<< 3632:南京大虐殺を認めるなら、中国による日本侵略を主張せよ | main | 3635:「対艦ミサイル撃って、コンテナ船を撃沈しろ。」? >>
3633:1、歪曲捏造史観に洗脳された日本人
0

     日本人の歴史認識と言えば、思想信条と言論の自由から、個人により多種多様な歴史認識が存在すると考えられている。
    しかし現実には、戦後の歪曲捏造史観教育によって洗脳された大半の日本人は、反日バイアス史観に囚われてしまっている。
    この反日バイアス史観は、歴史を認識するに当たって標準となるべき内外の法慣習の存在を無視した個人の思い込み史観に過ぎず、普遍的な歴史認識たり得ない。
    このような反日バイアス史観の象徴として、東京裁判史観がある。東京裁判史観というと、日本の戦争犯罪を裁いた東京裁判に基づく歴史観を指すと全ての日本人が誤認しているが、この史観は特定の政治思想を持つ集団が、無知の日本人を騙すという明確な意図を以て、東京裁判判決自体を歪曲捏造した歴史観に過ぎない。
    例えば「日本はアジアを侵略し植民地支配した。」という大半の日本人が信じる歴史認識は、日本人の歴史無知に乗じて判決を歪曲捏造した思い込み史観に過ぎない。
    侵略という国際犯罪を認定したのは東京裁判であるが、その裁判においてアジア侵略有罪判決は存在しない。また植民地支配は単に占領しただけではなく国際的に承認されなければ成立しないのが国際慣習であり、日本によるアジア植民地支配が国際的に承認され成立した事実は無い。然るに当時の村山総理は、根拠のない個人の思い込み史観である「日本によるアジア侵略と植民地支配を謝罪反省」を政府談話として世界に公表し、歪曲捏造史観に洗脳された日本の世論はこれを支持して、日本政府もこの歪曲捏造史観談話を20年間踏襲してきた。
    大半の日本人が洗脳されてしまっている誤った歴史認識・反日バイアス史観を排除するには、教師・学者・特定政党やマスメディアが主張してきた思い込み歴史観ではなく、裁判判決や条約・憲法などの国際法慣習に基づいて自分自身で考えて歴史を認識しなければならない。(799)

    【2017.06.17 Saturday 14:16】 author :
    | 反日バイアスに嵌まった日本人には理解出来ない真実の歴史 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.06.19 Monday 14:16】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする