<< 1635:慰安婦について「筆舌に尽くし難い思いをされた」という表現には非常に違和感がある。 | main | 1637:資料…日本で嫌韓世論燃える 最大の理由は韓国の吐く「嘘」にあり >>
1636:中国侵略は朝日新聞と在日朝鮮人記者と反日日本人により深く浸透した。
0
    慰安婦問題は朝日新聞と反日日本人により浸透した。
    中国侵略は朝日新聞と在日朝鮮人記者と反日日本人により深く浸透した。
    百人斬り名誉毀損訴訟で。銃殺判決の証拠になった武勇伝記事まで虚偽提訴したと知って弁護団には遺族を勝訴させる意思が無いのではないかと感じた。南京虐殺被害者名誉毀損訴訟で被害証言に嘘や矛楯があろうと明白な証拠が無ければ名誉毀損という判決が地裁高裁で複数出ているのに、これを無視して本勝の市民虐殺記事が名誉毀損の証拠となる武勇伝記事まで訴えたら自ら合法的戦闘行為・名誉毀損の証拠を虚偽だと訴えているのだから名誉毀損が認められる筈が無い。振り回されただけの遺族らはホント可哀想。勝訴すれば日中関係への影響が大きいのが原因か。
    そもそも戦闘行為の定義が日中で異なるから正しい判決になったとしても中国には理解出来ない。
    日本軍の目的は戦争に勝つ・作戦を成功させるという事だが、兵站機能の無い中国軍の場合は略奪暴行強姦である。機関銃トーチカに日本刀で斬り込むから日本では武勇伝になるが中国軍の戦闘は三光の成功率の評価が武勇伝となる。戦中から国共内戦は始まっていたが共産地区には軍を守るように村々を点在させていた。民国軍による三光の被害が大きいため周恩来らが村々を守れるように配置しようとしたが毛沢東は認めなかった。三光をやらせておけば敵の進軍が遅れ略奪品が多ければ進軍を止める事もあり、共産軍に利があるからである。
    中国侵略説に対抗するには中国に於ける戦争犯罪を検証し、反日日本人を排除する事である。
     
    【2013.11.10 Sunday 02:15】 author :
    | 中国関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.04.06 Saturday 02:15】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1636
      トラックバック