<< 2169:合法売春を戦時性暴力に・・・史実を歪曲捏造する日本人01 | main | 2171:日本は国家無条件降伏した・・・史実を歪曲捏造する日本人03 >>
2170:東京裁判判決を改竄する・・・史実を歪曲捏造する日本人02
0

    東京裁判判決を改竄する・・・史実を歪曲捏造する日本人02


     村山談話は、アジア侵略と植民地支配を謝罪反省し、日本政府はこれを踏襲してきた。しかし東京裁判判決に、アジア侵略・植民地支配の有罪判決は存在しない。これは判決概要を見るだけで解る事だが、一般常識からいっても「当時のアジアは欧米植民地であったためアジア侵略では無く欧米侵略であった事」「植民地支配していた国々が管轄した裁判において、植民地支配有罪判決がある筈が無い事」ぐらいは解るだろう。
     東京裁判における侵略有罪判決は、欧米のアジア植民地侵略、ソ連の国境局所侵略、旧清国領土の満州侵略、支那事変緒戦の上海から南京までの中国侵略は無罪、南京攻略後の継続戦争から中国侵略有罪になった。当然ながら、他国を占領すれば日本の植民地支配と看做す国際法は存在せず、欧米のアジア植民地に対する侵略は、アジア侵略では無く欧米に対する侵略として有罪になった。また朝鮮侵略は審理対象にならなかった。

     村山談話は、女性基金の村山理事長挨拶文から、朝鮮併合を植民地支配の侵略と位置付け日本人の罪責感に訴えて朝鮮人慰安婦に賠償させる意図が読み取れるが、このような歴史認識に関する談話批判では無く、憲法98条に基づく違憲失効談話である点を指摘したい。
     講和条約11条により受諾義務がある東京裁判判決を歪曲捏造する村山談話は、憲法98条の条約誠実遵守義務に違反し、村山談話は効力を有しない。

    【2017.01.11 Wednesday 02:08】 author :
    | 史実を歪曲捏造する日本人 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://stomach122.jugem.jp/trackback/2170
    トラックバック