<< 1844:日本人の大半は、慰安婦問題の犯罪性について、本質的理解が欠けている。 | main | 1846:豪兵俘虜収容所虐待事件 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2019.04.06 Saturday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - | - |
    1845:渡辺謙、このオッサンはもうボクの中では消え去ったw。
    0

      渡辺謙「戦争の悲惨さ、無意味さをきちんと知ることが大事だ」「日本人は過去の戦争についてあまりにも知らない。」

       ダンボのアニメに涙してた頃からのファンだったが、一度のヘマでも許せないヘマだから、このオッサンはもうボクの中では消え去ったw。

      クリントさんが語らせた渡辺謙閣下の硫黄島守備方針
      「そもそもこの島の防衛自体、いやさらには、
       この戦自体無理な事なのかもしれません。
       しかしだからと言って、諦めるのですか。
       われわれはこの島を死守しなければなりません
       最後の一兵にいたるまでです。
       我々の子供らが、日本で一日でも長く、安泰に暮らせるなら、
       我々がこの島を守る一日には意味があるのです。」
       
       
      クリントさんの御言葉
      「若い日本兵たちは島へ送られたとき、十中八九、生きては戻れないことを知っていました。
       彼らの生きざまは歴史の中で描かれ、語られるにふさわしいものがあります。
       私は、日本だけでなく世界中の人々に彼らがどんな人間であったかをぜひ知ってほしいのです。
       ・・・戦争映画の多くは、どちらかが正義で、どちらかが悪だと描いていました。しかし、人生も戦争も、そういうものではないのです。私の2本の映画も勝ち負けを描いたものではありません。戦争が人間に与える影響、ほんとうならもっと生きられたであろう人々に与えた影響を描いています。どちらの側であっても、戦争で命を落とした人々は敬意を受けるに余りある存在です。 だから、この2本の映画は彼らに対する私のトリビュートなのです。」
       
       クリントさんと渡辺謙、品格が違いすぎるww。

      【2015.10.05 Monday 21:03】 author :
      | 日本関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        【2019.04.06 Saturday 21:03】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://stomach122.jugem.jp/trackback/1845
        トラックバック