3636:日本政府、文大統領の発言に抗議 くすぶる慰安婦問題
0

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl…

     

     慰安婦問題が性暴力事件では無い事実を確認している筈の外務省が、性暴力事件と誤認する学者・政治家・世論を放置しながら、日本政府が何を抗議しようというのか?
     慰安婦問題の主罪は婦女誘拐罪であるが、朝鮮人売春婦もオランダ人売春婦も婦女誘拐罪は立件されていない。同時に、どの慰安所においても、慰安所利用を性暴力事件として起訴された例は無い。性暴力事件が存在しなかったのに、「性暴力の法的責任」というのは完全な冤罪で、冤罪に謝罪賠償する義務は無い。
     オランダ人慰安婦の場合、売春廃業届不受理を処罰したいオランダ軍が、性行為には合意があったので慰安所利用者を強姦罪で起訴できない代わりに、本来の戦争犯罪であった強制売淫目的婦女誘拐罪の強制売淫という語句を援用して、慰安所関係者を処刑した準捏造事件である。

    【2017.06.24 Saturday 11:54】 author :
    | 朝鮮関連 | comments(0) | - | - | - |
    1866:戦犯を利用して金品を欺し盗る常習犯・風老児こと小原俊一郎に要注意!!
    0

       保守系は人が良いので詐欺師にすぐ欺される。
      親日動画作成資金カンパ、米国内慰安婦訴訟カンパ、著名ブロガー裁判支援カンパなど、日頃の言動を分析すれば明らかに詐欺師の金集めでしかないのに、コロッと欺され自分でカンパするだけでなく、カンパ情報を拡散して、知らずに詐欺の片棒を担いでしまっている例もある。

      以前、米在住の男が、「米国内で反慰安婦訴訟を起こす」とカンパを募っていた事がある。そいつは池田ノビイ氏にも声を掛けて箔を付けてブログを立ち上げ、集金状況を報告していた。
      お人好し保守が、カンパ情報を他の著名ブログに拡散していたので、「その男が産経古森記者のブログ慰安婦エントリーにコメントしていた最近まで、慰安婦関連の知識は全くなかった事実と、慰安婦訴訟など実行する意思はない分析をして。」注意したが、結局「著名人(池田氏)も支持しているから」と相手にされなかった。
       純粋な気持ちで支援しようとしていた方達が訴訟資金をカンパした筈が、いつの間にか慰安婦関係書籍出版費用に変わり、その出版も有耶無耶になっている現実をどう評価しているのだろうか?

       

       などとエラソ〜に語っている私も最近10万円を欺し盗られた。テヘッww


      このブログにも、風老児・小原俊一郎で時折コメントしていた65歳の男で、個人的にも2年程メールで交流していた。
      小原コバルは、複数の戦犯遺族とも交流が有り、戦犯の墓参りをするなど、マメで面倒見が良い老人を装っていたのでつい信用してしまった。
      まあ、カンパと違って資料の売買だったので、彼の説明通りの資料・概見表が送られてくれば問題は無かったのだが・・・

       

       実際に送られてきた戦犯裁判概見表資料は、1冊の百均ファイルに開けた孔に、数百枚のコピーを紐で縛って綴じた粗雑なものだった。
      手書き資料なのだが、原版をコピーしたものでは無く、コピー版をコピー、を繰り返したため、文字が潰れ掠れて判読不能のページが多数あるという、劣化コピー資料であった。
      また、法廷毎の起訴件数合計が公記録と違い、法廷ケースナンバー、開廷期日、戦犯本籍等に誤りや空欄が有り、何より起訴理由概要が私の手許にある公文書館所蔵概見表と比較し、1割程度の記載しかないものばかりで、重要起訴内容が欠けている欠陥資料であった。
       小原自身も入金時は非常に喜んで「各法廷の追加資料を送る。」と自主的に申し出ていたので、履行して貰えるものと考え、欠陥資料の修正補完を依頼した。
      小原が研究者であれば、自身の資料が欠陥品である事は承知していた筈であり、当方の追加資料送付依頼が常識的なものである事も理解していた筈である。

       しかし、こちらが小原版概見表資料の購入意思を示すまでは、マメに何度も連絡してきた小原が、いざこちらが購入を決め、振込入金を確認した以降から一切無視が始まり、自ら申し出ていた追加資料送付も無視、無かった話になってしまっていた。
       修正補完の追加資料送付があれば、欠陥資料でも納得できた話であったが、最初から欠陥資料を10万円で売り付ける事しか考えていなかった小原は、企みが成功したため、追加資料送付など一切拒否、10万円の返金にも応じず、「全国の研究者は、この資料を唯一の基本資料として懸命に研究してきた。貴方も頑張りなさい。」と欠陥を認めずに説教だけしてw、当方の「研究者の基本資料は、公文書館概見表である。その公文書館所蔵資料と比較して、小原資料には欠陥がありすぎる。」という指摘は、無視したままであった。
      「欠陥の修正補完に応じないなら、説明に反し欠陥資料を売却した詐欺行為である。」という当方の認識を伝え、「今後も無視を継続するなら、今後私のような愚かな被害者を出さないため、又資料の欠陥がすぐ理解できる研究者は兎も角、戦犯遺族に対する詐欺行為を防ぐため、詐欺行為の常習犯である貴方自身を特定できるように個人情報を公開する。」と通告したが、小原は詐欺常習を否定する事もなくただ無視を継続するので、止むを得ず、以下情報を公開する。


      風老児こと小原俊一郎 コバルシュンイチロウ

      住所:〒852-8041長崎県長崎市清水町3-11門原ハイツB-1号
      電話:0503-444-1677
      携帯:0902-582-5999

      2016/10現在のメールアドレス singi-kouki2700@equ.bbiq.jp(廃止)・・・アドレス変更を連絡してきたばかりだったのに、詐欺が成功したら、早速アドレス廃止してやがるww(2016/10/6時点、本エントリー公開済み通知メールを受け取って、反論・抗議をするより、メール受信拒否したという事。) 被害者が呆れて嫌になるのを狙う・・・詐欺常習犯の手慣れた対応、小原マニュアルがあるんだねえ、キット。

      2016年現在65歳

       

       風老児というハンドルネームで2chに登場し戦犯研究者を気取っているが、戦犯を利用して詐欺に引っかかり易いお人好しを探すためであり、小原にとって戦犯は、保守系日本人から金品を欺し盗る道具でしかない。これは戦犯に対する冒涜である。

       小原が絡んできたら要注意、気の良い老人を演じて、資料を送るとか長崎の物産を送るとか、私にも何度も言ってきたが、実行された事は無かったw。これも相手の気を緩ませる詐欺師の手口。

       年長者から、先に物産を送らせるのは気が引けたので、こちらから函館の物産を1万円程度送ったが、その後も「物産を送る送る」を繰り返すが話だけw。今回、10万円の資料代を受け取りながら、なんと送料は着払いw・・・セコイ爺さんだわww。

