<< 161:アメリカ/ 武士道裁判・墜落B29搭乗員殺害事件 | main | 163:オランダ管轄:モロタイ裁判:独立運動支援事件 >>
162:アメリカ/ 東海軍軍律会議事件・墜落B29搭乗員死刑判決事件
0
    戦犯裁判アメリカ管轄・横浜裁判

    #251/東海軍軍律会議事件・墜落B29搭乗員俘虜死刑判決事件

     1942/4/18のドゥリットル空襲で、名古屋はB25-2機の銃爆撃により死者8名・負傷31名の被害を出しているが、B29による本格空襲が始まったのは、1944/12/13からである。
     
     当初、米軍の主目標は軍需工場であったが、市街により大きな被害が出ている。
     
    1944/12/13・13:50、B29-70機による三菱発動機第四工場・市街地爆撃、焼失家屋264戸・罹災者811名・死者330名・負傷者356名
    1944/12/18・4:37、B29-1機による三菱航空機大江工場・造船所など爆撃、焼失家屋13戸・罹災者名・死者0名・負傷者46名
    1945/12/18・13:00、B29-70機による市街地爆撃、焼失家屋323戸・罹災者1,211名・死者334名・負傷者207名
    1944/12/22・13:50、B29-62機による三菱発動機第四工場・市街地爆撃、焼失家屋3戸・罹災者10名・死者0名・負傷者3名
    1944/12/31・0:10、B29-1機による山林爆撃で、被害なし
    1945/1/3・14:46、B29-70機による学校・病院など・市街地爆撃、焼失家屋3,588戸・罹災者16,336名・死者70名・負傷者346名
    1945/1/4・0:47、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋4戸・罹災者10名・死者4名・負傷者5名
    1945/1/8・1:20、B29-1機による学校・市街地爆撃、焼失家屋15戸・罹災者60名・死者1名・負傷者7名
    1945/1/8・20:03、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋18戸・罹災者53名・死者1名・負傷者2名
    1945/1/9・0:38、B29-1機による学校・市街地爆撃、焼失家屋26戸・罹災者149名・死者1名・負傷者9名
    1945/1/9・1:20、B29-1機による山林爆撃で、被害なし
    1945/1/9・13:30、B29-20機による市街地爆撃、焼失家屋29戸・罹災者117名・死者2名・負傷者7名
    1945/1/14・14:50、B29-60機による三菱航空機大江工場・市街地爆撃、焼失家屋194戸・罹災者694名・死者94名・負傷者98名
    1945/1/15・23:28、B29-1機による山林爆撃で、被害なし
    1945/1/16・2:28、B29-1機による市街地爆撃、負傷者2名
    1945/1/16・18:40、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋4戸・罹災者20名・死者1名・負傷者6名
    1945/1/18・19:45、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋1戸
    1945/1/23・5:20、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋112戸・罹災者504名・死者23名・負傷者65名
    1945/1/23・14:50、B29-70機による三菱発動機第四工場・市街地爆撃、焼失家屋4戸・罹災者10名・死者4名・負傷者5名
    1945/1/24・0:42、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋5戸・死者51名・負傷者4名
    1945/1/25・21:40、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋64戸・罹災者375名・死者4名・負傷者65名
    1945/2/2・22:25、B29-1機による市街地爆撃、大府町の被害不明
    1945/2/11・23:17、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋9戸・罹災者40名
    1945/2/12・1:40、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋78戸・罹災者402名・死者28名・負傷者21名
    1945/2/15・14:15、B29-60機による三菱発動機第四工場・学校・市街地爆撃、焼失家屋709戸・罹災者3,755名・死者61名・負傷者52名
    1945/2/21・、B29-1機による市街地爆撃で、被害なし
    1945/2/25・0:10、B29-1機による山林爆撃で、被害なし
    1945/3/3・0:10、B29-5機による市街地爆撃で、焼失家屋1戸・負傷者1名
    1945/3/4・7:26、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋1戸・罹災者24名・死者1名・負傷者19名
    1945/3/6・23:35、B29-12機による市街地爆撃、焼失家屋25,734戸・罹災者105,093名・死者519名・負傷者734名
    1945/3/12・0:20、B29-200機による学校・刑務所・寺社など・市街地爆撃、焼失家屋27戸・罹災者116名・死者2名・負傷者3名
    1945/3/12・9:50、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋3戸・罹災者13名・死者7名・負傷者23名
    1945/3/14・13:05、B29-1機による市街地爆撃、被害不明
    1945/3/18・21:05、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋1戸
    1945/3/19・2:00、B29-230機による寺社・市街地爆撃、焼失家屋39,893戸・罹災者151,332名・死者826名・負傷者2,728名
    1945/3/25・23:56、B29-130機による三菱発動機第四工場・市街地爆撃、焼失家屋7,066戸・罹災者35,911名・死者1,617名・負傷者770名
    1945/3/31・22:06、B29-27機による三菱発動機第四工場・市街地爆撃、焼失家屋185戸・罹災者749名・死者29名・負傷者9名
    1945/4/6・12:35、B29-1機による市街地爆撃、焼失家屋4戸・罹災者?名・死者5名・負傷者53名
    1945/4/7・11:00、B29-160機による三菱発動機第四工場・駅・市街地爆撃、焼失家屋5,191戸・罹災者17,139名・死者302名・負傷者133名
    1945/5/8・11:20、B29-1機による水田爆撃で、被害なし
    1945/5/14・8:00〜9:20の名古屋空襲、B29-440機(480機・520機説あり)による市街地爆撃、焼失家屋21,905戸・罹災者66,585名・死者338名・負傷者783名

