外四名の虐待、拷問、殺害、及び、Escolastica ESMINIAの殺害を試みる


    ことを許した。

    起訴理由概要:


    :第73号法廷/セレベス島米機俘虜2名斬首命令事件

    起訴理由概要:

    第2軍方面軍・門松正一大佐・鹿児島:47/2/6判決絞首>確認無罪

    :第74号法廷/ルソン島バダンガス州ゲリラ討伐比人300名殺害事件

    起訴理由概要:

    歩兵一七連隊・萩野愛平少尉・奈良:47/2/11判決銃殺>47/7/29確認>48/5/3執行
    ・最上善一郎曹長・秋田:47/2/11判決終身>確認
    ・小林一郎准尉・秋田:47/2/11判決終身>確認
    ・伊藤鉄三郎准尉・秋田:47/2/11判決30年>確認
    ・福岡千代吉少尉・秋田:47/2/11判決25年>確認
    ・加藤貞克准尉・秋田:47/2/11判決無罪>確認
    ・門聞力藏准尉・秋田:47/2/11判決無罪>確認
    ・木村慶一曹長・秋田:47/2/11判決無罪>確認
    砲兵八連隊・保坂信吉中尉・山梨:47/2/11判決20年>確認

     

    :第75号法廷/セレベス島米機俘虜5名処刑事件

    起訴理由概要:

    五野憲・中村通則憲兵大佐・熊本:47/2/13判決絞首>確認>47/12/29執行
    ・紙透小太郎憲兵中尉・神奈川:47/2/13判決終身>47/7/31確認
    ・市橋繁雄憲兵曹長・神奈川:47/2/13判決終身>確認
    ・岡崎和明憲兵軍曹・高知:47/2/13判決終身>確認
    ・笹倉林治憲兵軍曹・富山:47/2/13判決絞首>47/7/31確認>47/12/29執行
    ・一條幸真憲兵軍曹・福島:47/2/13判決絞首>47/7/31確認>47/12/29執行
    ・風戸文之憲兵兵長・千葉:47/2/13判決銃殺>47/7/31確認20年>47/12/29執行

     

    :第76号法廷/比島憲兵隊事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・谷熊雄憲兵中尉・宮崎:47/2/24判決5年


    :第77号法廷/ボホール島民殺害事件

    起訴理由概要:

    独歩174大隊・浜崎直記曹長・熊本:47/2/24判決絞首>47/9/3執行
    独立歩兵
    第一七四
    大隊
    曹長 熊本 浜崎直記 1947/02/24 絞首 絞首

    一,浜崎直記は、昭和一九年一〇月一〇日、又は、その頃、Oriental Negros州Siquijor
    島Lavena又は、その附近において、故意かつ不法に非武装の非戦闘員たるフィリピン
    人Candio AMBALONG及びPedro PONCEの両名の殺害を命令し、かつこれに参加
    した。二,同人は、昭和一九年一〇月四日、又は、その頃、前記Siquijor島E. Villanueva
    のMananac地区、又は、その附近において、不法に、彼の部下に同じくフィリピン人
    Saturnino BIHAG、及び、Gavina・KILATの両名の殺害を許した。三,同人は、昭和
    一九年一〇月二七日、又は、その頃Siquijor島Tacloban地区、又は、その附近にお
    いて、不法に彼の部下に、同じくフィリピン人Felix TOMAPONの殺害を許した。四,
    同人は、昭和一九年一〇月二七日、又は、その頃、Siquijor島Larena Datag地区、又
    は、その附近において、不法に彼の部下に同じくフィリピン人Egmidio TALISAYAN
    の殺害を許した。五,同人は、昭和一九年一一月二日、又は、その頃、Siquijor島
    LarenaのCanlambo地区、又は、その附近において不法に彼の部下にフィリピン婦人
    Cecilia PADAYHAG, Prexedes VICOY, Consolacion LOMONGOT, Josefina
    MALANOG, Tiaducia SUMINGIT及びNazaria BONOCANの強姦を許した。

    :第78号法廷/セブ島比人2名殺害事件

    起訴理由概要:

    独歩172大隊・広瀬安生伍長・大分:47/2/27判決絞首>47/7/8確認>47/9/3執行
    ・眦直(篠后β臺:47/2/27判決20年>47/7/8確認

    独立歩兵
    第一七三
    大隊
    伍長 大分 廣瀬安生 1947/02/27 絞首 絞首
    兵長 大分 高田勝 1947/02/27 20 20


