<< 1322:イギリス管轄:シンガポール裁判(2):アレクサンドラ病院虐殺事件:不起訴 | main | 1324:戦犯裁判:オランダ管轄・メナド裁判:第3号法廷/メナド海軍特警隊・俘虜抑留者虐待事件 >>
1323:戦犯裁判:オランダ管轄・メナド裁判:第6号法廷/北セレベス地区憲兵隊・住民虐待致死・平山事件
0
    戦犯裁判オランダ管轄メナド裁判
     

    第6号法廷/北セレベス地区憲兵隊・住民虐待致死・平山事件


    起訴理由概要:大量殺害・組織的テロ行為

     

    北セレベス地区憲兵隊・平山辰己憲兵軍曹・鹿児島・農業・28歳:46/11/27求刑死刑>46/12/13判決死刑>47/3/3銃殺:弁護高崎

    1947/3/3 山田秀雄海軍兵曹長と共に銃殺執行

     住民虐待が訴因のようだが、遺書に「現地参謀より特殊任務を受く」とあるのは、敗戦後も投降せず、現地に潜入し現地民に対して独立運動工作を行っていた時に逮捕されたのであろう。
     
     山田兵曹長と共に、メナド銃殺同時第1号なので、相当目を付けられていたと思われる。
     
    遺書
    昭和20年8月15日停戦の大命既に降る秋に辰巳、現地軍参謀より特殊任務を受く。
    又我の望む処なりき。
    民族の開放、独立は今次大戦の一大目的なるにより、現地住民に新独立国家を樹立せしめ以て大東亜民族将来の発展に寄与せんと之が実行行動に出たるも天未だ我に与せず、武運尽き捕はれて、戦争犯罪の名の下に戦争中取り扱ひし事件の数々により死刑を宣告せらる。
    然れども心中爽快にして恰も春の野に遊ぶが如し。
    父母兄弟妹よ、嘆くなかれ、天晴れ出かしたとほめて下さる様。
    之が戦争の常なり。
    明日故国に帰還を許さる。
    願くは喜んで仏前に於て面会なし下さらん事を。
    世界の大勢は今又東西両洋に第三次世界大戦の暗雲を抱きつつあり。
    南方の小民族は次々に独立し大東亜連盟は結成さる。
    辰巳七度人間に生れて大東亜を守るの信念に止む。
    御陰様にて獄中起居を正し心身共に健全なり。
    同僚又我を敬愛す。
    之れ獄中最大の喜びなり。
    戦争と運命を共にし明日我はゆく。
    今改めて遥かに皇居を拝し大日本帝国の隆盛と皇室の御安泰とを祈念すると共に父母兄弟妹の将来の万服を祈る。
    将又今日迄御指導、訓育又御世話になりし先生、上官、同僚に深謝すると共に将来の万福を祈念します。
       数ならぬさざれ小石の誠をば
             積み重ねてぞ国は泰けれ
          昭和22年3月2日   頓首 
    【2013.02.22 Friday 01:33】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2017.10.27 Friday 01:33】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1323
      トラックバック