<< 2170:東京裁判判決を改竄する・・・史実を歪曲捏造する日本人02 | main | 2173:無条件降伏を防ぐために戦った事実を隠蔽・・・史実を歪曲捏造する日本人05 >>
2171:日本は国家無条件降伏した・・・史実を歪曲捏造する日本人03
0

    日本は国家無条件降伏した・・・史実を歪曲捏造する日本人03
    「東京地裁で無条件降伏が認定されている」という主張があるが、これは裁判官も史実を歪曲捏造している証明であって、無条件降伏を証明するものでは無い
    カサブランカで侵略国家の枢軸国群に国家無条件降伏を要求したローズベルトは、無法な侵略国家に従来の国際法慣習を認めず、講和会議・交渉を認めなかった。その結果、連合国とドイツ以外の枢軸国、イタリア・フィンランド・ハンガリー・ブルガリア・ルーマニア間の講和は、戦中にドイツに宣戦布告して国家無条件降伏を免れようとしたが認められず、これら枢軸国の講和会議は省略され、講和条約に代わるパリ条約は、枢軸国の批准は否定・拒否しないが、米英ソ仏の批准で発効する連合国の平和宣言形式で戦争終結した。また、連合国に全土を蹂躙され国家無条件降伏したドイツとの講和は、1951年の連合軍戦争終了宣言形式であった。
    カイロ宣言で「日本国ノ無条件降伏ヲ齎ス」と宣言されていた日本だけが、ポツダム降伏条件を提示され、ポツダム宣言第13項「日本國政府ガ直ニ全日本國軍隊ノ無條件降伏ヲ宣言シ且右行動ニ於ケル同政府ノ誠意ニ付適當且充分ナル保障ヲ提供」という日本軍無条件降伏で停戦し、講和会議を経てサンフランシスコ講和条約が批准されるという旧来の国際慣習に従い戦争終結した。以上は、ブリタニカに記載されている一般常識でありながら、侵略国定義撤回の事実隠蔽のため、日本人が無条件降伏への歪曲捏造に協力しているのである。

    【2017.01.12 Thursday 18:08】 author :
    | 反日バイアスに嵌まった日本人には理解出来ない真実の歴史 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.08.23 Wednesday 18:08】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/2171
      トラックバック