<< 1849:ニューギニア戦豪兵捕虜1名処分事件 | main | 1851:日本の憲法学者の大半は、学者でも無いただの反日プロパガンダ−に過ぎない。 >>
1850:世界を驚かし、チナが嫌がる対抗遺産申請手段
0

    ”日本の拠出金停止”に、ユネスコ打撃必至!?

     今日本がヤレるこたぁ、ナンだ?
    天安門・文革登録申請?
      ただチナが嫌がる事だけ、やれば良いってか?
     こんな浅慮な連中の思いつきは、日本の役には立たない。
     
     天安門や文革は、世界が知ってる。戦略も無しにやるのは特亜とオンナシw。
     具体的にどうするかは、世界が知らんことを遺産対抗申請しろヤw。
     
     上海事変の時、日本軍が何をやってたかと言えば、中国民間人の避難誘導だ。中国では、混乱時にチナ軍や匪賊盗賊が民間人を襲撃する。不要な混乱は戦闘の邪魔にもなるから、日本兵が中国民間人を護衛しながら避難させた。これは日本でも写真報道されたが、欧米も転載したはずである。
     戦闘前に、敵民間人の安全確保をしたのは日本軍だけ。
     南京では民間人30万人を大量虐殺したというのに、その直後の黄河決壊でも、チナ軍追撃を放棄してまで、また敵民間人を救出している。
     この救出作戦も新聞報道されている。
     
     南京虐殺が遺産登録された今なら、前後のトモダチ作戦も遺産登録確実だろw。
     前後に、人道的行為で敵中国人に賞賛されていた日本軍が、南京でだけ非人道的大虐殺をしていた。・・・ならば、前後の人道的行為が注目され、逆に南京虐殺って、ホンマか?になる。チナの遺産申請がヤブヘビだったと思わせる方が、世界を驚かし、チナが嫌がる対抗手段である。

    【2015.10.17 Saturday 01:38】 author :
    | 日本関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.08.10 Friday 01:38】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1850
      トラックバック