       年を取ってから碌な年金もなく生活が苦しいのだろうが、こういうヤツは若い時から、金があってもセコく生きてきたヤツw。・・・だからといって人を欺すのはダメ・・・哀れな年寄りw。・・・きっと戦犯に呪われるwww。

       

       

       

      事態の経緯

       

      当方の資料内容確認メールに対し、小原の8/7返信メール

       

      ソ連と中共分だけは無い

      戦争裁判概見表は、7ヶ国裁判です
      ソ連の、731部隊を裁いたハバロフスク裁判については一部別途資料があるのと、岩川隆さんの著書あり
      中共分は、岩波世界と日中友好協会からもらった起訴された全員の名簿あり

      その他山盛り文献資料があって、一冊で一人だけのものもあって膨大な量になりますよ 
      同じ道を歩む人はなかなかいない
      そんな中において、福原さんあなた一人だけが共鳴してくれた
      よって、できうる限り資料提供したいと思ってはいるが、こっちも今まで何百万という金をつぎ込んできたので実費だけは頂きたい

      まずは、サラの「戦争裁判概見表」のみ送ります
      その前に、この文献のことをよく調べてみてください
      自分には、10万の価値があると思っているけどあなたにはどうか?
      5677名の起訴された全員の記録です
      が、一部空白部分あり(国立公文書館とて同様)

      納得したなら電話連絡ください
      即発送しますので
      ・095−800−5397(自宅固定)
      ・090−2582−5999(ガラケー)

      最初だけは、5万ください
      後は分割でもいいですから
      いろんな資料あるし、サービスで送ってもあげたい


      小原俊一郎 拝


      公文書館資料と同レベルの、唯一の基本資料という小原の説明を信じ、購入決定後8/8メール

       

       

      サラの「戦争裁判概見表」すぐに順次して今日中に発送します

      横浜裁判からゆっくり眺めてみてください

      平成11年に初めて見たときは鳥肌が立つくらい感動しましたよ

      あの人の名も、この人の名も本当に登場してきてるのだから、驚かずにはおられませんでした

      そして、17年にわたり注釈・参考落書きを加え落書きしたものも少しずつコピーして送りましょう←これは貴重!

      落書き参考著書も紹介します…これが無茶苦茶多い

      実人員は、5633名ですが、二重三重に起訴された人がいるのです

      ですから、一人一人を調べにかかるから時間がかかるのです

      内海愛子さんの著書巻末に参考文献が載っておりますけど、それはもう凄まじい量です!!!

      あれ全部欲しくなりますよ。でもお金が無いのです><


      「世紀の自決」…これは必需品です…拘禁中&非拘禁中自決者の氏名ズラリ!

      自分はそれも修正落書きしております

      まとめたら、改訂版の改訂版になりますが、今のところ手つかず状態です

      概見表を見たら、俄然やる気がわくはずです!!!

      そして、僕に頻繁に連絡したくなりますよ!

      自分で作った資料ファイルも惜しみなくコピーして送ってあげましょう

      眠らせておいても何もならないので!

      楽しみにしておいてください!^^

      ※振込先
      親和銀行 西町支店 普通 3017601 小原俊一郎

      発送連絡をSMSにてしますので、あなたも振り込んでください


      決して貴台を失望させません

      切手もたくさん買い込み、宅急便利用も増えてくるでしょう

      いつかの御礼もしなければならないのにすみません…次回、長崎名物を送ります

      ◎お願い
      今回の品物だけ、着払いでお願いします


      小原俊一郎 拝

       

      当方の10万円入金を確認して、8/8メール


      えーっ
      何とまあ早い事!!!

      信頼してくれたんですね
      ありがとう!

      落書きの概見表を徐々にコピーして送ってあげます
      これは凄い代物です!!

      他にもいろいろあるから、頻繁に連絡ください
      ありがとう


      小原俊一郎 拝

       

      劣化コピーのコピーにより判読不能ページが多数あるという当方の指摘に対する小原の8/30メール


      何せ、ガリ版刷りコピーなので見にくい事は確かです

      それを自分もいちいち確かめながら理解しております

      あれは法務大臣官房司法法制調査部が、昭和48年3月31日に完成させたものです

      不完全ではありましょうが、あれ以上の資料はないですよ

      (裁判に欠番があるのは不可解という指摘に)296は欠番ですね


      小原俊一郎 拝

       

      当方の返信

      小原様

      ガリ版刷りコピーが問題なのでは無く、コピーを重ねた結果、文字が薄れ判読できないページがある点です。
      判読不能資料では、概見表自体の意味がありません。原本に近い物であれば、コピーで劣化はそれほどしませんので、コピー者の配慮が足りなかったと思います。

      概見表制作の経緯について伺ったのは、マニラ裁判など「米軍来襲中」と表記しているなど、起訴内容に準拠して、というより作成者の認識など、検察が作成した文言ではないと思われる表記があることから、検察側の意図が読めない・・・起訴状では無く単なる作成者の概要になって可能性があるため、どの機関がどのような意図で何を基に作成したのが不明のままだからです。
      判読可能文書である前提で研究者の基本資料としては意味があっても、市販する価値があるとは到底思えません。法務局がどのような経緯で公表したのか、不思議です。

      「概見表以上の資料がない」とすれば、研究者が加筆した物が概見表資料として出回っていると言うことでしょうか。

      道は険しいですが、追加資料の件、宜しく宜しく」お願いします。

      福原拝


      この他、各法廷の合計件数に誤りがあり、起訴件数が公記録より少ない、不可解な欠番がある、戦犯の法廷ケースナンバーに誤りがある、など当方の指摘には無回答のまま9/2返信メール

       

      福原 様

      あれは17年前、自分の手元に届いたものです

      ガリ版コピーなので判読し難いのは仕方ない事です

      自分もあなたと同じような感じを受けて、今日に至っております

      ひとつひとつ、一人一人に焦点を当てて探ってきました


      小原俊一郎 拝


      上記メール後、補足や説明のメールもないので9/4以下送信。

      小原様

      概見表を確認してみました。

      国立公文書館所蔵の概見表が正規版で、今回の概見表は、私家版に過ぎないようです。

      具体的には、私家版には各法廷の管轄件数に誤りがあり、増の場合は兎も角、減はどうしようもありません。また、管轄件数が正しいバタビヤ法廷では、ケースナンバーと起訴内容が一致しておらず、他法廷記述の信頼性も低いと考えざるを得ません。
      起訴理由が、正規版は省略しつつも起訴状の文言をある程度記載していますが、私家版は「米軍来襲」など、作成者の主観が入っているため、検察意図の読み取りが不十分になってしまいます。

