<< 1746:集団的自衛権行使 元米海軍大将の見解「軍国主義復活という根拠のない非難は退けるべきだ」 | main | 1748:侵略の定義 >>
1747:戦争放棄とか自衛戦争限定とか、国連や講和条約も認めている集団的自衛権を云々とか、歴史を知らない机上の戯言はもう止めるべき。
0
    9条の基になった不戦条約の理念を無視して、日本を無力化させ、敵国の侵略を支援するための9条を擁護しようとする主張はウンザリ。
    不戦条約は自衛戦争以外を非としているが、この自衛戦争には敵国領に先制進攻しても、進攻国が自衛戦争主張すれば非とはされないザル条約であった。確かに9条はザルの穴を埋めるものではあるが、日本一国だけの規定では日本にとって有害でしかない。
    自衛権だけを主張する者は、路上で抜き身の青竜刀を持って徘徊している男がいても通報しない。その男が家に入り込んで「明の時代から自分の所有物だ。話し合いをしてやる。」と言われてから、自衛力とは攻め込まれてから行使するのでは被害が大きくなるのだと後悔しても遅い。国際社会には通報先の警察機構は無い。自衛限定では被害は防げない。
    不戦条約が非とする戦争は、WW気領磴ら中立宣言国への進攻である。WW兇砲いて日本に条約違反は無い。
    一方連合国は、対独戦のため、対日戦のために中立国に侵攻しても不戦条約違反に問われることは無かった。
    勝てる戦争以外は放棄する、これが結論なら、勝つための集団的自衛権なら容認当然。
    【2014.05.14 Wednesday 20:02】 author :
    | 日本関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.04.06 Saturday 20:02】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1747
      トラックバック