<< 382:戦犯裁判:米国管轄:横浜裁判:第155号法廷/名古屋俘虜収容所第3分所虐待事件 | main | 384:戦犯裁判:米国管轄:横浜裁判:第78号法廷/名古屋俘虜収容所第5分所虐待事件1 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2018.03.19 Monday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - | - |
    383:戦犯裁判:米国管轄:横浜裁判:第219号法廷/名古屋俘虜収容所第4分所虐待事件
    0

      戦犯裁判アメリカ管轄横浜裁判


      第219号法廷/名古屋俘虜収容所第4分所(三重県入鹿村)虐待事件
       

      起訴理由概要:記録無し


      山下牢少尉・京都:48/2/6判決18年>14年
      仲正行軍属・三重:48/2/6判決10年>確認


      英兵士の追悼続ける男性に勲章 三重 
      11月4日 15時18分 

      第2次世界大戦で旧日本軍の捕虜となり三重県の収容所で亡くなったイギリス兵を、 
      20年にわたって追悼してきた三重県の男性に、イギリスの勲章が贈られました。 

      イギリスのエリザベス女王が授ける「名誉大英勲章MBE」を受章したのは、三重県 
      紀宝町の戸地功さん(67)で、4日午前、東京のイギリス大使公邸で叙勲式が行われました。 

      戸地さんは、第2次世界大戦の末期、旧日本軍の捕虜となって三重県南部の鉱山に移送されて 
      現地の収容所で亡くなったイギリス兵16人の追悼式を、地元の人たちと共に20年に 
      わたって続けてきました。 

      また、元捕虜の日本訪問を受け入れたり、地元の子どもたちをイギリスに研修に連れて行ったりして、 
      日英の交流に取り組んできたことが評価されたということです。 

      叙勲式のあと戸地さんは「大変感動しています。日本に連れてこられて不幸にも帰れなかった人が 
      たくさんいるので、この活動をできるかぎり続け若い世代にもつなげたいと思います」と話していました。 

      またイギリスのヒッチンズ大使は「こうした活動を通じて、若い世代が、戦争を体験した人々の 
      苦しみやそれを乗り越えて両国が培ってきた友情について理解することが大切だと思います」と話していました。 

      http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131104/k10015788081000.html 

      【2011.07.22 Friday 11:56】 author :
      | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        【2018.03.19 Monday 11:56】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://stomach122.jugem.jp/trackback/383
        トラックバック