<< 1004:ヤフー >政治>軍事板にトピックしたった・・・東京裁判判決を謝罪・反省しない非日本人>テロ活動を取り締まらなかったから謝罪反省 | main | 1006:ヤフー >政治>軍事板にトピックしたった・・・東京裁判判決を謝罪・反省しない非日本人>誠実で親切な日本人だったから謝罪反省 >>
1005:オランダ管轄:メダン裁判:第1号法廷/東海岸州シャンタル刑務所軍律囚250名虐待致死・西浦事件
0

    戦犯裁判オランダ管轄メダン裁判

    第1号法廷/東海岸州シャンタル刑務所軍律囚250名虐待致死・西浦事件

     

    起訴理由概要:昭和18年11月より20年8月末までの間、スマトラ東海岸シャンタル刑務所長として刑務所内の収容者を虐待し、且つ之等の者に対して組織的威圧行為を行い、その結果550名の収容者中約250名の者が死亡した。

     

    スマトラ東海岸州政庁職員・西浦堯三シャンタル刑務所長・海軍軍属・大阪:47/2/6求刑死刑>47/3/7判決死刑>47/7/8銃殺:弁護-

     

    一般解説:オランダ軍との短期間の交戦中に、戦争法規に違反したオランダ兵を南方軍軍律会議にかけて、有罪となった者を軍律囚として3箇所の刑務所に収容した。
     オランダ側に言わせると「軍律囚は、いわゆる政治犯である。日本軍は故意に政治犯と一般犯を区別して扱い、政治犯の多くを虐待し、死に至らしめた。」なのだが、戦犯と窃盗犯を区別し、軍律囚刑務所で服役させるのは当然の事である。
     日本人に対し、政治犯であろうが一般俘虜であろうが、区別なく虐待し殺害したオランダ軍より人道的である。
     軍律囚刑務所であっても、軍人を配置する人的余裕もなく少数の軍属・兵補で管理していた所内で、所長権限で虐待が行われたとは考え難い。
     一般俘虜収容所・抑留所と比較しても、諸物資不足は同条件であり、特に軍律囚のみ虐待したという事も無かったであろう。
    辞世
      天地のむた窮みなき大君を
         おろがみまつり我は逝くなり
      七八度生れかはりてうつし世に
         醜の仇人打ちてしやまむ
      かからんとかねて知りせば
         みいくさのさ中に華と散りにしものを
      罪はなし赤き心は天地の
         神知りまさん赤き心は
    【2012.06.19 Tuesday 20:17】 author :
    | B級裁判 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      【2019.04.06 Saturday 20:17】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://stomach122.jugem.jp/trackback/1005
      トラックバック