<< 2356:オランダ管轄:バンジェルマシン裁判:第10号法廷/反乱容疑者逮捕尋問・太田事件 | main | 2358:オランダ管轄:バリックパパン裁判:第2号法廷/原住民1名殺害・竹間事件 >>
2357:口先だけの似非保守は、ドロンパ批判して良心的日本人面しても、パヨクと同じ役立たずww。
0

    http://hosyusokuhou.jp/archives/48783972.html

     

     ドロンパも、若い頃は「朝鮮人も話せば解る。」と信じていたのだろうが、朝鮮人との最前線に立ち続けると、過激に対抗する以外の選択が無い事を思い知るしか無かったのだと思う。
     それに気がついてみると、日本人の怒りに火病っていた朝鮮人が引く事にも気付いた。・・・これは最前線に立っていなければ解らなかった事だろう。
     彼を批判する人たちは、火病った朝鮮人に対抗する事など出来ないし、その場合、逆に身体的危険も増える。エンコリで朝鮮人と遣り合うロジックを学んだら、あれ以外の手法は考えられないw。

     過激な在特会といっても、基本的に法を遵守している。しばき隊や公園占拠団体の不法行為を問題視せず、在特会襲撃被害事件で「在特会が遂にやらかした。」と批判したエセ保守の偽善が暴かれたっけw。

     

     そういえば、高須院長はいい人だが、「猛犬はいいが、狂犬はダメ。」・・・そんな甘い事を言ってても、何の意味も無い。

    ムカシ北京放送BBSでは、中国人とエンコリのように生討論出来たが、日本側は有能な論客が数多く参加しており、中国側を圧倒していた。すると在日が参加してきて、朝鮮人ロジックで日本側を攪乱した。エンコリに参加していた日本人は朝鮮人の扱い方を知っていたが、北京放送の日本人は論は立つがオボコイ、人の良い日本人ばかりだったので好き勝手やられた。ボクなりに頑張ってみたが、管理人のLionが典型的チナ人で、日本側の的確な反論を全てカットしたので論争が成立しなかった。

     米軍の朝鮮人取説を、日本人は肝に銘じないと・・・

    【2017.02.07 Tuesday 21:25】 author :
    | 日本関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.11.12 Monday 21:25】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/2357
      トラックバック