      研究者として、不正確な私家版コピーの客観的評価は数千円が限度、「ガリ版コピーだから判読し難い」のでは無く、「コピー版をコピー」を繰り返したから判読不可になるので、このような劣化コピーの資料価値は更に低いです。

      正直、長年研究されてきた小原様が、この私家版劣化コピーに「10万円の評価」をされた事が、残念です。
      小原様の追加資料には、正規版から引用された物があるようなので、送付頂けるという追加資料に期待するしかありません。
      研究上、「何が必要か」ご承知の筈ですので、何とかご対応宜しくお願いします。

      福原拝

       

       

      以後、追加資料送付はなく、連絡・説明も一切無く、9/22に「戦争裁判概見表とはあれを指すのですよ
      国立公文書館にて確かめてください。
      」と嘘を言い出したので、9/23に公文書館資料と小原資料の比較以下を送信。

       

      蘭印マカッサル:第9号法廷/原住民逮捕拷問事件・・・公文書館資料との比較


      小原概見表資料・起訴理由概要:「原住民を不法に大量検挙し、拷問組織的テロを為したり。」・・・これだけ


      公文書館概見表・起訴理由概要:「木村茂樹等は、セレベス島マカッサル所在の日本海軍特別警察隊員にして、同特警隊は、職権を利用して各種の戦犯行為をなした一団にして一九四六年官級第四五号第十条に該当する所謂犯罪団体であるが、同人等は昭和十八年三月より同二十年八月に至る間に於て、それぞれ、その在職期間中多数の市民を逮捕して殴打火責め等の拷問を加え、または、故意に婦女を脱衣せしめて、公衆の面前に晒し、或は食糧を給與せざる等の組織的兇暴、及、虐待をなし、彼等に深刻なる身心の苦痛を與えたり、即ち、木村茂樹は、同特警隊附将校にして、その在職期間中、マカッサル、マムジュ、マジエネ等の各地に於て反日宣伝、スパイ等の容疑を以て「スパルディ」等多数の市民を逮捕し、部下に対し、同人等を殴打、または、食糧給與の停止等を命じ、または、これ等に対する虐待を許容し、且同隊に於て逮捕した三名の米飛行士を虐待し、坂井長兵衛は、同特警隊先任下士官として在職中、前記木村茂樹の犯行を助長し、且同特警隊員を指導して、マカッサルに於て「イエ・サルバリ」等多数の市民を逮捕して部下に対し、同人等を虐待することを命じ、または、これを許容し、富田敏光は、マカッサルに於て「ポロシロエ」等多数の市民を逮捕虐待し、南亨は、マソリ、ポソ、マテンバ等の各分遣隊長在職中、「イエ・ビアン・ソウイサ」等多数の市民を逮捕し、部下奥正成、清水勇等に於て、同人等を虐待することを助長し、亦マカッサルに於て、「チョン・トリ・リアン」等を逮捕虐待し、且パロポに於て、「アイドル」夫人を強姦し、真鍋茂雄は、パロポ、マカレ、シンカン及びマカッサル等の各地に於て、「ベラト・ベリサ」等多数の市民を逮捕し、単独、または、奥正成、清水勇、土井昇等を共同虐待し、中島進は、マカッサルに於て、「アントラ」「アマット軍曹」等を逮捕虐待し、小野義夫は、マムジュ分遣隊長として在職中、「マラリ」等多数の市民を逮捕し、部下に対し、同人等を虐待することを命じ、または、許容し、且、マカッサルに於て、「テヨン・トリ・リアン」等を虐待し、芝嘉寛は、マカッサルに於て、「エム・バリガリア」等多数の市民を逮捕し、単独、または、山口、土井、浅井等と共同虐待し、江口時夫は、マムジュ、マシエネ、及び、マカッサル等に於て、「ソレーマサ」等多数の市民を逮捕して虐待し、または、部下に於て虐待することを許容し、清水勇は、マカッサル、パロポ、マムジュ、シンカン等の各地に於て、「タン・シン・チャン」等多数の市民を逮捕し、単独、または、真鍋、小野等と共同虐待し、亦ワジョーシワに於て、妹尾繁市、毛呂法務中尉指導下にシワ郡長「ラミデ」外多数の市民を逮捕虐待し、マカッサルに於て、「チエ・ハップ・チェン」を虐待死に至らしめ、益田保は、マカッサル、パロポ等に於て、「リアン」外多数の市民を逮捕し、単独、または、岡田等と共同虐待し、且マカッサルに於て、「フエラ・オースティナ・フォール」を屡々強姦し、奥正成は、マカッサル・パロポ等各地に於て、「テヨン・トリ・リアン」外多数の市民を逮捕虐待し、また、ムジュ分遣隊長として在職中、「ソレーマサ」等を虐待し、土井昇は、マカッサル、パロポ等に於て、「スパルディ」等多数の市民を逮捕して、芝嘉寛、南亨、清水勇等と共同虐待し、中田房雄は、マカッサルに於て、「クラン・シエン・リリバリ」等を逮捕虐待し、妹尾繁市は、マカッサルに於て、「トバマラ」「チョン・トリ・リアン」等を逮捕虐待し、亦ワジョーシワに於て、毛呂法務中尉指導の下に清水勇と共に前記シワ郡長「ラミデ」外多数の市民を逮捕して、虐待した。」

      ・・・以上、「情報量が違いすぎる。」と指摘したが、小原は以降も完全無視対応。

       

       一般人の場合、10万円で売却した資料に対して購入者から欠陥が指摘された場合、「欠陥の指摘は誤りである。」と根拠を示して欠陥が無い旨主張説明するか、「欠陥部分は修正補足するので、資料価格10万円は納得してくれ。」と提案する筈である。

       戦犯研究者を自負していた小原だから、欠陥を否定できず、一切無視して、入金確認前には自ら申し出ていた追加資料送付も実行しなかった。

      のちに、「無視について、体調不良だった。」と言い訳したが、こちらはメールだけでなく文書も送っているのに「『体調不良・後日連絡する。』の一言も送信できなかったのか。」と問うと、また無視再開。

       

      「詐欺師としてブログで公表する。」と通告しても無視。

      本エントリー公開を送信しても、無視のまま。

       「このように無視して済ます手法は、詐欺常習犯の採る常套手段だ。」と指摘しても、小原は否定せずただ無視。・・・小原は「10万円を欺し盗ってやるという明確な犯意の下に行動していた。」という事である。

       

      詐欺師小原俊一郎のご尊顔・近日公開予定

       

      【2016.10.02 Sunday 00:04】 author :
      | 朝鮮関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      1862:関東大震災における朝鮮人死者
      0

