<< 522:資料…【海外の反応】世界にフジテレビ問題が「人種差別問題」と報道される!毎日新聞再来? | main | 524:資料…日本が独島問題を国際司法裁判所への付託を検討 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2017.08.23 Wednesday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - | - |
    523:アメリカ/ 鴨緑丸事件
    0
      戦犯裁判アメリカ管轄横浜裁判


      #-/鴨緑丸事件

       1944/12/13、元客船の鴨緑丸は、兵員・民間人(婦女子主体)約1500名と、バターン攻略時の俘虜約1600名を乗せ、マニラ湾から日本に向けて出航した。
       俘虜の同乗は民間人には秘匿され、民間人や多少の物資を搭載していることもあり、俘虜護送船を示す「POW」旗やペイント表示はされていなかった。
       
       出航直後、米軍の空襲を受けて鴨緑丸は沈没するのだが、この辺りの経緯は定かではない。
       一説には、空襲の中で「総員退船」が発令され日本人が救命ボートで脱出、俘虜達も上甲板に逃げ出してきて米軍機に手を振って攻撃を中止させたという。
       鴨緑丸は沈没しつつあったので米機群も去ったが、海に飛び込み陸に向かって泳ぎだした俘虜達に日本兵が発砲したという話もある。

        その後、江ノ浦丸に乗り換え台湾の高雄へ。
        高雄港で受けた爆撃の死者と病死者約400名を下船埋葬。
        ブラジル丸に再乗り換えし、1945/1/31門司に入港した際、俘虜は580名になっていたという。

       
       戦犯裁判では、移送隊指揮官だった都子野順三郎大尉(愛媛松山)が俘虜虐待致・殺害、いわゆる地獄船事件の一つとして起訴され、1948/8/21絞首刑が執行された。


       辞世

      誠心を心のかてと踏み奉り今我列す神の末坐に清き心で

      現世に固きつぼみを育みて神の御末に清て開かん






       日本軍による俘虜船舶移送が、地獄船の一件として裁かれたものなんだが、通風の悪い船倉に蚕棚のヨ〜なものを作って多数の俘虜を押し込める・・・米兵が「虐待」と思うのは無理ない。
       ただ、日本兵の移送も同じ条件で、食料も医薬品も不足していた状況も日本兵と同様である。
       もし船内処遇を罪に問うのであれば、被告は上級司令部の参謀クラスであって、権限が無かった都子野大尉の責任ではない。
       ただし、俘虜死因の多くは、米軍の空襲や雷撃に起因するものと思われる。。
       
       また、重症俘虜のうち、航海に耐えられないと思われた者15名を殺害したとも言われている。
       事実とすれば、非人道的な戦争犯罪と思われるかもしれないが、苦しみ続ける重症者を治療手段も無いまま俘虜たちの間に放置して自然死させるのを人道的ともいえない。
       
       日本軍の場合、この種の戦争犯罪が多い。
       
       敗勢の中で水も食料も医薬品も欠乏し、希望もあまり無い状況の中で「上官の命令」だけがある。
       追い詰められた状況で行われたそんな行為について、「鬼畜日本兵」を証明する戦犯訴追があったからといって、惑わされずに当時の状況をヨ〜考えてみたホ〜がいい。
       
       
       本件鴨緑丸が客船を戦時徴用して対空4連砲を20機搭載していたからといって、単船で航空機の援護も無しに航海させるなんて、制海権・制空権を失ってた状況では自殺行為なんだが、万が一の幸運を願っていたとしても、日本軍の人命軽視思考があった事は否定出来ん。
       また、俘虜を本土に送ってお仕事させよ〜としたんだろ〜が、ほぼ全員が栄養失調状態、一部は赤痢・マラリヤなどの重症者だったワケで、移送中や収容中の死亡も防ぐことは出来なかった。
       それが戦後になって、下級将校の戦犯訴追に至ってるわけだから、上層部の責任は大きい。


       詳細は別稿で述べるが、民間船舶に対する攻撃が相互に当然のヨ〜に行なわれたわけだけども、たとえ武装していヨ〜と、いきなり撃沈するのは、ホントは交戦法規に反する。
       民間の私船は捕獲没収出来るので、捕獲後に撃沈するのは構わんのだが、いきなり空爆したり雷撃して撃沈するのは嬲り殺しのヨ〜なもんだから条約で禁じられていた。
       捕獲は、停船命令・臨検等の手続きを経た上で船舶・貨物は没収となり、敵乗組員は宣誓解放される。
       陸上の場合抵抗する民間人は交戦資格の無い「戦時反逆」となるが、敵民間乗組員の場合は、臨検を拒否する際は交戦資格が与えられ、捕獲された場合は俘虜(宣誓解放は不可)として扱われ、反逆罪には問われない。
       以上が、ムカシ調べたときの記憶だが、別稿では正確に書きま〜す。
       
       民間船攻撃は相互に実施・・・とはユ〜けど、実際は日本側がコテンパンにやられてて、犯罪件数・撃沈総トン数・殺害人員は米軍によるもんが圧倒的だよね〜。

      【2011.08.10 Wednesday 01:23】 author :
      | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        【2017.08.23 Wednesday 01:23】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://stomach122.jugem.jp/trackback/523
        トラックバック