<< 1037:戦犯裁判:米国管轄:マニラ裁判:第11号法廷/パナイ島俘虜3名処刑・奥田福徳中尉 | main | 1039:アメリカ管轄:マニラ裁判:パナイ島イロイロ憲兵隊比人殺害事件・萩野宗光憲兵隊軍属 >>
1038:戦犯裁判:米国管轄:マニラ裁判:第74号法廷/ルソン島バダンガス州ゲリラ討伐比人300名殺害事件
0

    戦犯裁判アメリカ管轄マニラ裁判

    第74号法廷/ルソン島バダンガス州ゲリラ討伐比人300名殺害事件


    起訴理由概要:藤兵団長の命令に基づきルソン島バダンガス州、タール街周辺及びバウアン街のゲリラ討伐において住民300名を殺害せり。市村大隊討伐参加者

     

    藤兵団市村大隊・歩17・萩野舜平少尉・奈良・京城高等商業学校卒・会社員・29歳:47/2/11判決銃殺>47/7/29確認>47/9/3執行
    ・最上善一郎曹長・秋田:47/2/11判決終身>確認
    ・小林一郎准尉・秋田:47/2/11判決終身>確認
    ・伊藤鉄三郎准尉・秋田:47/2/11判決30年>確認
    ・福岡千代吉少尉・秋田:47/2/11判決25年>確認
    ・加藤貞克准尉・秋田:47/2/11判決無罪>確認
    ・門聞力藏准尉・秋田:47/2/11判決無罪>確認
    ・木村慶一曹長・秋田:47/2/11判決無罪>確認
    砲8・保坂信吉中尉・山梨:47/2/11判決20年>確認

     中隊指揮下で行われた戦闘中の行動について米人から告発されたようである。住民被害についてコジツケられたと思われるが、絞首刑では無く銃殺刑なので、単に不作為責任を負わされたものと思われる。
    遺書
     本信は最後の音信に候。
     小生は小生の最大の努力を仕り候得共終に敗かされ候。
     乍併小生は正しきを尽し候へば神のしろしめす恵に御座候。
     全く真実に候。
     小生は小生の良心に曇なきを証する晴天を呼び候。
     小生裁判に於て弁護団の証明に依り、隊の指揮者竹本中尉が若し到着されて居たなれば此裁判に於て負はる可き総ての責任を、小生自身が負はされた事を証明する事が出来申候。
     1945年2月16、17、18日第二大隊長市村大尉の指揮するトアル及びバウオン進撃に小生参加仕り候。
     此の進撃中の小生の行動は規定された範囲に於ける国際法及慣習に何等違反する処無之候。
     小生友人より音信或は其他の方法に依り慰めを与えられ候。
     言葉!言葉!言葉は何の助力を成得候哉。
     小生は幸福ならん事を望不申、小生最早何物も望み不申、故に小生は自らの苦悩と寂寥の陰鬱なる世界に小生自身を隠し候。
     小生は之以上の負担に不堪何事をも考察致得ず候。
     今や小生銃殺の判決を相受け死刑の命令書を待つ者に候得共我目的は完遂仕り候。
     総てのものは死によりて解消致し候。
     嗚呼死、小生は光輝ある死に死す可く候。
     小生自ら死するに見苦しからぬ場所を見出し候。
     小生父上に御願申上候。
     唯一のものは小生の言葉申上ぐる処を御信用被下度しとの願に候。
     若しも米国の告発者が正しき判断を以て調査すれば小生は有罪にては無之候得共今や最早生き延びる可き望みは無之候。
     何卒小生申上ぐる処を御信用被下度候。
     小生は之以上筆することを得ず、深き感謝を捧げ候。
     最後の息を引取る迄父上に感謝仕候。
     父上に総てを申上候事は小生の喜に候。
     小生は『力は主人公にして正義は召使人なり』と信じ候。
     長らく御無音仕候は小生の筆不精の故と御容赦願上候。
     家族の皆様へ宜敷願上候。
     父上の御福祉を望み候。
     小生の申上げし処を御信用被下度猶重ねて小生の言葉を御信用被下度御願仕り候。
     多謝多謝、小生は喜ばしく存候。
     ではさらば、いざさらばに候。
         父上の愛子  萩野舜平
    【2012.07.20 Friday 14:02】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.07.19 Friday 14:02】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1038
      トラックバック