        ■日本の司法省の調査書 
        朝鮮人の死者233名、 重傷15名、 軽傷27名 

        朝鮮人と間違えられて殺された日本人死者58名、 重傷13名、 軽傷18名 
        朝鮮人と間違えられて殺された中国人死者3名、重傷5名 

        ■日本の内務省警保局の調査 
        朝鮮人の死者231名
        、朝鮮人と間違えられて殺された日本人死者59名 

        2つの別々の機関による調査だが、朝鮮人死者の誤差は2名、日本人死者の誤差は1名。正確な調査と言って良い。殺された本当の理由は、火事場泥棒を働いたから。だが朝鮮人としては、その本当の理由は死んでも言えない。そこで流言飛語で殺されたと主張している。 

        ■また朝鮮総督府が調査した結果、朝鮮人の関東大震災全体の死者(虐殺も含む)&行方不明者は832名でした。つまり(虐殺で死んだ人200人)+(地震で死んだ人&行方不明者600人)という事です。朝鮮人の遺族には1人200円の見舞金を贈り、地方官が遺族を慰問しました。見舞金総額は16万6千円です。 

        ■金承学の調査 (※金承学=当時、上海にあった独立運動機関誌「独立新聞」の社長) 
        朝鮮人の死者6415人
        。 大嘘つきの朝鮮人 

        井戸に毒を入れたなどの流言飛語により殺された人々もいたでしょうが、大半は、震災後の混乱の中で火事場泥棒などの犯罪を働こうとして自警団に殺されたというのが真相のようです。流言飛語により殺されたのは、無知文盲、粗暴で犯罪が多い、公共の空き地や河川敷などに住みついて朝鮮人部落を作る、低賃金で日本の仕事を奪うなどで、日本人から非常に嫌われていたことが原因でしょう。

         

         

        ***1952年12月の韓国第109回の閣議で、李承晩大統領の指示により、内務省から全国調査で「日本震災時被殺者リスト」というタイトルで把握した朝鮮人被殺者290人に対し、2015年国務総理所属の対日抗争期強制動員被害調査委員会が、最終的な身元確認者40人を発表。

        【2016.09.03 Saturday 09:43】 author :
        | 朝鮮関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        1829:なでしこりんさんの秀作記事
        0
          当ブログは、日本と日本人を愛しておられる方には完全リンクフリーブログです。 引用、転載、改作、盗作もご自由にどうぞ。事前事後の承諾は無用ですし、引用元の表示も必要ありません。 ぜひあなたのブログのネタに使ってください。
          ?    
          復活?日本共産党の暴力革命路線!日共と在日の暗い過去。私たちが教えられていない日本の戦後史 
          2014-11-16 11:48:04 
          テーマ:ブログ 
          最近の日本共産党系の集会では「殺す」と「死ね」が増えましたね!
          私たちは共産党と在日が引き起こした戦後のテロを教えられていない!

          なでしこりんです。東京は先週、先々週と土日のお天気があまりよくなかったので、今日のお天気の良さはありがたいですね。東京はここ2、3日、めっきり寒くなりました。皆様におかれましてはどうか風邪等引かれませぬようくれぐれもご自愛くださいね!

           
          「この機械はファシストたちを殺す!」 こちらはもちろん「アベシネ!」と読ませます!

          さて、ネット上の掲示板では、在日韓国朝鮮人の暴力組織「シバキ隊(現CRAC)が内部分裂を引き起こしたんだとか! シバキ隊なる存在が、在特会などがあっての存在であることは知る人は皆知っていることです。たとえはよくありませんが、両者の関係を「ハブとマングース」と見ることをお許しください。日本在来種のハブには自然界の生態系を維持する役目がありますが、外来種のマングースにはその働きはありません。ハブが姿を隠せば、マングースは他の動物を襲うか「共食い」するしか生きるすべはありません。外来種は外来種でしかないのです。

           
          これが日本共産党の国会議員・吉良佳子の顔です。落ち武者の幽霊ではありません。

          その「共食い」の一連のやり取りの中で大変興味深いツィートを見つけました。この発言は「シバキ隊在籍者」からの発言だと思われます。それがこれ! 「シバキ隊(現CRAC)」のことを、

          「日共の別働隊みたいなの本当に格好悪い。」
          「日共がどれだけウソこいてたかなんて今さら言わせるなっちゅーの。若い連中なら騙されるだろうけど。オレは全部おぼえてるぞ。」

          これは、「シバキ隊(現CRAC) の現状」を憂えた?発言なんでしょうか。「在日韓国朝鮮人の暴力組織・シバキ隊(現CRAC) は日共(日本共産党)の別働隊」ということを発言されているのですが・・・。でも、そんなこと、みんなとっくに知ってましたよね!ww  

           
          こちらは日本共産党の副委員長の小池晃。 乗っ取り成功の笑みですか?
          たとえば11月2日におこなわれた「東京大行進」なる集会。テレビ東京発表では1800人。主催発表では2800人!(大盛り特盛り発表ww) ではこのデモ参加者の実体は何者か?ということです。これはもう「お察し」だと思います。もちろん日本共産党の動員組。共産党系の組合員、民青、共産党の議員に生活保護の口ぞえをしてもらった人たちetc。確かに「本隊は日共そのもの」でしかありませんでした。

          私たち日本人が教えられていない「日本の戦後史」

           
          これは警察ではありませんよ。在日が勝手に武装しているんです!

          私は一連の日本共産党の差別を利用した大衆運動に「日本共産党の根深い暴力革命路線」の姿を垣間見ました。これって、戦後のどさくさ期に日本共産党と朝連(在日本朝鮮 人連盟=朝鮮総連の前身)による暴力的な暴動と瓜二つですよね。あなたは、在日韓国朝鮮人と日本共産党が引き起こした「暴動」をいくつご存知ですか? こういうのを見ると在日韓国朝鮮人が「通名=日本人風の偽名」を使って出自を隠そうとする理由が見えてきませんか? 日本共産党は、戦後の暴力革命路線を復活させるつもりのようですね! あなたはそれを許しますか? By なでしこりん


           
          直江津駅リンチ殺人事件(昭和20年) 長田区役所襲撃事件(昭和25年)

          永久保存版 「日本共産党と在日韓国朝鮮人が引き起こしてきたテロの数々」 

          ・朴烈事件(大正12年):民潭創設者・朴烈が起こした天皇暗殺未遂テロ 
          ・直江津駅リンチ殺人事件(昭和20年):満員列車で起きた在日による日本人リンチ殺害 
          ・大阿仁村事件(昭和20年):在日鉱山労働者が栗林に無断侵入&警官と乱闘 
          ・生田警察署襲撃事件(昭和20,21年):山口組成長のきっかけとなった在日による警察署占拠事件 
          ・首相官邸デモ事件(昭和21年):生活物資の優先配給を求めた在日が暴徒化 
          ・坂町事件(昭和21年):闇市の取締りに反発した在日による暴力事件 
          ・新潟日報社襲撃事件(昭和21年):坂町事件の記事の撤回謝罪を要求した在日による暴行 
          ・富山駅前派出所襲撃事件(昭和21年):犯罪人解放を狙った在日による警官襲撃 
          ・長崎警察署襲撃事件(昭和21年):犯罪人釈放を目的とした在日集団テロ 
          ・富坂警察署襲撃事件(昭和21年):犯罪人逃亡を企てた在日による警察署占拠 

