<< 58:リカバリー2009/12/24:エセ右翼の勝谷氏が左翼に論破され涙目w・・・攻める方も無知か悪質だからどっちもどっち | main | 60:リカバリー2009/12/25: 「National Intelligence Network of JApan」創設急務 略称「NINJA」ですね、わかります >>
59:リカバリー2009/10/29:戦犯裁判エントリー
0

     戦犯裁判といえば、日本が行った戦争犯罪を連合国が裁き、日本の悪行を歴史に刻んだ・・昔々の裁判である。
     
     トコロがそんな過去の裁判でありながら、現代も特亜露の反日行動のベースになっており、また欧米華僑・僑胞のプロパガンダ浸透により、ユスリタカリネタとして燻ぶり始めている事件もある。
     
     そこで、日本人の戦争犯罪とは何だったかを調べ始めてみた。
     
     すると、GHQのWGIP(ウォーギルトインフォメーションプログラム)のみならず、特亜とこれに迎合する日本人により、ソ〜ト〜史実が歪曲捏造されている事に気付く事になった。
     
     
     日本のサヨクは、元々論理的思考力の無いただの洗脳・反日思考に過ぎないのだが、ウヨクのホ〜も、実はヨ~ヤク洗脳から解放されたばかりだから、自分が騙されてた歪曲捏造反日ネタについ反応し、一見双方争ってるヨ~に見えながらも、実態はウヨクが失地回復しヨ〜としてるだけなんだな。

     ムロン、ウヨクのその努力は買うんだけども、例えば「村山談話・反対!」と言って、サヨクから「講和条約で戦犯裁判を受諾して国際復帰したのに」と言われて、「自虐史観・反対!」としか言い返せ〜へん。
     
     けど、東京裁判の訴因だけでも確認してみたら、アジアを侵略していた欧米と中ソ侵略を罪とされた事が判る。
     
     すると、東京裁判有罪判決が、いつの間にか
    反日日本人らによって「アジア侵略と植民地支配」に歪曲捏造された村山談話として公表されている事に気付くだろ?
     
     そしたら、受諾した戦犯裁判判決を歪曲捏造し、講和条約を尊重してへんのは村山談話のホ〜である事に思い至る。
     
     村山談話は、自虐史観・東京裁判史観と呼ぶ価値も無い歪曲捏造日本否定談話であって、良心的日本の歴史認識声明なんかじゃない。

     「憲法違反政府声明は、憲法規定により失効」・・・でいいんだよ。
     

     「自分の立ち位置はサヨク」と思いながら、心ならずもサヨクから「隠れウヨク」と罵倒されたり、ウヨクからケッコ〜評価されたりしてるアナタ。

     日本のサヨクは、国際人ぶった日本否定の反日・特亜系日本人・・・日本人じゃないんだよ。
     アナタのヨ~な日本人・親日サヨクが立ち上がり、親日ウヨクと和気藹々タタカウと、日本はソ~ト~良くなるw。

     その前に、特亜系日本人のサヨク思考を排除せんとアカンwww。


     そんなワケで、以下、戦犯裁判を順次調べてみる事にした。
     
     

    A級戦犯・GHQ管轄・東京裁判

    B級戦犯

    160:アメリカ管轄
     336:横浜裁判 371-328

     806:クェゼリン裁判 3/3
     807:グアム裁判 29-28
     808:上海裁判 10-10
     809:マニラ裁判 87-89
    159:フィリピン管轄 0/70
    158:イギリス管轄
     798:タイピン裁判 17-18
     799:アロールスター裁判 2-2
     800:ペナン裁判 1-1
     801:香港裁判 45-45
    155:フランス管轄 39-41
    156:オランダ管轄
     730:バタビア裁判 109-109
     731:メダン裁判 59-59
     732:タンジュンピナン裁判 6-6
     736:マカッサル裁判36-36
     737:クーパン裁判 21-21
     738:アンボン裁判 49-46
     739:メナド裁判 44-46
     740:モロタイ裁判 21-21
     741:ホーランディア裁判 53-53
     766:ラバウル裁判 197-203
     767:ラブアン裁判 15-13
     768:シンガポール裁判 24-24
     714:ウェワク裁判:1/1:#1/ニューギニヤ・豪兵嗜食事件
     770:マヌス裁判 26-26
     771:モロタイ裁判 15-13
     772:香港裁判13-13
     773:漢口裁判 79-75
     774:北京裁判 89-88
     775:広東裁判 89-85
     776:瀋陽裁判 115-115
     777:南京裁判 28-31
     778:済南裁判 21-21
     779:徐州裁判 13-13
     780:上海裁判 144-150
     781:台北裁判 12-15
     782:太原裁判 11-11
    152:中共管轄
    153:ソ連管轄

    対日戦犯事件

    その他の事件

     
    【2011.06.07 Tuesday 17:58】 author :
    | 戦争犯罪 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.08.23 Wednesday 17:58】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2012/11/26 10:22 PM |
      風老児さん、-3年です。

       日本にはC級の適用は無かったので、BC級とは言わないようにしてますw。

       対独の国際軍事裁判所条例は、戦勝4国条約の付属書ですが、それをそのまま極東条例にコピペしたのでおかしくなったんですね。

       a・c級を事後法と批判する方が多いですが、無条件降伏したドイツが主張するなら判りますけど、日本の場合はポツダム条件違反を先に主張出来る立ち場ですから、確定後であっても講和条約の戦犯受諾規定に関わらず、a級については無効主張が可能です。
       ところが、「植民地支配妨害が国際犯罪であった」という確定判決は非常に面白いので、ホットクべきですw。

       「青木曹長」は巣鴨にいた将校(氏名失念)のフィクションで、TBSだったかと著作権で揉めてたかと思います。
      | 腹 | 2012/11/27 1:32 AM |
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2012/11/27 3:03 AM |
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2012/11/27 11:12 PM |
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2012/11/28 9:06 PM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/59
      トラックバック