<< 3701:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第70号法廷/比国幹部秘書処刑責任・川口事件 | main |
3702:フィリピン管轄:モンテルンパ裁判:第21号法廷/ダバオ市カリナン・リバーサイド比人殺害・上村事件
0

    戦犯裁判フィリピン管轄:マニラ・モンテルンパ裁判

     

    第21号法廷/ダバオ市カリナン・リバーサイド比人殺害・上村事件

     

    起訴理由概要:

    ‐綢次新井は昭和20年5月4日及びその頃、ダバオ市カリナン・リバーサイドにおいてフロンゲンシヤ・アバンド以下16名の非戦闘市民の殺害を命令指揮許容し且つ参加せり。
    ⊂綢次新井は昭和20年5月4日同地において市民1名の殺害未遂を命令指揮許容し且つ参加せり。

     

    14方面軍野戦貨物廠セブ支廠ダバオ出張所・上村英逸郎主計大尉:昭和23年5月10日・開廷>昭和23年7月6日・判決終身刑>昭和28年7月4日・特赦釈放
    ・新井初芳主計少尉:昭和23年7月6日・判決絞首刑>昭和28年7月4日・特赦終身刑>昭和28年12月30日・特赦釈放

     

    一般解説:
    被告両名とも、市民16名の殺害と1名の殺害未遂で起訴されている。起訴内容が事実であれば、指揮官の上村大尉が終身刑で済むはずがないので、完全な冤罪か、ゲリラ相手の戦闘行為であったと思われる。 

     

     

    監修:福本

    【2018.09.01 Saturday 01:45】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.11.12 Monday 01:45】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする