<< 151:リカバリー2010/07/20:民主がやってきたことって、一言でいうと「自民党が正しいという確認作業」じゃないか。 | main | 153:ソ連管轄戦犯裁判 >>
152:中華人民共和国管轄戦犯裁判
0
     戦犯裁判


    詳細不明・・・大量処刑

    人民裁判:死刑3,500名以上 連行者の多くは殺害

     錦州市:3名以上死刑
     鞍山市:1,000名以上死刑
     本渓湖:石川副県長ら死刑50名 連行婦女子230名 連行軍工部職員10名
     安東市:死刑306名 連行2,500名
     糧川県:死刑26名
     黒河街:死刑200名
     ハルビン:60名死刑 連行1,240名
     長春市:連行1,051名
     敦化街:死刑3名 連行2,500名
     吉林市:連行50名

     琿春市:市長・警察署長・小学校長の3名 告発者はチナ思想の満州ゴロ日本人。1時間ほど市中曳き廻しののち河原で銃殺・河原に日本人居留民を集め執行時に子供達に太鼓を叩かせたという。

     蚊河県:死刑日本人会長夫妻
     安東市:死刑300名 連行2,500名
     徳恵県:死刑警務庁長ら13名
     間島省:死刑28名
     延吉市:死刑30名 連行200名
     昌図:死刑3名
     本渓市:死刑50名
     鉄嶺市:死刑16名
     遼陽市:死刑15名
     蓋平県:死刑3名
     通化市:死刑700名


    瀋陽裁判:3件46名
    #1/第117師団長・鈴木啓久中将8名:有罪
    /華北交通社員・富永順太郎:有罪
    /武部六蔵28名:有罪

    太原陽裁判:1件
    /安西省顧問・城野宏8名:

    戦犯裁判 1,109名 獄死47名
    /山東省・園田慶幸顧問:昭和38年放免
    /憲兵隊・上村喜頼准尉:昭和51年放免
    /平井栄三郎伍長:昭和53年放免
    【2011.06.10 Friday 14:30】 author :
    | 戦争犯罪 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.07.07 Friday 14:30】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
       裁判を研究されている風老児さんが、そう考えるのは当然かもしれませんねw。
       例えば、インドネシア独立支援で処刑された日本人には、軍事裁判起訴された方もいれば、蘭印軍逮捕・即決処刑された方もいます。
       どちらも報復であり、裁判名目であろうと即決処刑であろうと同様の連合国による戦争犯罪に変わりはありません。

       そこでチナ中共の場合ですが、民衆による報復であれば匪賊の襲撃と同様の犯罪に分類しますが、上記人民裁判の場合は中共軍が侵攻地域の日本人を逮捕・拉致連行・即決処刑したものであり、軍組織による犯罪は、蘭印軍と変わりがありません。

       「人道主義の中国軍は、残虐日本兵を死刑にしませんでした」宣伝のために、中共軍の蛮行を隠蔽する勢力が国内にある以上、風老児さんの研究指針を否定する気はありませんが、私はこれを中共軍報復裁判に含めますw。
      | 腹 | 2012/12/03 5:13 AM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/152
      トラックバック