<< 1774:戦犯裁判:中華民国管轄・広東裁判:第1号法廷/情報員逮捕処刑事件 | main | 1776:戦犯裁判:中華民国管轄・広東裁判:第10号法廷/北部仏印南支那軍第一憲兵隊間諜酷刑事件・山田恒義憲兵軍曹ケース >>
1775:戦犯裁判:中華民国管轄・広東裁判:第29号法廷/軍夫虐待惨殺事件
0

    戦犯裁判中華民国管轄広東裁判

     

    第29号法廷/軍夫虐待惨殺事件


    起訴理由概要:軍夫虐待惨殺

    独立輜重第59大隊・外山久二中尉・大阪・昭和高等商業卒・25歳:48/3/5判決死刑>22/10/13確認>47/10/16銃殺
    ・龍常一軍曹・大阪:48/3/5判決10年>22/10/13確認7年
    ・原定夫兵長・神奈川:48/3/5判決10年>22/10/13確認7年

     


    手 紙
    私も手紙を書き得るのは恐らくこれが最後となるだらうと思ひます。3月5日に死刑の判決を受けて以来既に2ヶ月余此処に改めて遺言することもありません。..我々戦犯が中国側から如何なる裁判を受けたか又それに対して敗戦国民としてそれを甘受せざるを得なかった事情、全く一方的な押しつけに対しても敗戦国の悲しさ一言の文句も云ひ得ず、仮にそれを云ひ得ても何ら取り上げられざりし事情等はいづれ日本にも聞える事と思ひます。「力こそ正義なり」と言ふ言葉を如実に体験しました。日本は今着々復興されつつあるとの事を風聞致して居りますが力強い限りです。此上私が願ふことは祖国の速やかなる復興と発展のみであります。大連から両親が還りましたならば父には「元気で逝く」と申してゐたとお伝へ下さい。お二方の御健康を御祈りして筆を擱きます。



    父母上に
    生もなし死もなし賤が蒼生(たみくさ)は
    ただ大君と共にあるなり
    春日射す座敷に寝ねて裁縫の
    母に強いたる昔話(はなし)恋ひしも
    科なくて逝きし友等に天神の
    雷(いかずち)怒り宵なり止まず
    故郷は稲田水張りうねかへし
    父母は今宵も吾を待つらむ

    【2014.09.07 Sunday 06:35】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.06.04 Tuesday 06:35】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1775
      トラックバック