<< 1572:資料…朝日新聞 「なぜ隣国は今なお怒っているのか。日本人は世界を見よう。戦争に対する意識の溝を埋めよう」 | main | 1574:資料…日本が加害者意識を欠く原因は、戦勝国であるアジア被害国が日本占領に参加しなかったから >>
1573:資料…オリバー・ストーン監督「日本は米軍事力を頼らず、中国に謝罪すべきだ」=日本を見る目、好転する―米紙
0
    Record China 8月15日(木)8時0分配信
     オリバー・ストーン監督「日本は米軍事力を頼らず、中国に謝罪すべきだ」=日本を見る目、好転する―米紙

    12日、米映画監督のオリバー・ストーン氏は、日本外国特派員協会で講演し、「日本は米国の軍事力に頼らず、中国に謝罪すべきだ」と語った。写真はオリバー・ストーン監督。

    2013年8月13日、米紙スターズ・アンド・ストライプスによると、米映画監督のオリバー・ストーン氏は12日、日本外国特派員協会で講演し、「日本は米国の軍事力に頼らず、中国に謝罪すべきだ」と語った。環球時報(電子版)が伝えた。

    それによると、ストーン氏は昨年製作した米国現代史を独自の視点で描くドキュメンタリーシリーズ「もうひとつのアメリカ史」を紹介。米国による原爆投下の経緯について「米国は日本に原爆を投下することで、ソ連(当時)に対して優位に立とうとした」と説明した。

    その上でストーン氏は、日米、日中関係に言及。日本は米軍事力頼みの現状から脱することで「偉大な国家になり得る」と主張。「まずは中国でかつて犯した罪を認め、殺害した人々への謝罪から始めれば、中国は日本を違った目で見るようになるだろう」と表明した。

    さらに、米国家安全保障上の極秘文書を暴露したとして訴追された米中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン容疑者についても「彼は英雄だ。我々の利益のため、自らの幸福を犠牲にした」と賞賛した。(翻訳・編集/AA)





     オリバー・ストーンって、イロンナ角度から物事が見られる監督だと思われがちだけど、軽薄な、ただのひねくれモンだと解るコメントだね・・・と思ったら、ヨメが韓国人か、道理でww。

     まあ、大半の日本人も同類のアホだけど、中華系の民族に謝罪したら収拾がつかなくなるのは歴史が証明してる。
     
     それに、チナ中共に謝罪してド〜すんのよ?
     日本と戦争してた中国ってのは、中華民国の事であってチナ中共じゃ無い。
     チナ中共は、中華民国に浸透して日中戦争を煽ってはいたが、百団大戦を除けば基本は交戦法規違反のちまちまゲリラ戦を仕掛けるか、後方でスパイ工作やってただけじゃないか。
     日本にとって中共は主敵じゃ無かったし、中華民国や地方軍閥の主敵は中共だった。
     そして、南京など親日政府も、主敵は中共だった。
     
     中共は、親日政府軍を偽軍と呼び、120万余名の偽兵を斃したなどと教育しているが、日本軍や親日中国軍と戦ったのは中華民国軍であってチナ中共軍じゃ無い。
     戦死で120万人としたら、戦傷は200万人以上になっていただろうが、これだけ多くの親日中国兵が日本軍と共に戦い戦死傷したのであれば、億単位の親日中国人も存在したわけだ。

     中国でかつて犯した罪ってのは敗戦した事だけだ。
     中共の怖ろしさをよく理解していなかった日本が、中華民国と早期和睦しなかったばかりに、結局中国はチナ中共に支配されてしまったが、その結果、中国人や満州人がどれだけ虐殺されていったか。
     
     チナというのは近代国家じゃ無く、水滸伝の世界なんだ。
     チナが中国として近代国家に変われた可能性があったのは、満州国と提携した親日南京政府だけだったんだよ。
     
     オリバー・ストーンって、日本がチナ中共を徹底的に壊滅させとけば、日本が「中国でかつて犯した罪」の80倍以上の中国人大虐殺が、チナにより行われる事も無かったし、チナが周辺国を侵略し数百万人以上の他民族を虐殺する事も無かったし、アジアの共産化が防がれ、現地民同士の殺し合いだけじゃ無く、米国の若者が朝鮮やベトナムで死ななくて済んだ・・・なんて事は、思いもよらないんだろ〜な。
    【2013.08.17 Saturday 00:38】 author :
    | アメリカ関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.07.19 Friday 00:38】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1573
      トラックバック