<< 1032:アメリカ管轄:マニラ裁判:2代第14方面軍憲兵隊司令官・長浜彰憲兵大佐ケース | main | 1034:アメリカ管轄:マニラ裁判:沢井秀男軍曹ケース >>
1033:戦犯裁判:米国管轄:マニラ裁判:第40号法廷/戦後ミンダナオ山中比人殺害事件
0
    戦犯裁判アメリカ管轄マニラ裁判

    第40号法廷/戦後ミンダナオ山中比人殺害事件


    起訴理由概要: 昭和20年9月16日終戦を知らず、歩77第1大隊所属の者約20名はミンダナオ山中を行動中、遭遇せる比島人を銃殺した。

     

    歩77・三上孝衛少佐・埼玉・陸士卒32歳:46/6/13判決絞首>46/11/14確認>47/4/24執行
    ・奥村信夫准尉・熊本:46/6/13判決終身>46/11/14確認
    ・大原元溶兵長・朝鮮:46/6/13判決20年>46/11/14確認10年
    ・小川正人兵長・広島:46/6/13判決10年>46/11/14確認5年
    ・沢崎郁夫主計中尉・大阪:46/6/13判決終身>46/11/14確認
    ・吉永仁中尉・福岡:46/6/13判決終身>46/11/14確認
    ・横山公男兵長・大分:46/6/13判決20年>46/11/14確認10年
    ・木下静雄伍長・長野:46/6/13判決10年>46/11/14確認5年
    ・幾野忠雄上等兵・福井:46/6/13判決10年>46/11/14確認5年
    ・西村卓三上等兵・兵庫:46/6/13判決20年>46/11/14確認10年
    ・前睚歇0貪兵・熊本:46/6/13判決20年>46/11/14確認10年
    30師団防疫給水部・岡崎薫雄上等兵・岡山:46/6/13判決20年>46/11/14確認10年
    ・坪井保典上等兵・岡山:46/6/13判決10年>46/11/14確認5年

     おそらく第1連隊旗下の大隊と思うが、1000名が45/9/18投降時に16名になるまで戦って戦犯では・・・やるせない。
     比人虐殺で起訴されたようだが、同じ冤罪でも大隊長が生存したために、三上少佐が不作為責任で処刑され、部下に処刑者は出さなかったと思われる。
     
    手紙
     私は今死刑と云ふ情ない判決を受けや姿となって毎日実に無意味な、そして痛恨限りない思ひで唯息をしてゐると云ふだけだ。
     悪いことは絶対にしてゐない私なのだが何故こんな姿にならねばならないのか、私には唯の運命とは思はれない。
     こんな判決を受けても決して私はやけなどにはなってゐないが何としても私が受けた裁判に於て其の事件の根本原因の責任は私達ではないと思ってゐる。
     兎に角私は私の裁判された事に於て死刑の判決を与へられたが私は絶対に神に対して恥づる様な事はやってゐない。
     私達の行動のほんとの事は全部書き残してある。
     出発の時は千人も居た部下の人が昭和二十年九月十八日米軍に投降する時には16人の少数になり他の人は皆お国の為にに何の慾心もなく戦って死んで行った。
     私の部隊はほんとに苦労したのであって苦労した事に於いては私の知ってゐる範囲では日本全軍の中でも屈指の方だったのだ。
     だから部下の人も16人の少数になってしまったのだ。
     私も隊長としての責任は感じてゐる。
     此の16人の人達が生き残り、そして裁判をうけねばならなかったとはこれこそほんとうに情ないと思ってゐる。
     新聞に沢山報道されてゐる様な虐殺行為は絶対にやったのではない。
     私はどんな刑を受けてもあくまで自分の心を信じてゐる。
     死刑にされる様な極悪人では絶対にないのだ。
     此の事は何卒わかってもらひたい。
     戦場に居た軍人だった私だから死に対しては大して考へる事もない。
     然しながら後に残る悦子、道子の事を考へると今こんな姿になってゐる其の事からして私の胸は張りさけんばかりだ。
     何故私は殺されねばならないのか、どうしても私にはわからない。
     唯人生の無情を感ずるのみである。
     然し私ははじめにも書いた様にあくまでもやけなどにはなってゐない。
     新生日本の平和なる繁栄と悦子や道子やなつかしい皆様の御健康を祈る心は常に変ってゐない。
     悦子は今後どうして生活して行くだらうと思ふ時、私はもう何も云ふ資格も気力もなくなった様な気がする。
     ただおねがひは出来得る限り明るく強く生きてもらひ度い事である。
     皆様によろしくお伝へ下さい。
     悦子と道子のなつかしい姿を思ひ出しつつ。
       さよなら
    【2012.07.18 Wednesday 23:20】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.06.04 Tuesday 23:20】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1033
      トラックバック