<< 2197:慰安婦問題は、戦時性暴力事件ではありません。 | main | 2199:オランダ管轄・バタビア裁判・第16号法廷/チヒマ第2俘虜収容所虐待事件 >>
2198:櫻井よしこさんの国家基本問題研究所に入会・・・肩書の無い会員の権利は認められない、不満なら退会受理ww
0

     

     櫻井さんの日本への貢献度を考えれば、批判は難しい。しかし、国基研のスタッフというのは、櫻井さんの名声を己の力量と思い違いした傲岸不遜な輩ばかりのようだ。

     慰安婦合意破棄問題という時期的に、女性基金が拡散した「戦時性暴力乃至女性に対する人権侵害」という慰安婦問題の誤認識を正す目的で、慰安婦問題の戦争犯罪認定経緯を、600字制限を守って「ろんだん」に投稿したが、国基研では無知に加えて問題意識が低過ぎるスタッフが投稿採否を決定しているようで、無視黙殺され「ろんだん」に掲載されなかった。

     女性基金が、買春を戦争犯罪行為であったかのように史実を歪曲しても、当時合法で有り、戦争犯罪定義においても日本兵の誰一人、買春行為で戦犯起訴された者がいないというのが事実である。

     このような事情や、他の戦犯関連投稿を行ない根拠を示しても、国基研は全ての投稿を無視黙殺して会員の言論を封殺した。

     

     事後法・売防法以降の社会通念で日本兵を罰しようとする若しくは謝罪賠償しようとする前に、現在世界で営業している10万人以上と言われる韓国人売春婦の救済や売春合法国家の女性人権侵害を糾弾するのが先では無いのか・・・このように基本問題投稿の掲載が拒否されるのなら、『国基研は肩書の無い会員には「ろんだん」投稿を許さない。』と表示しておくべきであろう。

     

     肩書の無い会員が、マナーを守って根拠を示して投稿しても、会員として認めず黙殺された事に抗議、退会問い合わせすると、退会受理葉書が送付されてきた。結局、入会10日で退会する事になったw。

     ろんだん投稿の採否を担当するスタッフ、並びに問い合わせに対応するスタッフ、いずれも匿名で対応しているのだが、自分の氏名も公表せず、無礼な対応の責任を櫻井さんの権威に任せているだけの無責任体制で運営しているという事である。

     

     国基研というのは、肩書の無いカス会員には会費納入権以外は認めず、退会の自由は一応保障されている組織のようであるw。

     

    【2017.02.01 Wednesday 03:01】 author :
    | 日本関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.17 Wednesday 03:01】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/2198
      トラックバック