    一,廣瀬安生、及び、高田勝は、昭和一九年五月四日、又は、その頃、比島セブ州Toledo
    のSangi、又は、その附近において、故意かつ不法に非武装のフィリピン市民Tomas
    TABRIGAを銃剣により刺殺した。二,廣瀬安生は、昭和一九年一〇月、又は、一一月
    頃、Toledo、又は、その附近において、同じくJuan GUTANGを刺殺した。三,廣瀬安生
    は、Sangi附近の昭和一九年三月三一日、又は、四月頃Sangi附近のDaan Lungsod
    地区において、非武装の非戦闘員たるフィリピン婦人Conslancia PAGDALIANを強姦
    した。

     

    :第79号法廷/セレベス島ケダリン俘虜9名殺害事件

    起訴理由概要:

    23特根・渓口豪介海軍大佐・東京:47/2/27判決銃殺>47/7/17確認終身
    ・三谷敏男海軍大尉・東京:47/2/27判決終身>47/7/17確認10年
    ・小川義高海軍少尉・愛媛:47/2/27判決終身>47/7/17確認10年
    ・山本磯吉海軍少尉・佐賀:47/2/27判決終身>47/7/17確認10年
    ・田中徹海軍曹長・福岡:47/2/27判決終身>47/7/17確認10年


    :第80号法廷/戦後ボギール島比人1名殺害事件

    起訴理由概要:

    独歩174大隊・小郷行男伍長・熊本:47/3/10判決絞首>47/11/26確認>47/12/23執行
    ・江藤博之二等兵・京都:47/3/10判決終身>47/11/26確認
    ・多賀時義上等兵・熊本:47/3/10判決50年>47/11/26確認
    ・奥村秋義兵長・熊本:47/3/10判決30年>47/11/26確認5年
    ・中村昭二兵長・熊本:47/3/10判決無罪
    ・平山利晴上等兵・熊本:47/3/10判決無罪
    ・梅本正上等兵・熊本:47/3/10判決無罪
    ・浜中敬一郎一等兵・埼玉:47/3/10判決無罪
    ・岸克嘉一等兵・埼玉:47/3/10判決無罪
    ・田端秀忠一等兵・大阪:47/3/10判決無罪


    独立歩兵
    第一七四
    大隊
    伍長 熊本 小郷幸男 1947/03/10 絞首 絞首 
    民間人 大阪 ■■■■ 1947/03/10 起訴取下
    上等兵 熊本 多賀時義 1947/03/10 50 50
    兵長 熊本 奥村秋義 1947/03/10 30 30
    二等兵 京都 江藤博之 1947/03/10 終身 終身
    上等兵 熊本 ■■■■ 1947/03/11 起訴取下
    一等兵 埼玉 岸克嘉 1947/03/12 起訴取下
    上等兵 熊本 平山俊晴 1947/03/13 起訴取下
    兵長 熊本 中村昭二 1947/03/14 起訴取下
    一等兵 埼玉 ■■■■ 1947/03/15 起訴取下

    一,小郷幸男、多賀時義、及び■■■■は、昭和二〇年一〇月中、比島ボボール州 Sierra Bullones Catagdaan地区、又は、その附近において、Benigna Cannetesと
    人に知られているフィリピン婦人を彼女の意思に反して暴力的に(ママ)
    兇暴を強姦した。二,
    小郷幸男、奥村秋義、及び、江藤博之、及び、姓名不詳のその他の日本軍人は、昭和
    二〇年一〇月中、同じくCatagdaan地区、又は、その附近において故意かつ不法に
    非武装の非戦闘員たる比島市民Ellisar CALIPISを刺殺することを命令し、これに参
    加した。三,小郷幸男、及び、姓名不詳のその他の日本軍人は、昭和二〇年六月中、
    同じくSierra BullonesのBugsoc地区、又は、その附近において、Juan GAMBUTA

