<< 2652:戦犯裁判・イギリス管轄・シンガポール裁判:第75号法廷/タイ・ノンプラドック俘虜収容所・睚事件 | main | 2726:戦犯裁判・イギリス管轄・クアラルンプール裁判:第33号法廷/容疑者虐待・土田事件 >>
2696:戦犯裁判・イギリス管轄・クアラルンプール裁判:第1号法廷/原住民印度人殺害・山本事件
0

     

    戦犯裁判イギリス管轄クアラルンプール裁判

     

     

    第1号法廷/原住印度人殺害・山本事件

     

     

    起訴理由概要:昭和20年9月12日南方第8陸軍病院付近に於いて、同院倉庫より糧米3袋を窃取したるインド人1名を銃殺せり。

     

    クアラルンプール陸軍病院・山本忠三郎衛生曹長・京都:昭和21年2月1日・判決絞首刑>同日確認・執行ク:弁護英人

     

    一般解説:

     

     事件発生日は、日本軍降伏後の9月12日である。現地の食糧事情が悪化している状況で、敗軍の下士官の先任であった陸軍病院の衛生曹長が、現地民の暴動や略奪に、厳格に対処するのは当然のことである。

     

     糧米3袋摂取というなら、複数の現地インド人が病院の糧秣倉庫に押しかけて、強奪しようとした状況が考えられる、

     

    そこで責任者たる山本曹長が、抵抗する犯人を射殺したのではないだろうか。

     

     単なる窃盗犯なら、逮捕して営倉に入れておけばよかったのだろうが、略奪に対し厳正対処しておかなければ、収拾がつかなくなる混乱時には、やむを得ない措置だったと思われる。

     

    編輯:福本

     

    詳細解説:

     

     

    【2017.02.28 Tuesday 12:10】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.04.06 Saturday 12:10】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/2696
      トラックバック