<< 1759:戦犯裁判:中華民国管轄・漢口裁判:古川武憲兵曹長ケース | main | 1761:戦犯裁判:中華民国管轄・上海裁判:第87号法廷/遊撃隊員逮捕殺害事件 >>
1760:戦犯裁判:中華民国管轄・上海裁判:第86号法廷/遊撃隊員逮捕殺害事件
0

    戦犯裁判中華民国管轄 上海裁判

     

    第86号法廷/遊撃隊員逮捕殺害事件

     

    起訴理由概要:掌附憲兵分隊在職中、我が遊撃隊員を逮捕して殺害した。

     

    上海憲兵隊崇明島憲兵分隊・大庭早志憲兵曹長・福岡:48/1/22判決死刑>48/4/8銃殺


    遺書
     崇明島の憲兵長として服務中部下の取り扱いたる事件又は小生の全く夢想だにせざる事件を持出して、之の責任者として責任を転嫁せられたるもの、然しあきらめて下さい。国に奉公致したる所以であります。敗戦が原因であり、又運命でありませう。然し自分一人ではありません。此の如き犠牲者は幾多もあります
    又此の悲報を知り隣近所の人は何か悪い事をしたのではないかと思われ又陰口などを聞く事ではないだらうかと思って居ります。

    生も死も短い命であります。春の彼岸の入り頃には死の執行が必ずあるに非ずやと思って居ります。其の時にも私は日本軍人たるの体面を重んじ正々堂々と臨み、春彼岸桜の花の散ると共に大陸の地において此の幸の華と散って行きます。

    富子よ、力を落とすでないぞ。又来る春もあるであらう。兄さんは斯うして死んで行くが、魂は遺書と共に帰る。待っていて呉れ。

    日記<暗黒の世界>
    3月7日 日曜日
    自分は決して生きて帰ろうと言ふが如きは一寸も考へて居ない。日本軍人として如何に立派に死んで行くかが問題である。現在自分は人事を尽すべき総ての事は終って居る。呼出して来られたら其れが最後である。何時も午前中は今日ではないかと座って待って居る。其中呼びに来た際には「あーそうか」と言って立って行き、現場に於て遺書を一つも書き煙草の一本でも吸って落着き吸殻を足の先で踏みつぶして、最後に刑場の椅子に座り「よし」と言ふ合図で撃たせる予定である。日本軍人の華の美しい処を見せてやりたい。戦争に負けても武士だ。死ぬことは何も恐れぬ。殺さば殺せ。


    3月8日 月曜日 晴
    昨夜うたた寝をして風邪を引いた様だが寝て居る訳には行かぬ。死を前にして居ることにて全く忙しいのである。今日来た便りの返事を書いた。永い間来なかったので一度に沢山来て返事を書くのも大変である。生まれてから便りも相当書いたが現在の如く便りを書いたのは始めてであった。我等は特に死刑を執行されるのであるから同情も幾多あると思って居るが死刑囚と言うものが斯くの如き気持ちで忙しいと言ったら実におかしいのである。
    <仇を愛する愛、これは斯く軽々に口にのぼせ得る程容易な事であろうか>

    3月10日 水曜日 晴
    今日2時30分中国人一名漢奸として刑を執行されたと聞く。
    今日は3月10日陸軍記念日である。(略)
    今日は最後であると思って小指を切って日章旗を作った。血が出る出る。日章旗のみを作るのは勿体ない。人間と言うものは度胸がないとか何とか言うがやらないから出来ないのであって、やれば何でも出来るものである。俺の本当の魂といふものは遺血日章旗に依って表はれているのである。髪等が何になるか、遺書(品)として残すものなれば当然自分に痛みを感じて残すものがいいのではないか。

    3月15日 月曜日
    野間久保江両氏共に笑って出て行かれた。其態度は実に立派だ。日本軍人の華である。絶賛に値する。死刑場に於いて「海行かば」を歌って行かれるのである。死に際と言う事は絶対に大切なものである。

    戦争中名誉の戦死といって天皇陛下万歳を唱えて死んだ者と戦後戦勝国の裁きに依って責任を押し付けられて死んで行く我々と何れが容易な死に方であろうか。死ぬ点に於いては銃声一発であるから何等変わりはないが其れ迄に到るのが大変である。ああ我が友よ。今日も未だ生きて居たかと、共に涙す。
    【2014.09.05 Friday 02:22】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.04.06 Saturday 02:22】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1760
      トラックバック