<< 171:イギリス管轄:ペナン裁判:ペナン島粛清事件など一括事件 | main | 173:アメリカ/ 東部軍憲兵隊搭乗員俘虜薬殺事件 >>
172:アメリカ/ 東部軍憲兵隊搭乗員俘虜虐待致死事件:東京憲兵隊事件
0
     戦犯裁判アメリカ管轄・横浜裁判


    #294・#295・#310/東部軍憲兵隊搭乗員俘虜虐待致死事件:東京憲兵隊事件

     東部憲兵隊(東京憲兵隊)司令部(東京都千代田区九段)が拘禁した搭乗員俘虜が、劣悪な衣食住環境により疾病等に罹った事件。
     同上、
    搭乗員俘虜傷病者について治療懈怠し、17名を死に至らしめた事件。
     同上、
    搭乗員俘虜暴行虐待事件。



    戦犯裁判は、1948/05/24〜10/13

     東部軍・
    藤野鸞丈中佐 懲役5年
     東部軍・和知信重少尉 懲役8年
     東部軍・根本常少尉 懲役3.5年
     東京憲兵隊・杉原栄一憲兵少佐 懲役5年
     東部軍軍医部・川野正二軍医少将 無罪
     東京憲兵隊長・大谷敬二郎大佐 俘虜虐待による傷病致死で、上野憲兵隊事件と併せて懲役10年・・・であった。


     判決は、起訴内容に比して軽微なものとなっている。

     虐待に加えて、17名の俘虜が死亡しているのであるから、被告全員死刑でも当然の筈なのに、最高懲役8年、無罪の者もいる。

     これは、当時の日本国内の食糧事情や医薬品事情から、劣悪な環境にあった一般日本人に比して、俘虜虐待とは言い難かったためと思われる。

     しかし、米側検察・裁判官の人柄によって、同種事件の判決に軽重があるんだから、そこら辺も問題あったわな。
     
    【2011.06.15 Wednesday 18:04】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.07.07 Friday 18:04】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/172
      トラックバック