          ・尾花沢派出所襲撃事件(昭和22年):闇米を摘発された在日が派出所を襲う 
          ・阪神教育事件(昭和23年):GHQが戦後初めて非常事態宣言を布告した大規模テロ 
          ・評定河原事件(昭和23年):北朝鮮国旗掲揚を巡った在日と米軍憲兵との乱闘 
          ・宇部事件(昭和23年):山口県宇部市における在日による生活保護要求テロ 

          ・益田事件(昭和24年):密輸入物資隠匿で摘発された在日を巡る襲撃テロ 
          ・枝川事件(昭和24年):集団窃盗犯逮捕に絡んで起こった在日による警察官暴行拉致事件 
          ・高田ドブロク事件(昭和24年):密造酒醸造犯による脅迫暴行デモ 
          ・本郷事件(昭和24年):朝鮮人地区の地図作成に対する在日の集団暴行 
          ・下関事件(昭和24年):韓国政府の在外国民登録に反発した在日が暴徒化 
          ・台東会館事件(昭和25年):朝連解散&朝連会館接収を拒否した在日が起こした公安事件 
          ・連島町事件(昭和25年):朝鮮解放5周年集会に集まった在日による暴動 
          ・長田区役所襲撃事件(昭和25年):在日が生活保護を要求して襲撃 

          ・四日市事件(昭和26年):朝連支部接収に反対した在日が起こしたバイオテロ 
          ・王子朝鮮人学校事件(昭和26年):東京朝鮮学校による違法印刷物を巡った在日の暴動 
          ・神奈川事件(昭和26年):神奈川県朝鮮人学校PTAによる暴力事件 
          ・下里村役場集団恐喝事件(昭和26年):生活保護と強制送還阻止を求めた在日が村役場を占拠 
          ・東成警察署催涙ガス投擲事件(昭和26年):警察が同胞を殺したとデマを流し暴徒化した在日によるテロ 
          ・軍需品製造工場襲撃事件(昭和26年):東成署事件の追悼集会で在日が再び暴徒化 
          ・半田一宮事件(昭和26年):密造酒取締に抵抗した在日が警察署を占拠 
          ・日野事件(昭和26年):在日朝鮮統一民主戦線や祖国防衛隊による違法デモ&暴動 

          ・万来町事件(昭和27年):生活保護増額を却下された在日が集団で福祉事務所を襲撃 
          ・木造地区警察署襲撃事件(昭和27年):日本共産党の指示で在日が起こした襲撃事件 
          ・姫路事件(昭和27年):民潭と総連間の抗争事件 
          ・血のメーデー事件(昭和27年):左翼団体と在日による皇居外苑における騒乱事件 
          ・上郡事件(昭和27年):日本の公立学校入学を巡った在日の内ゲバ暴行事件 
          ・八坂神社事件(昭和27年):在日デモ隊が大阪東成・八坂神社に無断侵入 
          ・宇治事件(昭和27年):在日による複数の派出所占拠 

          ・多奈川町事件(昭和27年):密造酒一斉摘発に抵抗した在日が集団暴徒化 
          ・田川事件(昭和27年):日本人花見客と在日グループとの争いで死亡者が出た暴行事件 
          ・大村収容所事件(昭和27年):韓国が強制送還引取拒否した在日犯罪者達が収容所内で暴徒化 
          ・広島地裁被疑者奪回事件(昭和27年):裁判中に在日放火犯を奪還し逃走 
          ・桜井町事件(昭和27年):旧朝連系在日よる民潭系在日への襲撃事件 
          ・奈良警察官宅襲撃事件(昭和27年):桜井町事件検挙に反発した在日が警官宅を襲撃 
          ・高田事件(昭和27年):旧朝連系在日による民潭&派出所襲撃事件 
          https://twitter.com/u_dumbo/status/520432138739388416 

          これだけひどいことをやったら、さすがに「本名」は名乗れません!
          【2015.07.22 Wednesday 19:07】 author :
          | 朝鮮関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          1811:拱手について
          0
            ヤフー知恵袋も馬鹿にしたもんじゃないね。

            frogman03544さん
            「拱手に関するベストアンサー
            拱手(きょうしゅ)とも言いますね。
            男性は左手で右手の拳を包み、女性は右手で左の拳を包むのが正規です。
            ちなみに、凶事の挨拶の場合は、左右を逆にするのが礼儀です。

            ほかにも、
            【拝礼】
            両手を組んで頭を深くたれます。
            君主の命令を拝命する時に行います。

            【揖礼】
            両手を組み頭を下げます。
            普段の挨拶などに使用されます。

            【頓首】
            頭額をもって地を叩く激しい礼で、君主への直訴や、重い謝罪に用います。

            【稽首】
            頭額を地に付くまで下げる、君主の命を拝命する場合に行います。

            【再拝稽首】
            最上の礼で、両手を組み土下座のようにひざを突き、
            頭を垂れ2回拝礼(腕を上下に振る)を行います。

            礼の種類には九拝があり、頓首・稽首の他に、
            空首・振動・吉拝・凶拝・奇拝・褒拝・粛拝があります。

            「揖(ゆう)」すとか、「拱(きょう)」す、
            「叉手(さしゅ)」するなどともいいます。
            「拱」は「こまねく」と訓み、
            拱手は手をつかねて無為でいるさまをも表します。
            あなたに対して、敵対するつもりはありませんよ。という意味です。

            正確には、右袖口から左手先を入れ、
            左袖口から右手先を入れ、
            そうしてできた腕の輪を前につき出してその中に頭を入れるものです。
            拱手して頭を入れるお辞儀は、中国では最敬礼にあたります。

            「拱手」については、
            19世紀ごろに中国人に接した西洋人が珍しがり、
            「我々は相手と握手するが、
            中国人は自分自身と握手する」などと述べた記録があるといいます。

            中国では現在、挨拶は西洋的な握手が一般的です。
            中華人民共和国成立後に、旧習を一掃する運動が実施された結果、
            壇上で拍手を受けた場合には自らも拍手で答礼するなどのマナーもあります。
            昔ながらの挨拶方法は一時廃れましたが、
            最近ではテレビ番組の司会者が「拱手」してみせるなど、
            自然に復活しているようです。」


