<< 1811:拱手について | main | 1814:東京裁判判定 松井石根関係 >>
1812:村山富市「日本が韓国や中国に対して行った植民地支配と侵略は否定できない歴史的事実」
0

    3/2付け、チナ人民網報道 
    > 日本の村山富市元首相は28日、「安倍談話」が「植民地支配と侵略」などに関する「村山談話」の表現を変更する可能性があることについて、「日本が韓国や中国に対して行った植民地支配と侵略は否定できない歴史的事実であり、こうしたキーワードを欠いた安倍談話は日本に対する世界の疑念と不信を招く」と表明した。

     

     村山にしても、河野にしても、自身の思い込み歴史認識を表明しているだけなのに、真理を主張していると思い上がって、如何に日本の国益を毀損し、日本人に被害を与えているかという事実認識が全く欠けてしまっている。
     ただ、これを批判しているFBの人々も、自身の歴史認識に反する村山らの言動を批判しているだけでは、単に歴史認識同士の衝突に過ぎない。何らかの根拠を持った論理的主張でなければ、声が大きなものが勝利するだけなのだが、日本人が思い上がって劣化しつつあり、論理的に主張を争うという事が出来なくなっている。
     ネットで中途半端な罵倒表現を覚えて、視野狭窄などと人格攻撃するのは、論理的反論放棄を表明する事でバカ以外の評価は有り得ないWWW。
     
     村山のように、民主主義のシステムで選ばれた安倍総理の談話批判乃至牽制を、一党独裁国家チナの人民網で述べるというのは、批判者を粛清排除する共産党システムの信奉者であると公言したようなものである。
     また、「日本が韓国や中国に対して行った植民地支配と侵略は否定できない歴史的事実」などと言っているが、村山は当時敗訴確実だった慰安婦賠償訴訟に代わって、女性基金から実質賠償させるために、女性基金設立発表にあわせて植民地支配に韓国を含めた侵略とする村山談話を公表し、日本人の罪責感に訴えようと謀った。

     しかし、国際法学会の結論が出ている通り、日韓併合は植民地支配では無く国際法上合法の併合という評価が歴史的事実であって、EU統合において、ドイツがギリシャを植民地支配・侵略したとは言わないのと同じである。
     また、植民地支配というが、欧米植民地であったアジア諸国に進攻、占領したからといって日本の植民地になるわけでは無い。旧宗主国であった欧米が日本の植民地と認める条約に調印しない限り、国際的効力は無い。従って、保守系が主張する植民地解放は、戦争目的として誤りでは無いが、植民地解放はアジア諸国自らと欧米との条約により成立している。
     
     そして、中国侵略については、上海に日本軍主力が上陸し、当時の首都南京を占領しても、東京裁判は日本の侵略行為を無罪としたのが歴史的事実である。
     村山のいう歴史的事実とは、中韓により歪曲捏造された歴史であり、日本人を騙し続けているのであるが、日本人が東京裁判判決を見直す事もしないほど劣化しているため、未だに妄言を続けていられるのである。

    【2015.03.04 Wednesday 03:35】 author :
    | 村山談話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.17 Wednesday 03:35】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1812
      トラックバック