<< 1839:なぜ「敗戦」と言わずに「終戦」と言うのか その理由を考察・・・東京新聞の長谷川氏、一部要約 | main | 1841:北岡君、日本を侵略国家にする気かね >>
1840:小川榮太先生インタビューの感想
0

    http://www.kkbooks.jp/…/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E6%A6%AE%E5%A4%…/


     試し読みを見た限り、読み易そうな文体で、かつ左右どちらにも中立的な内容のようなので、お勧めではないかw。
     ただ、私が読むかと言えば、目次を見た限りでは、正直興味は湧かない。
     ルーズベルトが、枢軸国に要求した国家無条件降伏に触れているような流れになっていないようなので・・・
     FBFの佐橋さんは読まれるようなので、もし触れられていると教えて頂いた場合は、アマゾン発注しますw。
     大半の日本人が、日本にC級人道犯罪の適用が無かったことの意味と重要性について、全く理解していないように、枢軸国に国家無条件降伏が要求されていた意味と、日本のみ降伏条件を提示され軍無条件降伏を受諾して停戦したことの重要性を全く理解していない論者の主張を読むのは、私自身の経験では無駄な部分が多いと思うw。

     WWI後に、日本を含む15人委員会が戦犯処罰を討議した際、戦争惹起について個人責任を追及するか否かの議論において、日米が処罰に反対した。独裁国家ではない立憲君主国の日本が、国家行為に個人責任を追及する事に反対するのは判る。米の反対は、当時の国際慣習として正当であったが、そんな米がWW2では、A級戦犯の個人責任を追及した。
     古来戦争を繰り返してきた欧州は、戦争慣れしているから常識的な判断をする。例えば交戦法規で、俘虜を捕らない宣言を禁じているのは、必死で抗戦させることを防ぎ、双方に不要な戦争被害を抑制する意味がある。しかし米国ヤンキーは、南北戦争時に南軍に無条件降伏を要求した。無条件で降伏すれば、降伏側は交戦法規遵守を要求出来ても、戦勝国に遵守する義務は無い。軍民が虐殺され、交戦法規に違反する憲法を押し付けられても従うしかない。だから、枢軸国は、ドイツに宣戦布告してでも国家無条件降伏を免れようとした。
     日本軍が降伏を忌避したのは、日本側の心理的事情もあるが、自軍の弾薬食糧の欠乏だけで無く俘虜に与える物品もないのに俘虜を宣誓解放したり、敵軍と解放交渉出来なかったのも、米国の無条件降伏要求に拠る処が大きいと思う。
     確かに、日本は降伏自体が恥辱だったので戦争馴れ欧州の枢軸国ほど、国家無条件降伏要求の意味や問題に気付いていなかったかもしれない。
     しかし、ポツダム宣言が提示されたということは、日本は枢軸国に対する侵略国定義を免れたという事であり、東京裁判を含め、非常に重大な意味がある。
     従来方式の講和条約により戦争終結したのは日本だけだった意味を考えられていない歴史本であったとしたら、私と、今後の日本にとってもあまり価値はない。
     
     「侵略戦争史観」にも「アジア解放史観」にも偏らない中立の立場の書籍だという。
     しかし、それを中立と言っていいのかには疑問がある。常連さんはご承知の通り、アジア解放支援を停戦協定違反の名目で数十名単位の日本人が戦犯処刑され、戦中のアジア解放支援行為で千名単位、解放独立戦争従軍、または従軍前に拘束された日本人が各々千名単位で処刑されている。
     この事実は史観では無くB級戦犯裁判判決という史実である。史実尊重の立場に立たないことを中立と言えるのだろうか?
     
     1937年から1945年までの戦争史で「昭和の戦争」の全体像がつかめる、とインタビュアーは持ち上げている。実裁判を歪曲捏造した「東京裁判史観」では「満州事変」から侵略の15年戦争と認識させている」という指摘はほぼ正しいが、東京裁判の史実は1928年の張作霖爆殺から侵略認定している。「一時期平和も続いていた」というのは、事変後の停戦協定で日中間では公使が大使に昇格し、中国満州間では通商関係が成立し、満州事変が二国間協定で終結していた時期を言うのだろう。しかし、その間も、中共は対日宣戦布告し排日テロは続いていたし、日本も満州の安全保障のため華北工作などをやってるのに、平和だったと言えるのだろうか?
     
     過去に国際法上終結し、一時期平和が続いた事もあると認識している過去の戦争について、別の戦争の報復として侵略と定義し懲罰されている・・・国際条約や法慣習を完全否定している方が問題じゃないのだろうか?
     それなのに「満州事変そのものは明らかに日本側の責に帰する」って、イミフだわ。テロをするわ、国際協定を無視して満鉄に平行線を作るわ、条約チャラ要求したり、やりたい放題やってた方の責は気にしないのねw。張作霖爆殺にしたって、陰謀論の話じゃ無く、爆殺がどちらの国益になったのだろうか?
     東清鉄道問題で満州に侵攻したソ連軍は、自衛戦争とされているのに、日本軍が満州侵攻すれば「日本側の責に帰する」って、リットン報告だって日本の満州特殊権益は認めていたのにw。

    【2015.08.14 Friday 21:54】 author :
    | 東京裁判 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://stomach122.jugem.jp/trackback/1840
    トラックバック
    マスコミ 46
    ユダヤ陰謀論で読み解く226事件の謎 http://propagandawar.info/226-jewkasetu/ 小川榮太?インタビューの感想 http://stomach122.jugem.jp/?eid=1840 マイク・ホンダは朝鮮人 日系人という大嘘の証拠はこれだ http://abarenbouzamurai.blog.fc2.com/blog-e
    | 邪馬台国 下関 | 2015/08/15 12:57 AM |