            体前に腕や鞄など回す行為は、防御本能からと言われているが、教師が生徒を叱責中のイラストなどで腕を組むのが万国共通になっているのは、実は防御本能からと言うのは面白い。
            拱手自体は、相手に対し敵意が無く、攻撃を放棄しているという意思を動作で表すもので、中国式の拱手した両腕の間に頭を入れる動作や、日本式の体前で腕や手を交差させない動作は、反撃や防御を放棄する所作である。
            朝鮮式の拱手・コンスは、交差させた手に加えて肘を張って威を張るもので、「万年属国の虐げられた民族の哀しい習性」という理屈と膏薬(ググってみましたw)です。
            日韓融和で朝鮮礼法(そんなモノなど最初から無い)コンスを広めたいブロガーが、頻りに嫌韓を抑制しようとしているが、(コンス批判の嫌韓ブロガーも、あまり信頼出来ないとしても)反撃・防御放棄の所作より、朝鮮式のコンスが美しいと思う日本人が増えているのなら、所詮日本人も特亜系民族であったという事であるww。
            【2015.02.25 Wednesday 18:37】 author :
            | 朝鮮関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            1810:資料メモ:戦前渡航朝鮮人関係新聞記事
            0

              『鮮人内地密航/発見されて説諭』 大阪朝日 1921/7/15 鮮満 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『又も帆船で密航した不逞鮮人四名逮捕さる』 大阪朝日 1922/5/20 〔7/4〕 下関・兵庫 【社会】

              『北鮮から密航の怪鮮人/新羅丸の石炭庫に潜伏/労働者には不似合の所持品が不審』 福岡日日 1922/5/21 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『鮮人十名密航』 大阪朝日 1922/7/2 夕 〔2/1〕 下関・山口 【社会】

              『鮮人十名の密航者/京畿丸に潜伏』 京城日報 1922/7/4 〔4/8〕 下関・山口 【渡航】

              『ブロ−カ−の手で密航する鮮人が多い/大部分は山口福岡両県に上陸/北九州一帯では特に警戒を厳にして居る』 九州日報 1923/4/17 〔1/5〕 ・福岡・山口 【渡航】

              『密航鮮人発見(遠賀郡芦屋町)』 門司新報 1923/11/7 〔1/5〕 遠賀郡・福岡 【渡航】

              『鮮人の内地密航に警戒の眼が光る/釜山水上署の取締』 京城日報 1923/12/20 〔2/5〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『内地密航と取締』 大阪朝日 1923/12/6 鮮満 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『発動船で密航/鮮人九名発見』 福岡日日 1924/2/21 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『潜入を企つ/立神丸に忍んで(舞鶴〜元山定期航路・立神丸で自称島根県人が密航企図。「不逞鮮人」と連絡ある者と見込み取調中)』 大阪朝日 1924/4/20 京附 〔1/9〕 舞鶴・京都 【警備】

              『丗名の鮮人欺されて密航/山口特牛港に』 福岡日日 1924/5/2 〔1/3〕 ・山口 【渡航】

              『五十余名の密航団/難船して露見に及ぶ』 京城日報 1924/5/9 夕 〔2/4〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人渡来制限撤廃/密航は取締る』 福岡日日 1924/6/7 〔1/7〕 下関・福岡 【渡航】

              『密航の鮮人』 門司新報 1924/7/11 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『極左傾の不逞鮮人が日本へ密行した/手配が廻つて警視庁活動(青山爆弾事件。在ウラジオストクの活動家が日本に密航した形跡があるという朝鮮総督府の打電により活動開始)』 京都日出 1924/8/15 〔〕 東京・東京 【警備】

              『巧妙な鮮人の密航/当局も取締りに悩まさる』 京城日報 1925/5/15 〔3/7〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人労働者を内地へ密航させる/大仕掛な企て暴露』 京城日報 1925/5/21 〔3/6〕 ・朝鮮 【渡航】

              『四十二名の密航者検挙/第一回の小手調べ/募集人は厳重処分』 京城日報 1925/10/11 夕 〔5/1〕 慶南・朝鮮 【渡航】

              『労働者釣りの悪玉縮み上る/密航者は次第に減少の傾向がある』 京城日報 1925/10/16 〔6/1〕 慶南・朝鮮 【渡航】

              『鮮人丗三名の上陸で騒ぐ/密航と誤認して(戸畑市)』 福岡日日 1926/1/4 〔1/3〕 北九州・福岡 【社会】

              『鮮人丗五六名を乗せた奇怪な密航船来る/白木署に上陸して行衛不明/其筋では頗る重大視(門司市)』 福岡日日 1926/3/12 〔1/3〕 北九州・福岡 【渡航】

              『小発動機船で鮮人の密航団/三十名釜山から門司に上陸し行方を晦す』 大阪毎日 1926/3/14 夕 〔2/5〕 門司・福岡 【渡航】

              『長さ四間の発動機船で/鮮人三十余名密航す/氏名も目的も行先も判らぬ/時節柄厳戒を加ふ』 中国 1926/3/14 〔〕 門司・福岡 【渡航】

              『密航鮮人一部発見さる/小倉駅頭にて(小倉市)』 福岡日日 1926/3/14 〔1/3〕 北九州・福岡 【渡航】

              『鮮人密航団を発見/同勢三十六名の内/十六名を捕へて送還』 中国 1926/3/23 〔〕 下関・山口 【渡航】

              『大胆な鮮人団帆船で密航/玄海を横切って鐘崎へ/福岡署に知れて取調らる(宗像郡岬村)』 福岡日日 1926/4/11 夕 〔1/2〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『怪しき汽船に/六十名が潜伏/大規模な密航団が/釜山署の手で逮捕』 大阪朝日 1926/4/13 朝鮮朝日 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航団鮮人取押へらる』 大阪毎日 1926/4/16 〔11/7〕 門司・福岡 【渡航】

              『七十余名の密航船/下関で発見』 京城日報 1926/4/17 〔3/3〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人の/乗込船が沈没/海上を漂流中救はれ/四国宇和島に上陸』 大阪朝日 1926/4/17 朝鮮朝日 〔〕 宇和島・愛媛 【渡航】

              『密航者七十余名が/釜山に送還さる/警察で保護を加へ/渡航或は帰郷さす』 大阪朝日 1926/4/20 朝鮮朝日 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人の密航団/又また津屋崎へ上陸す(宗像郡津屋崎町)』 九州日報 1926/4/21 〔1/5〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『鮮人の密航に/頭を悩ます山口県/悪周旋業者に過られた/哀れな彼らの心情』 大阪朝日 1926/4/24 広島 〔〕 ・山口 【渡航】

              『鮮人の密航続出/行啓を控へた山口県へ/既に三百名に達した』 大阪朝日 1926/4/29 〔5/9〕 下関・山口 【渡航】

              『又も鮮人の密航団/山口へ六十名』 福岡日日 1926/4/29 〔1/2〕 山口・山口 【渡航】

              『六十名の密航団/山口県の北海岸で発見』 京城日報 1926/4/30 夕 〔2/4〕 ・山口 【渡航】

              『鮮人の密航続出/行啓を控へた山口県三百名(東宮行啓を控え県警察部は漫然渡航者を乗船地で阻止しているが、密航を企てる者も増加。近頃も大津郡深川村に60名上陸)』 京都日出 1926/4/30 〔〕 長門・山口 【渡航】

