<< 265:アメリカ/ 宮古島・艦載機搭乗員俘虜射殺事件 | main | 267:戦犯裁判:米国管轄:横浜裁判:第1号法廷/東京俘虜収容所第12分所俘虜虐待事件1・土屋辰男伍長 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2017.08.23 Wednesday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - | - |
    266:アメリカ/ 喜界島艦載機搭乗員俘虜斬首第1・第2事件
    0
       戦犯裁判アメリカ管轄・横浜裁判


      #317・#318/喜界島艦載機搭乗員俘虜斬首第1・第2事件

      第1事件
       1945/4/11、鹿児島県喜界島で米軍の艦載機が撃墜され、トーマス少尉が俘虜となった。
       
       島外への移送は困難であり、かつ海軍第五航空艦隊司令部からの「処置命令」もあり、喜界島飛行部隊司令官佐藤勇少佐らの命令で、4月末前後に吉田政義大尉指揮で谷口鉄雄大尉が斬首した。

      戦犯裁判#317

      喜界島飛行部隊司令官・佐藤勇少佐 死刑
      第五航空艦・木田達彦大佐 懲役40年
      吉田政義大尉 懲役40年
      谷口鉄雄大尉 死刑(再審無期)となった。



      第2事件
       1945/5/10、鹿児島県喜界島で米軍の艦載機が撃墜され、キンキャノン大尉が飛行場設営部隊の俘虜となった。
       
       第1事件のトーマス少尉と同様、島外への移送は困難であったので、5月中頃、飛行部隊司令官佐藤勇少佐の命令で、村民が見物するなか、大島宗彦大尉が斬首した。
       

      戦犯裁判#318

      喜界島飛行部隊司令官・佐藤勇少佐 懲役20年で併合死刑
      飛行場設営部隊・大島宗彦大尉 懲役7年となった。

       第1事件と比較すると、裁判官でも変わったのか量刑が軽くなっているね。


       両事件とも、違法行為ではあるんだが、国は違えど軍民共にソ〜非常識な行為でも無かったからね。
       特に日本の場合、負け戦続きで心理的に追い詰められ、絶対優位の空からコテンパンにやられて死傷者続出・・・そんな敵が落ちて来た・ワリに、一応俘虜にしヨ~としとるからね〜。
      【2011.06.26 Sunday 10:22】 author :
      | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        【2017.08.23 Wednesday 10:22】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://stomach122.jugem.jp/trackback/266
        トラックバック