<< 225:リカバリー2010/10/11:「竹島周辺で銃撃戦の可能性」 安倍氏が明かす韓国海洋調査事件 | main | 227:リカバリー2010/10/13:無条件降伏要求は、対人道犯罪 >>
226:リカバリー2010/10/12:「日本は無条件降伏した」と思い込んでいた人は、「今まで騙されてたんか」と苦笑いして
0
     本ブログ:日本が無条件降伏していなかった意味・・・そこで、イタリヤ・フィンランド・ハンガリー・ブルガリア・ルーマニアに対する講和は、枢軸国側の批准が否定されていたわけではないが、米英ソ仏の批准で講和が成立する新方式となった。

     また、西ドイツに対しても、西側連合国による戦争終了宣言で、1951講和が成立した。

     東ドイツについては、当時すでにソ連は始末に負えない存在になっており、またソ連が従来方式の講和成立を主張していた事もあり、東西一括は不可能・東ドイツはソ連支配下の単独講和のような訳のわからない方式となった。・・・

     一方、日本との講和は従来方式の平和条約となっている。

     これは、無条件降伏した枢軸同盟国と異なり、日本はポツダム宣言条件を受諾して、有条件降伏したからである。

     参考:イタリヤがヘタリヤになったのは、米英が鬼畜だったからww


    「日本は無条件降伏した」と吹聴する特亜系日本人・・・だけじゃないんだけどね

     第一次大戦中は、無条件降伏を要求するなんて〜悪逆非道な国は無かったンだが、独が革命やら何やらでヤル気なくなって降伏前提の休戦となった。

     するとやっぱり米・ウィルソンが、実質無条件降伏扱いの好き勝手なこと言い出した。

     確かに調子に乗って言ってただけだったが、強硬なフランスに引っ張られて、結局、皇帝訴追、B級戦犯引き渡し裁判、高額賠償などが、独出席が認められない講和会議で決定され、批准署名が強制された。


     皇帝訴追は、従来は元首に対し他国の裁判権は及ばないという国際法慣習があり、反対意見も強く、留保付きで独皇帝の中立宣言国侵攻や住民殺害命令について対平和罪という名目で裁判が実施される事になった。

     しかし、当時でも国際法違反・戦争犯罪であった行為について、訴追が行われる事になったとしても、国家行為について個人を裁く国際法慣習は存在せず、裁判が実施されたとしても、刑の宣告や執行は行われず、従来通りの賠償や領土割譲に加算され決着したと思われる。

     その根拠として、一方的講和を強制された独だが、戦犯引き渡しを拒否し、ライプチヒ大審院で自前の裁判実施が認められ、確か無罪や軽微の罪で済ましてた筈。

     それは、米が第二次大戦後のヨ〜にまで調子に乗ってなかった事と、他の戦勝国も無条件降伏扱いに罪の意識を感じてたから、復讐裁判実施放棄と同様「独皇帝有罪!」とまではやらんかった可能性が高い。

     要点は、戦争終結の際は、戦勝国・戦敗国が同じテーブルについて、名目上は対等の立場で、相互利益の為に講和会議を実施し、戦争終結条約が成立したものであった。

     しかし、第一次大戦から、戦勝国が一方的講和条件を決定し、戦敗国に講和条約を強制する・・違法紛いの国家的犯罪行為が始まったのである。


     第二次大戦後は上述の通り、イタリヤ・フィンランド・ハンガリー・ブルガリア・ルーマニアについては、敗戦国軽視の米英ソ仏の批准で講和成立、西独に対しては西側連合国による戦争終了宣言で1951講和が成立した。

     これらは、従来の国際法慣習における、戦争の終結である講和条約と認めるには疑義がある・・・が、まあ措いとく。

     残る日本については、サンフランシスコ講和会議に敗戦国・日本が曲がりなりにも出席し、戦勝国と敗戦国・日本が批准・署名した旧来の講和形式で条約が成立している。

     つまり、第一次大戦より前の講和方式が復活したのである。

     それは何故かと言えば、日本が有条件降伏をしたからなんだよ。

     先入観なしにポツダム宣言を読めば、全日本国軍隊の無条件降伏宣言とその保障を政府に求める条件と共に、離脱する事も代わる事も無いと提示された降伏条件を受諾したのであるから、明瞭な有条件降伏である。

     武装解除(軍隊の無条件降伏)後に居直る気満々だった米だから、ワザワザ軍隊の無条件降伏宣言と同政府保障項目を入れたが、対独の場合は独暫定政府が無条件降伏したため、自動的に軍隊も無条件降伏となり、無条件降伏文書に対日と同旨項目は無い。

     ところがところが、お人好しの日本人は簡単に洗脳され、「無条件降伏」宣伝に簡単に騙されてしまったのである。

     だが、自分で考えてみる事さえ出来れば、また簡単に洗脳は解ける。

     だから、「日本は無条件降伏した」と思い込んでいた人は、「今まで騙されてたんか」と苦笑いして、日本人に戻ればいいんだね。

     問題は、特亜系日本人だ。

     「ポ宣を無条件に受諾したから、無条件降伏だった。」というのはマシな方で、「無条件降伏でも降伏後に条件交渉するが、ポ宣条件も同類・降伏行為自体が無条件降伏と同義・武装解除を求められ受諾したのだから無条件降伏」などなど、自己洗脳でますますドツボに嵌ってるヤツもいる。

     彼らは、御託を並べるのは得意だし、元来非を認める事が出来ない特亜の血の問題もあり、明らかに論理的に破綻していても、上から目線で攪乱主張をしつこく続けて来る。

     彼らは、意図自覚の有無とは無関係に、「無条件降伏」を浸透させて戦勝国の犯罪行為を隠蔽し、日本の「犯罪」を強調して、結果として特亜系のユスリタカリ支援を目的としているんだなwww。

     特亜系日本人批判の「無条件降伏要求は、対人道犯罪」につづくww。
    【2011.06.21 Tuesday 00:57】 author :
    | 無条件降伏 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.17 Wednesday 00:57】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/226
      トラックバック