              『朝鮮から内地へ/内地から朝鮮へ/虻蜂とらずに終った/密航鮮人団三十余名』 大阪朝日 1926/4/7 朝鮮朝日 〔〕 下関・山口 【渡航】

              『大密航バレる』 大阪朝日 1926/5/1 朝鮮朝日 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『生き残った/密航者送還/厳原警察から/釜山に向けて』 大阪朝日 1926/5/20 朝鮮朝日 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『二十余名の密航者団逮捕/下関水陸両署活動/時節柄とて重大視す』 中国 1926/5/26 〔〕 下関・山口 【渡航】

              『依然と困る密航者/釜山署の大弱』 大阪朝日 1926/5/28 朝鮮朝日 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『怪しい鮮人密航者/夜陰に乗じ門司海岸に上陸/大部分を取押へ取調中』 神戸新聞 1926/5/29 〔8/4〕 門司・福岡 【社会】

              『大里に又密航団/十九名の鮮人(門司市)』 福岡日日 1926/5/29 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『鮮人が帆船で渡っても密航でない、つまらぬ取締りをされては思想上面白くないと朝鮮総督府から横槍』 神戸新聞 1926/5/3 〔6/3〕 釜山・朝鮮 【社会】

              『又も糸島に密航団/朝鮮から渡航六十余名(糸島郡芥屋村)』 福岡日日 1926/5/4 〔1/2〕 糸島郡・福岡 【渡航】

              『密航朝鮮人は/既に二百に上る/行啓後に対策を/赤木特高課長の沿岸視察』 大阪朝日 1926/5/5 広島 〔〕 ・山口 【渡航】

              『密航者体裸で泳ぐ/鮮人が陸岸目蒐けて/泳ぎ上つた処を引捕ふ(遠賀郡岡垣村)』 福岡日日 1926/6/12 〔1/2〕 遠賀郡・福岡 【渡航】

              『鮮人青年が密航企つ/上海から乗船』 神戸新聞 1926/6/20 〔8/10〕 神戸・兵庫 【社会】

              『密航鮮人団逮捕/募集した鮮人男女を/売り飛ばすつもり』 中国 1926/6/6 〔〕 徳山・山口 【渡航】

              『戦慄を感じる/あぶない密航/産業の過渡期に立ち/生活に悩む下層鮮人』 大阪朝日 1926/8/14 朝鮮朝日 〔〕 ・朝鮮 【渡航】

              『鮮人密航の/首魁を逮捕/釜山警察署で』 大阪朝日 1926/8/25 朝鮮朝日 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『さても現金な/密航者が絶える/渡航阻止者に対しては/釜山で就職口を周旋(水電工事にも)』 大阪朝日 1926/10/6 朝鮮朝日 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『渡航鮮人の/素質が向上/密航者の群もだんだんと減少』 大阪朝日 1926/11/17 朝鮮朝日 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『朝鮮から五六十名/御大喪に参列さしたい/不逞団の取締は厳重にする/湯浅総監下関で語る(浦塩或は上海方面から密航、十分警戒)』 大阪毎日 1927/1/15 朝鮮 〔9/2〕 下関・山口 【警備】

              『警備船で密航者取締』 京城日報 1927/2/24 〔6/3〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航発覚頻々(吉見村)』 大阪毎日 1927/3/11 朝鮮 〔9/8〕 ・山口 【渡航】

              『三名の鮮人怪漢繋留中の発動船を盗み出す/機関長を脅迫して運転を初め舵を操り沖合に逃げ去る(内地密航鮮人の所為と睨み厳重捜査中)』 大阪毎日 1927/3/2 朝鮮 〔9/3〕 釜山・朝鮮 【窃盗】

              『密航鮮人/八十名/北浦海岸に上陸(豊浦郡川棚村)』 大阪朝日 1927/3/3 朝鮮朝日 〔〕 豊浦・山口 【渡航】

              『六十名の密航鮮人/下関吉見海岸に上陸(山口県吉見村)』 九州日報 1927/3/7 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『鮮人丗四名内地へ密航途中暴風にあひ対馬に漂着す』 大阪毎日 1927/3/8 朝鮮 〔9/7〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『怪帆船の中から百名の密航者現はる/下関市外吉見海岸で発見され釜山へ送還さる』 京城日報 1927/3/9 〔7/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航ブロ−カ−鮮人/取押へらる(糸島郡前原町)』 九州日報 1927/4/15 〔1/5〕 前原・福岡 【犯罪】

              『船底に潜む怪鮮人/密航者と判る』 神戸新聞 1927/4/16 夕 〔2/8〕 敦賀・福井 【社会】

              『密航鮮人/十余名捕る(田の浦海岸)』 大阪朝日 1927/4/20 朝鮮朝日 〔〕 門司・福岡 【渡航】

              『七十名を内地へ密航させんとした四人捕はる』 大阪毎日 1927/4/27 朝鮮 〔10/1〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航団また捕はる』 京城日報 1927/4/8 夕 〔6/8〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『夜陰に乗じ/密航を企つ/鮮人を発見(五十余名)』 大阪朝日 1927/4/9 朝鮮朝日 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『<慶尚南道>密航幇助で取調べ』 京城日報 1927/5/10 〔4/9〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人/蘆屋に上陸/目下取調中』 大阪朝日 1927/5/15 朝鮮朝日 〔〕 芦屋・福岡 【渡航】

              『怪機船/密航鮮人の輸送を企つ』 大阪朝日 1927/5/18 朝鮮朝日 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『検挙された富士丸/三回に亘つて密航/犯行を自白す』 京城日報 1927/5/19 〔4/1〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航団を利用し一儲け志願オヂヤン』 京城日報 1927/5/19 〔7/8〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人が/積み帰さる』 大阪朝日 1927/5/20 朝鮮朝日 〔〕 芦屋・福岡 【渡航】

              『三人組の密航詐欺/横浜水上署で検挙す』 京城日報 1927/7/20 夕 〔2/8〕 横浜・神奈川 【渡航】

              『米国の母を尋ねて密航した十四歳の鮮童/新聞売子をして苦学した果/アリゾナ号にて送還さる』 福岡日日 1927/7/30 夕 〔1/2〕 横浜・神奈川 【社会】

              『密航者送還(支那労働者)』 京城日報 1927/8/2 〔5/4〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『慶尚南道/女房に化けて内地へ密航/際どい処で発見さる』 京城日報 1928/1/19 〔4/3〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『三鮮人密航/石炭庫にひそんで』 福岡日日 1928/1/25 夕 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人難破し西戸崎で救はる(糟屋郡志賀島村)』 福岡日日 1928/2/19 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『十一名の密航者送還せらる』 大阪毎日 1928/2/21 朝鮮 〔9/5〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『北日本汽船の「以智丸」が多数の密航鮮人を乗せて神戸に帰る/水上署、厳重取調べの歩を進む』 神戸新聞 1928/3/6 夕 〔2/4〕 神戸・兵庫 【渡航】

