<< 1599:資料…韓国】「日本の植民地支配はホロコースト並の魂への虐殺」“言論の知性”中央日報キム論説委員と若宮・前朝日新聞主筆が対談 | main | 1601:資料…宮島理:在日に対する「ふつうの感覚」を破壊し、在日を神話化した朝日新聞が、今日のヘイトスピーチを生み出した >>
1600:資料…【ZAKZAK】中国の反日プロパガンダに日本は日清戦争の頃から悩まされた…言われたら言い返す“倍返し”の弁明が必要だ
0
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi
    /news4plus/1380262937/l50

    1 名前:ニライカナイφ ★ 投稿日:2013/09/27(金) 15:22:17.23 ???
    ◆中国の反日プロパガンダに日本は早くも日清戦争の際に悩まされた。 

    明治27(1894)年11月、大山巌司令官率いる第2軍に属する第1師団・混成第12旅団がわずか百余人の死傷者を出して旅順を陥落させた。 
    ところが、この件を当時台頭していた米国のイエロージャーナリズムの新聞『ワールド』が 
    「日本兵が民間人を殺害し、手足を切断するなどして略奪も行った」と報じた。 

    続報として「日本軍大虐殺」との見出しの下に「3日間におよび殺人」「無防備・非武装の住民が自宅で殺害される」「死体は表現できないほど切り刻まれている」の小見出しを付け、「これは文明社会にとって戦慄すべき行為である」と断じた。 

    後に起こったとされる「南京事件」(1937年)を彷彿させる内容だが、情報の出処が清国側であることは明らかだった。 

    この記事に他の新聞・雑誌も追随し、大きな騒ぎとなった。 
    その結果、同年11月22日に調印したばかりの日米通商航海条約が批准されなくなる可能性を 米国務長官から示唆されるほどの苦境に日本政府は立たされることになった。 

    以上は明治学院大学の川上和久教授の近著『「反日プロパガンダ」の読み解き方』(PHP研究所)が紹介している事例だが、構造は100年以上前から何も変わっていないことに戦慄する思いだ。 

    相手は隙あらば“事件”を捏造して「日本は残虐だ。卑怯だ」と国際社会に悪宣伝する。 
    “事件”は現在のものでも過去のものでもよい。 
    自らを“被害者”として日本の加害性を宣伝し、日本に非難の矛先が向けばよいからだ。 

    明治政府はこの相手の“罠”から見事に抜け出した。 
    迅速に対応し、英国の一流紙を利用して真正面から弁明した。 
    その結果、誤解が解けたのだ。それにしても危なかったと言わざるを得ない。 

    今日の日本政府に必要なのは、この明治政府の、相手の悪宣伝には真正面から 
    弁明するという気概だ。言われっぱなし、「金持ちケンカせず」では相手の狡智(=悪知恵)には勝てない。「言われたら言い返す」−“倍返し”の弁明が必要だ。 

    ■八木秀次(やぎ・ひでつぐ)  
    1962年、広島県生まれ。早大法学部卒業。同大学院政治学研究科博士課程中退。 
    国家、教育、歴史などについて保守主義の立場から幅広い言論活動を展開。 
    第2回正論新風賞受賞。 
    現在、高崎経済大学教授、安倍内閣が設置した教育再生実行会議委員、 
    フジテレビジョン番組審議委員、日本教育再生機構理事長。著書に「国民の思想」(産経新聞社)、 
    「日本を愛する者が自覚すべきこと」(PHP研究所)など多数。 

    写真:習近平国家主席率いる中国のプロパガンダに、日本は真正面から対峙すべきだ 
    画像:www.zakzak.co.jp

    ZAKZAK 2013年09月27日:www.zakzak.co.jp
    その1
    その2


    23 名前:天一神 ◆peeMk.HrP2 投稿日:2013/09/27(金) 15:53:29.49 b8xOMEI0
    >>1 
    特亜政府がやってるのは、プロパガンダじゃなく人権侵害。 
    国権人権を侵害しているから名誉毀損侮辱罪位しかない。 

    国際裁判で争う事ばかり。 
    日本政府は人権侵害国権侵害に理解無いから 
    怒ってるだけだね。 

    何故 日本の人が怒ってるのか 
    人権侵害されているからなんだ 
    だけど政府が何が人権侵害か解らないから 
    怒ってるだけなんだ 
     
    61 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日:2013/09/27(金) 18:01:16.84 PHnuzC1K
    この国も宣伝工作の有意義さは日露戦争で学んでる筈なんだがね・・・ 
    あの時英国が「日本軍の勝利」を世界中に向かって喧伝し続けたため、世界は「日本の勝利」を信じた 
    ニコライでさえ信じた 
    果ては大本営や日本国民さえ現場の報告よりも、ジャーナリズムの報道する「大勝利」を信じ始めた 

    なぜその後に活かされなかったのかが謎だ 
     
    70 名前:マスゴミは変えなああかん 投稿日:2013/09/27(金) 18:12:27.83 Zvm8TMBu
    正論です。 
    外交ですから、意志表示はしっかりしましょう。 
    要求には遠慮せず、ズバリ欲しいままに要求するぐらいでいきましょう。 
    【2013.09.30 Monday 00:03】 author :
    | 中国関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.07.19 Friday 00:03】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1600
      トラックバック