    (ママ)
    射殺を許容し、これに参加した。四,小郷幸男、及び、姓名不詳のその他の日本軍人
    は、昭和二〇年六月中、ボホール州GuindnlmanのBiyabas地区、又は、その附近に
    おいて、Teodora SHADIGANの殺害を許容し、これに参加した。五,小郷幸男、及び、
    姓名不詳のその他の日本軍人は、昭和二〇年八月中、GuindulmaanのBasdeo地区
    又はその附近において、Felix ACASO射殺、及び、刺殺することを許容し、これに参加
    した。六,小郷幸男、及び、姓名不詳のその他の日本軍人は、昭和二〇年八月中、ボホ
    ール州Mabini Batuanan地区Sitio Cambaglo、又は、その附近において、Cipriana
    PLATINOを殴打、及び、刺突により、殺害することを許容し、これに参加した。七,小郷幸
    男、■■■■、多賀時義、岸克嘉、平山俊晴、中村昭二、■■■■は、昭和二〇年九月
    中Guindulman Biyabas地区、又は、その附近において、Bernardino LADARAN、及
    び、Juana LADARANの両名を殺害した。八,小郷幸男、及び、姓名不詳のその他の日
    本軍人は、昭和二〇年一二月中Catagdaan地区、又は、その附近において、Buhayon
    URAY、及び、Victoriano ACENAの殺害を許容し、これに参加した。

     

    :第81号法廷/タクロバン比女性虐待陵辱事件

    比島憲兵隊通訳・藤本正美上等兵・香川:47/3/18判決絞首>47/10/24確認>47/12/1執行

     

    起訴理由概要:


    比島憲兵隊 上等兵、 通訳 香川 藤本正美 1947/03/16 絞首 絞首

    一,藤本正美は、昭和一八年一二月一六日、又は、その頃、比島レイテ州Paloにおいて、
    故意かつ不法にフィリピン婦人Salvacion MORETOを強姦した。二,同人は、昭和一八
    年一二月二三日、又は、その頃、レイテ州PaloのSanta Fe地区において、故意かつ不
    法に、フィリピン婦人Juanita Pajares OLAYAを強姦した。


    :第82号法廷/比島憲兵隊虐待事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・山本信雄憲兵准尉・和歌山:47/3/20判決7年>確認

    :第83号法廷/ミンダナオ島コタバト憲兵分隊ゲリラ22名処刑事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・小林金作憲兵曹長・東京:47/3/27判決絞首>確認終身
    ・宮城安久憲兵曹長・沖縄:47/3/27判決終身>確認
    ・今田勝巳憲兵軍曹・広島:47/3/27判決終身>47/5/20確認10年
    ・布施田金次郎憲兵軍曹・京都:47/3/27判決終身>47/5/20確認10年

    :第84号法廷/pナイ島イロイロ市ゲリラ交戦中比人殺害事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・白倉刀彌夫憲兵曹長・新潟:47/3/27判決絞首>47/8/25確認>50/4/16再審無罪
    ・渡辺剣憲兵軍曹・福井:47/3/27判決絞首>47/8/25確認>再確認無罪

    :第85号法廷/ルソン島ルセナ比人調査中虐待殺害事件

    起訴理由概要:

    比島憲兵隊・結城忠作憲兵曹長・山形:47/4/12判決終身>確認終身

    :第86号法廷/比人殺害事件

    起訴理由概要:

    独歩174大隊・枡田今朝夫上等兵・熊本:47/4/15判決10年>確認
    ・矢野光益上等兵・愛媛:47/4/15判決10年>確認

    独立歩兵
    第一七四
    大隊
    兵長 熊本 ■■■■ 1947/03/20 起訴取下
    比島憲兵隊 憲・軍曹 岡山 内田利廣 1947/04/15 10 10
    独立歩兵
    第一七四
    大隊
    上等兵 愛媛 矢野光益 1947/04/15 10 10
    軍曹 熊本 岩奥惣次郎 1947/04/15 10 10
    一等兵 埼玉 神山富司 1947/04/15 10 10
    上等兵 熊本 舛田今朝夫 1947/04/15 10 10

    一,■■■■は、昭和二〇年一一月一七日、又は、その頃、比島ボホール州Bdlilihan
    のBoctol地区、又は、その附近において、故意かつ不法にフィリピン市民Fortunata
    PONGASIを強姦した。二,同人は、昭和二一年一月一二日、又は、その頃、ボキール州
    Si Katuna Badiang地区、又は、その附近において、故意かつ不法にフィリピン市民
    Anastacia INEONを強姦した。三,内田利廣は、昭和二〇年一一月一七日、又は、その
    頃、ボホール州BalilihanのBoctol地区、又は、その附近において、故意かつ不法に、フィ
    リピン市民Marcosa PONGASIを強姦した。四,矢野光益は、前記日時、及び、場所に
    おいて、故意かつ不法にフィリピン市民Victorina SABを強姦した。五,■■■■、岩奥
    惣次郎、舛田今朝夫、内田利廣、矢野光益、及び、神山富次は、昭和二一年一月三一
    日、又は、その頃、ボホール州Si Katuna町、Badiang地区、又は、その附近において、故
    意かつ不法に、非武装の非戦闘員たるフィリピン市民Victoriano POROLの家を焼却し
    破壊した。


