<< 1536:オーストラリア管轄:ラバウル裁判:ニューアイランド島ゲリラ掃討事件 | main | 1538:戦犯裁判:オランダ管轄:メナド裁判:第42号法廷/犯罪容疑者虐待・相馬事件 >>
1537:戦犯裁判:中華民国管轄・漢口裁判:第1-2号法廷/葉朝恵逮捕殺害・宮地事件
0

    戦犯裁判中華民国管轄漢口裁判

    第1-2号法廷/葉朝恵逮捕殺害・宮地事件

     

    起訴理由概要:漢陽憲兵分隊蔡向分駐所密偵癸芳寧賭博の件を、現地課長・葉朝恵によって現地駐留軍に報告されたために、叱責を受けたのを憂い、事を構って該分所責任者宮地に葉朝恵のことを訴え、その結果、宮地は葉を逮捕し高井及び逃亡中の通記高橋校況と共に宮地自ら葉を射殺し、同夜、高井、高橋茂次及び姓名不詳の警察官3名と屍体を河中に遺棄せり

    漢陽憲兵分隊蔡向分駐所長・宮地春吉憲兵軍曹・静岡・25歳・1946/9/28死刑判決・1946/10/21逃亡を企て銃殺・事故死扱い
    後任分駐所長・中丸重衛元憲兵軍曹:無罪=#10
    漢口憲兵隊漢陽分隊長・吉原喜助憲兵中尉・埼玉:2年
    漢口憲兵隊漢陽分隊長・高井守夫憲兵曹長・岐阜:1年




    腹注:憲兵の密偵が賭博を密告された程度で、分駐憲兵隊が現地課長・葉朝恵を逮捕殺害するとは考え難い。また殺害処分に上部分隊員など5名が関与しているのは重罪容疑者扱いなので、単なるチナテロリスト処分に対する報復の可能性がある。

    刑死前日の自治会宛訣別の辞
     遡りて本件は素より小生個人の意志により敢行したるものに非ず、大命を忖度して職責を完遂。
    ・・・治安確保の為小を抹し大乗に基づきたるものなるも之が戦争犯罪者として処理せらるとは。・・・
    【2013.07.26 Friday 01:06】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.17 Wednesday 01:06】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1537
      トラックバック