<< 738:オランダ管轄:アンボン裁判 | main | 740:オランダ管轄:モロタイ裁判 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2017.08.23 Wednesday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - | - |
    739:オランダ管轄:メナド裁判
    0

      戦犯裁判オランダ管轄

      解説レベル・A・B・C(一般解説のみ)・(解説無し)ー随時追記予定。

       

       メナド裁判:1946/10/30〜1948/5/28
      44件59名 31名死刑(減刑3名)

       
      -号法廷/メナド海軍特警隊・11件12名(有罪11名・無罪1名)

      -号法廷/メナド海軍第8警備隊・2件6名(有罪6名)

      第-号法廷/メナド海軍民政部・2件2名(有罪2名)
      -号法廷/第5野戦憲兵隊北セレベス地区憲兵隊・15件19名(銃殺刑14名・有罪5名)起訴人数に比べ事件数が多いのは、些細な事件で有罪者を増やす為だろう。
      -号法廷/サンギー諸島守備独立歩兵226大隊・2件3名(有罪3名)
      -号法廷/メナド商社員22歳・1件1名有罪
       
       

      317:第1号法廷/メナド海軍抑留所虐待致死・山田事件

      山田秀雄海軍兵曹長:銃殺刑

       

       

      321:第2号法廷/メナド市民虐待致死・柳井事件

      柳井稔メナド市長:銃殺

      1324:第3号法廷/メナド海軍特警隊・俘虜抑留者虐待・田端事件

      田端盛順通訳:銃殺刑

       

       

       

      2489:第4号法廷/メナド海軍第8警備隊・住民虐待致死・中野事件

      中野正海軍雇員:銃殺

       

       

      2490:第5号法廷/メナド海軍第8警備隊・住民虐待致死・山口事件

      山口子郎海軍兵曹:銃殺

       

       

      1323:第6号法廷/北セレベス地区憲兵隊・住民虐待致死・平山事件

      平山辰己憲兵軍曹:銃殺

       

      2466:第7号法廷/敵対容疑者暴行・出盛事件
      出盛康儀海軍通訳:無期

       

       

      2467:第8号法廷/逮捕者殴打・新垣事件
      新垣盛助海軍兵曹:10年

       

       

      1327:第9号法廷/抗日団処刑・館石事件

      館石喜太憲兵軍曹:銃殺

      1325:第10号法廷/犯罪容疑者虐待致死斬首・小林事件
      小林登美次海軍嘱託:銃殺

       

      1328:第11号法廷/抑留者虐待・栗原事件
      栗原文夫憲兵軍曹:銃殺

      2468:第12号法廷/日本軍律違反容疑者虐待致死・押木事件
      押木三喜藏憲兵軍曹:銃殺

       

       

      2469:第13号法廷/テリン収容所虐待致死・近藤事件
      近藤秀雄社員:銃殺
      小関正義社員:銃殺

       


      2470:第14号法廷/日本軍律違反容疑者虐待致死・伊藤事件
      伊藤秋由憲兵軍曹:銃殺

       

       

      2471:第15号法廷/犯罪容疑者逮捕暴行致死・花房事件
      花房丘通訳:銃殺
      五十嵐政藏憲兵軍曹:銃殺
      昆竜雄憲兵軍曹:銃殺

       

       

       


      1329:第16号法廷/抗日団無裁判処刑・田澤事件
      田澤勇憲兵准尉:銃殺
      守屋博憲兵軍曹:銃殺

      2472:第17号法廷/抗日団29名不法処刑事件
      福井忠樺憲兵曹長:20年

       

       


      2473:第18号法廷/反日陰謀団無裁判処刑・徳田事件
      徳田元中尉:10年

       

       

      2474:第19号法廷/スパイ無裁判処刑・根本事件
      根本栄憲兵曹長:銃殺



      1326:第20号法廷/抗日団暴行致死・奥村事件
      奥村光男憲兵軍曹:銃殺

      2475:第21号法廷/抗日団暴行致死・服部事件
      服部直通訳:銃殺

       

       

      2476:第22号法廷/窃盗犯暴行・長浜事件
      長浜春次海軍上曹:10年

       

       

       