    :第87号法廷/86号より併合転番・抜兵団尾家部隊事件

    起訴理由概要:

    独歩174大隊・岩奥惣次郎軍曹・熊本:47/4/15判決10年>確認
    ・神山富次一等兵・埼玉:47/4/15判決10年>確認
    比島憲兵隊・内田利広憲兵軍曹・岡山:47/4/15判決10年>確認

    :第88号法廷/ダバオ市ラサン飛行場付近米軍交戦中のゲリラ討伐で比人殺害事件

    起訴理由概要:

    飛行場大隊・石黒寛少佐・愛知:47/4/15判決絞首>47/8/28確認終身
    ・田中舘秀橘軍曹・東京:47/4/15判決無罪
    ・小松勝三郎上等兵・秋田:47/4/15判決無罪

    :第89号法廷/ネグロス島ゲリラ殺害事件


    起訴理由概要:

    独歩174大隊・尾家劉大佐・熊本:47/4/11判決絞首>確認銃殺>48/10/23執行


    マニラ裁判:1945/10/8~1947/4/15、以降はフィリピン移管
     88・87件238・237名
    死刑69名 終身刑33名 有期刑73名 無罪24名 不起訴など38名
    憲兵27件66名 死刑25名 有期刑25名 無罪3名 不起訴7名 不承認6名
    陸軍47件147名 死刑36名 有期刑67名 無罪20名 不起訴22名 不承認2名
    民間1件1名
    海軍8件9名 死刑4名 有期刑13名 無罪1名 不起訴1名
    収容所4件4名 死刑3名
     
    第1号法廷/比島方面軍最高司令官、第14方面軍司令官・第25軍司令官・山下奉文大将ケース:マニラ虐殺・シンガポール華僑虐殺:絞首刑・ルソン島
     
    第2号法廷/ビサヤ諸島セブ島俘虜比人殺害事件:ビサヤ地区憲兵隊長・森本勇中佐・絞首刑:終身刑1名・有期刑2名・無罪1名:鶴山大尉・絞首刑:迎中尉・絞首刑
     
    1670:第3号法廷/フガ島米掃海艇乗員俘虜4名殺害事件・サブタン島守備隊12名虐殺ゲリラ掃討事件:独立混成第61旅団長・田島彦太郎中将13名ケース:絞首刑1946/4/3・1名・終身刑3名・有期刑9名
     
    1056:第-号法廷/バターン死の行進:第14軍司令官・本間雅晴中将ケース:銃殺執行1946/4/3
    1215:第5号法廷/マニラ市ソラノ地区比人殺害虐待事件:バヨンボン憲兵分隊所属・ソラノ分遣隊通訳・東地琢磨軍属ケース:絞首刑判決46/1/7・46/2/23執行
    1665:第6号法廷/セブ地区比人殺害強姦事件:小林正一憲兵上等兵/判決46/1/9絞首刑・46/3/22執行
     
    第-号法廷/102師団・抜兵団長・歩兵第77旅団長・河野毅中将ケース:・山口・47/4/24絞首刑
    第-号法廷/第14方面軍司令官・黒田重徳中将ケース:絞首刑
     
    第-号法廷/第23特別根拠地隊司令官・大杉守一海軍中将ケース:マカッサル送致・絞首刑
     
    1027:第号法廷/第14方面軍憲兵隊司令官#1大田清一憲兵大佐ケース:絞首刑判決46/1/5・46/2/23執行
    1212:第-号法廷/俘虜処遇事件:第14方面軍兵站監・比島俘虜収容所長・洪思翊中将ケース:絞首刑判決1946/4/18・1946/9/26執行
    第-号法廷/ロスパニオス抑留所虐待事件:給与係・小西貞明主計准尉:給養不足:絞首刑
     
    1014:第-号法廷/ カバナッアン俘虜収容所米軍中尉射殺事件:林金隆軍属:絞首刑判決1946/4/30・1946/7/17執行
    1666:第15号法廷/ダバオ地区比人殺害虐待:海軍第32特別根拠地隊・少尉ケース:絞首刑判決1946/2/28・1946/5/31執行
    1667:第16号法廷/フォートサンチャゴ地区俘虜比人殺害虐待事件:ルソン憲兵隊中佐ケース:絞首刑判決1946/3/7・1946/5/31執行
    :第-号法廷/第102師団長・福栄真平中将ケース:絞首刑
     