     上述した爆撃は、民間人被害から判る通り明白な戦争犯罪である。

     特亜系日本人は、米機搭乗員俘虜に対する虐待ばかり主張したがるが、東海軍管区で無辜の民間人を13,000名以上爆殺している重大戦争犯罪人が処罰されなきゃオカシ〜だろ。
     
     然るに、1945/4/7日本軍戦闘機の体当たりにより名古屋市名東区猪高町に墜落したB29俘虜3名や、1945/4/24日本軍戦闘機の攻撃により海上に墜落した2機のB29俘虜4名は、三菱発動機第四工場など軍需工場を主目標に爆撃した一般俘虜として扱われ、戦後に無事帰国している。
     
     しかし、1945/5/14の名古屋大空襲の際に、名古屋市西区児玉三丁目に墜落した4名と伊勢湾に墜落した7名(別に東京移送後焼死した1名・海軍俘虜となり生存帰国した2名あり)は、東海憲兵隊により東海軍司令部(名古屋城内)に連行された。

     焼失家屋21,905戸・罹災者66,585名・死者338名・負傷者783名の被害を与えた彼らは、7/11に東海軍の軍律会議において2時間ほどの審理の後、無差別爆撃を理由として11名全員が死刑判決を受け、翌日、東春日井郡小幡ケ原射撃場で斬首処刑されている。
     
     国際法上、全く正当な軍律会議であるが、戦後この軍律会議自体が戦争犯罪として訴追される事となった。
     
      
    戦犯裁判は、1948/1/22〜1948/3/4
    検察官 伊藤信男法務少佐 死刑(再審無期)
    審判官 松尾快治少佐 懲役20年(再審19年)
    陪席審判官 山東広吉法務中尉 懲役20年
    陪席審判官 片浦利厚中尉 懲役15年(再審14年)・・・であった。


     再審で減刑され、死刑者を出さなかったのはせめてもの…だが、名古屋大空襲で民間人を大量虐殺した重大戦争犯罪人に対する正当な軍律会議そのものを「戦争犯罪」として訴追したんだから、米ってのはトンデモナク図々しい奴らだよ。
     ただそんな後ろめたさがあったから、再審死刑回避となったのだろうがね。
    【2011.06.10 Friday 20:23】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.10.27 Friday 20:23】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/162
      トラックバック