      2477:第23号法廷/犯罪者暴行虐待・佐藤事件
      佐藤元義海軍機関上曹:13年

       

       

      2478:第24号法廷/インドネシヤ人死刑執行・岡本事件
      岡本良男社員:10年

       

       

      2479:第25号法廷/死刑執行・河村事件
      河村関雄海軍二曹:15年

       

       

       

      2480:第26号法廷/抗日陰謀団死刑執行・森川事件
      森川康明憲兵伍長:10年

       

       

      2481:第27号法廷/犯罪者虐待・武事件
      武勉憲兵軍曹:12年

       

       

      2482:第28号法廷/犯罪者虐待・田口事件
      田口確美海軍上曹:15年

       

       

      2483:第29号法廷/犯罪者暴行・森本事件
      森本政信海軍二曹:12年

       

       

      2484:第30号法廷/犯罪者暴行致死・大熊事件
      大熊正雄海軍兵曹:銃殺

       

       

      2485:第31号法廷/犯罪容疑者暴行・兼城事件

      兼城福松通訳:20年

       

       

      2486:第32号法廷/暴行致死・増浦事件
      増浦幸一郎衛生上等兵:20年

       

       

      2487:第33号法廷/死刑囚処刑・南部事件
      南部義一海軍少尉:銃殺

       

       

      2488:第34号法廷/日本人官吏殺人犯処刑・今藤事件
      今藤円次海軍一曹:15年

       

       

      2491:第35号法廷/抗日陰謀団員暴行・佐久間事件
      佐久間栄吉海軍司政警部:15年

       


      2492:第36号法廷/住民・囚人暴行虐待・境田事件
      境田松義海軍上曹:15年



      2493:第37号法廷/市民暴行・星事件
      星良三海軍:7年

       

       

      2494:第38号法廷/メナド市民暴行・鈴木事件
      鈴木仁憲兵伍長:12年

       

       

      2495:第39号法廷/メナド市民暴行・時枝事件
      時枝武郎海軍軍属:20年

       


      2496:第40号法廷/市民囚人虐待・作田事件
      作田清海軍警部:20年

       

       

      2497:第41号法廷/労役市民虐待・小林事件
      小林常八支配人:7年

       

       

      1538:第42号法廷/犯罪容疑者虐待・相馬事件
      相馬竹三郎憲兵軍曹:銃殺

      2498:第43号法廷/犯罪容疑者虐待致死・曽根事件
      曽根健夫憲兵軍曹:銃殺

       

       

      307:第44号法廷/空の神兵捕虜住民虐待責任・堀内事件
      堀内豊秋海軍大佐:銃殺:空の神兵と呼ばれた落下傘部隊長が、有能で現地民にも愛された行為を戦犯とした事件

      2499:第45号法廷/犯罪社無裁判処刑・中川事件
      中川相藏海軍中尉:15年

       

       

      2500:第46号法廷/第18警備隊責任・浜中事件
      浜中匡輔海軍少将:銃殺
      湯村文雄海軍大尉:銃殺

       

      【2011.12.02 Friday 19:37】 author :
      | B級裁判 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        【2017.08.23 Wednesday 19:37】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        メナド裁判で処刑された諸氏の処刑後の遺骨の取り扱いはどうなったでしょうか。
        | 長崎節夫 | 2017/04/23 8:05 AM |
         不明です。原則「冤罪で殺した」という自覚のあった蘭印軍も、遺骨は廃棄させたと思われますが、親日現地民がゴミから拾って保管し、後に葬られた事もあったようです。遺体焼却使役の日本兵が一部を隠し持って。帰国した例もあるようです。
        | 腹 | 2017/04/23 12:53 PM |
        昨年マナドへ行った際、現地は開発の渦にもかかわらず、マナド軍事裁判の法廷と言われる家屋が未だ存在しておりました。
        有志による、保存が望まれます。
        | 坂本 裕保 | 2017/10/05 3:21 PM |
         貴重な情報有り難うございます。

         まだ残っているとは驚きですが、戦犯が連合軍による人道犯罪の犠牲者・・と認識されないと保存は難しいんでしょうね。
        | 腹 | 2017/10/05 5:27 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://stomach122.jugem.jp/trackback/739
        トラックバック