    1668:第18号法廷/サンホセ地区俘虜比人殺害虐待事件藤兵団・歩兵17連隊4名ケース:藤重正従大佐・ 絞首刑判決1946/3/20・1946/6/14執行刑 :1031・参謀長・上原善一中佐・ 絞首刑判決1946/3/20・1946/6/14執行:1019・大野肇大尉・ 絞首刑判決1946/3/20・1946/6/14執行: 無罪中尉1名
    1016:第-号法廷/宇内文次憲兵中尉ケース:絞首刑1947/6/9執行
    1017:第-号法廷/比人ゲリラ逮捕殺害事件
    アパリ憲兵分隊長・中村武男憲兵少佐ケース:絞首刑1946/8/31執行
    1018:第-号法廷/戸塚良一中佐ケース:絞首刑1947/3/31執行
    1020:第-号法廷/比人600名斬殺事件:大塚則行少尉ケース:絞首刑1947/3/31執行
    1021:第-号法廷/イロイロ市・米搭乗員俘虜3名殺害事件:吉岡信大尉2名ケース:2名絞首刑1946/6/6執行
    1022:第-号法廷/ミンダナオ島ダバオ比人60名殺害事件:守田豊蔵大尉ケース・有罪:向井加賀次郎中尉ケース:絞首刑1946/5/31執行
    1023:第72号法廷/ネグロス島比人殺害事件
    102師・77旅・独立歩兵第172大隊・ネグロス島警備隊長・山口正一大佐:絞首刑1947/9/3執行
    第-号法廷/ネグロス島バゴロド市警備隊比人殺害事件
    102師・77旅・独立歩兵第172大隊・バゴロド市警備隊長・高橋丹作大尉:銃殺刑(のち終身>20年)
    102師・77旅・独立歩兵第172大隊・バゴロド市警備第1小隊長・西川清中尉:絞首刑
    1024:第-号法廷/ネグロス島バゴロド市ボロボロ水源地比人殺害事件
    102師・77旅・独立歩兵第172大隊・バゴロド市ボロボロ水源地警備小隊長・南条正夫中尉:絞首刑1947/9/3執行
    1025:第-号法廷/北部ルソン比人殺害事件:103師団・吉田徳次郎大尉ケース:絞首刑1947/8/31執行
    1028:第-号法廷/102師・78旅・独立歩兵第173大隊・安部渡兵長ケース:絞首刑1946/6/20執行
    1029:第-号法廷/比人殺害事件:川野幸雄上等兵ケース:絞首刑1946/6/20執行
    1030:第-号法廷/河合竹男伍長ケース:絞首刑1946/4/2執行
    1032:第-号法廷/第14方面軍憲兵隊司令官#2長浜彰憲兵大佐ケース:銃殺刑1947/3/31執行
    1033:第-号法廷/比人虐殺事件:三上大隊16名ケース:絞首刑1947/4/24執行
    絞首刑

    :第81号法廷/レイテ島比人強姦事件:比島憲兵隊・通訳:藤本正美上等兵ケース:絞首刑

    :第86号法廷/ボホール比人殺害強姦事件:独立歩兵第174大隊・憲兵隊内田利廣軍曹ら6名ケース:10年

    1036:第-号法廷/パナイ島比人80名殺害事件:槙田時三曹長ケース:絞首刑1947/2/24執行
    1037:第-号法廷/奥田福徳中尉ケース:銃殺刑1946/6/6執行
    1038:第-号法廷/トアル及びバウオン比人殺害事件:萩野舜平少尉ケース:銃殺刑1947/9/3執行
    1040:第-号法廷/村田政義軍曹ケース:絞首刑1946/6/14執行
    第-号法廷/米機搭乗員俘虜殺害事件:中村憲兵隊長・ 絞首刑
    1041・笹倉林治憲兵曹長・ 絞首刑1947/12/29執行
    1043・一条幸真憲兵曹長・ 絞首刑1947/12/29執行
    風戸文之・20年
    1042:第-号法廷/ビザヤ憲兵分隊事件:石坂巌憲兵伍長ケース:絞首 絞首刑1947/6/9執行
    1045:第-号法廷/工藤忠四郎大尉ケース:絞首刑1948/8/13執行
    1046:第-号法廷/ルソン島比人50名拷問殺害事件:加藤実少尉:絞首刑1947/3/31執行
    S曹長:終身刑

    【2011.12.29 Thursday 01:11】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.10.27 Friday 01:11】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/808
      トラックバック