<< 2276:オランダ管轄・バタビア裁判・第107号法廷/アンダスン諸島民400名監禁致死・鈴木事件 | main | 2277:オランダ管轄・バタビア裁判・第108号法廷/第2師団責任・丸山事件 >>
2275:オランダ管轄・バタビア裁判・第106号法廷/スマラン強制売淫・能崎事件
0

    戦犯裁判オランダ管轄バタビア裁判

     

    第106号法廷/スマラン強制売淫・能崎事件#69#107

     

    起訴理由概要:スマラン幹部候補生隊長として同隊附軍人及び同隊附勤務市民が、昭和19年3月及び4月スマランの各収容所及びアンバラワ収容所に抑留され在りし約35名の婦人を慰安所に宿泊せしめ売淫を強制し強姦し又不当に取扱った責任。

    起訴理由概要2:能崎清次は、ジャワ島スマラン所在の日本軍幹部候補生教育隊長であるが、部下に対する監督を怠り、且必要なる措置及び命令を行ふことを怠りたる結果、同隊附将校である池田省一大佐、岡田慶治少佐等が昭和十九年三月より同年四月頃までの間に於て、スマラン所在の「オースト」「ケダンガン」「ハルマヘラ」等の各抑留所及び「アンパワラ」所在の第四・第六抑留所等に抑留中の婦女約三十五名を将校倶楽部、スマラン倶楽部、日の丸、双葉荘等四ヶ所の慰安所に宿泊せしめて、日本軍人軍属を相手に売淫を強制し、または、強姦する等の不法の取扱ひをなしたが、能崎は前記部下将校等が如斯非違行為をなすことを知り、または、察知し得たるに拘らずこれを阻止せず黙認した。

     

    南方軍幹部候補生教習隊長兼駐屯地司令官・能崎清次中将・石川:49/02/18求刑死刑>51/8/29判決12年:弁護松本

    【2017.02.04 Saturday 15:40】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.04.06 Saturday 15:40】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/2275
      トラックバック