              『船長が首謀で鮮人を密航させる/一人から十一円とった/南鮮航路の以智丸』 大阪毎日 1928/3/6 〔7/9〕 神戸・兵庫 【社会】

              『背任罪その他の罪名で三名を司法係りに/以智丸鮮人密航事件』 神戸新聞 1928/3/7 夕 〔2/8〕 神戸・兵庫 【渡航】

              『密航の鮮人(門司市)』 福岡日日 1928/6/29 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『帆船で内地密航/三十余名の一団で』 京城日報 1928/9/12 〔4/4〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『怪しまれた密航の鮮人/手続不備と判る』 神戸又新日報 1928/9/29 〔5/8〕 神戸・兵庫 【渡航】

              『鮮人の密航/対州からが多い』 福岡日日 1928/10/12 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『支那人の密航を企つ/発動汽船で準備中を/釜山水上署で検挙』 京城日報 1928/10/25 夕 〔2/1〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航を種に/詐欺を働く』 大阪朝日 1928/11/28 西北 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航料三百円/支那人から捲上げる』 京城日報 1928/11/29 〔5/3〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『長崎県(対馬)対州にて密航鮮人/五名発見さる』 福岡日日 1929/1/25 夕 〔1/2〕 ・長崎 【渡航】

              『石炭庫内に密航鮮人/横浜から大阪へ』 大阪毎日 1929/1/29 夕 〔2/4〕 大阪・大阪 【社会】

              『密航支那人失敗して送還/草梁からぬけ出し福岡で上陸禁止』 京城日報 1929/1/30 〔7/6〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『怪朝鮮少年/密航成功を申立つ(門司)』 門司新報 1929/3/20 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航して内地見物』 京城日報 1929/3/27 〔4/3〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『二十余名の密航鮮人/西唐津で発見』 福岡日日 1929/4/10 夕 〔1/2〕 唐津・佐賀 【渡航】

              『内地に密航し/送り還さる』 大阪朝日 1929/4/11 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『内地密航を企つ』 大阪朝日 1929/4/11 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『<全羅南道>命懸けの内地密航/無人島に集り帆船で』 京城日報 1929/5/10 〔4/13〕 木浦・朝鮮 【渡航】

              『五十余名内地へ密航/仮泊中捕る』 京城日報 1929/5/13 〔3/4〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人二十六名内地密航/西戸崎を徘徊(粕屋郡志賀島村)』 門司新報 1929/5/14 〔1/5〕 福岡・福岡 【渡航】

              『内地密航者/卅名送還さる』 大阪朝日 1929/5/17 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『旱害農民の/生血を吸ふ/内地密航の悪周旋業者』 大阪朝日 1929/5/2 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『朝鮮人四十名山口県へ密航/上陸し捕はる』 大阪朝日 1929/5/2 夕 〔2/9〕 豊浦郡・山口 【密航】

              『釜山から密航した挙動不審の二鮮人、きのふ長城丸で水上署員に発見/同署で引続き取調中』 神戸新聞 1929/5/28 〔5/8〕 神戸・兵庫 【社会】

              『密航者と/誤られて/福岡県から釜山へ送還さる』 大阪朝日 1929/5/28 南鮮 〔〕 前原・福岡 【渡航】

              『内地へ密航/張本人捕る』 京城日報 1929/5/3 〔4/4〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人密航者/十五名上陸/糸島海岸に(糸島郡北崎村)』 九州日報 1929/6/25 〔1/7〕 糸島郡・福岡 【渡航】

              『姪浜海岸に密航鮮人/十八名上る』 福岡日日 1929/6/29 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『内地官憲と/協力し/朝鮮人の密航を極力ふせぐ』 大阪朝日 1929/6/4 朝鮮朝日 〔〕 ・日本 【渡航】

              『石炭庫の中の密航者二名/新舞鶴で検挙(島谷汽船大成丸で木浦から敦賀へ密航企図)』 大阪朝日 1929/7/11 京版 〔9/7〕 舞鶴・京都 【渡航】

              『密航専門の怪発動汽船/船長等遂に捕はる』 京城日報 1929/7/8 〔3/4〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人十四五名捕はる/姪浜海岸で』 九州日報 1929/8/12 〔1/7〕 福岡・福岡 【渡航】

              『鮮人十三名密航して捕はる』 福岡日日 1929/8/12 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航者一杯喰ふ』 京城日報 1929/8/31 〔5/1〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航を/企てた一味/十余名検挙』 大阪朝日 1929/8/31 西北 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『内地に密航鮮人検挙』 大阪毎日 1929/8/31 朝鮮 〔9/8〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人廿五名山林に潜伏中を取押へらる(遠賀郡島郷村)』 福岡日日 1929/8/4 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『鮮人廿五名の密航団押へらる/妙齢の婦人や社会主義青年/遠賀郡下の海岸で(遠賀郡島郷村)』 九州日報 1929/8/5 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『内地密航の/帆船が/時化に遭ひ/全部救はる』 大阪朝日 1929/9/12 西北 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人多数溺死か/内地への密航中遭難す(対馬比田勝沖)』 大阪毎日 1929/9/13 〔7/9〕 上県郡・長崎 【渡航】

              『遭難の/密航者/送り還さる』 大阪朝日 1929/9/14 西北 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人(神戸へ送還)』 大阪毎日 1929/9/28 神毎 〔9/7〕 神戸・兵庫 【社会】

              『内地密航に/飛行機/利用せんとして取押へらる』 大阪朝日 1929/10/24 西北 〔〕 慶州・朝鮮 【渡航】

              『密航常習者/出発間際に逮捕』 京城日報 1929/10/5 〔4/2〕 南海郡・朝鮮 【渡航】

              『強ひて罪人にして鮮人少年を保護さす/複雑な家庭の事情から死出の旅の密航哀話』 大阪朝日 1929/11/21 神版 〔9/6〕 神戸・兵庫 【社会】

              『密航鮮人少年/船で使ってくれと哀願す』 大阪毎日 1929/11/21 神毎 〔9/7〕 神戸・兵庫 【社会】

              『密航鮮人十数名取押へらる(門司市)』 福岡日日 1929/12/25 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航上陸の十三鮮人/それゞゝに斡旋(門司)』 門司新報 1929/12/26 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人十九名西戸崎に上陸し寒さにふるふ(糟屋郡志賀島村)』 福岡日日 1929/12/27 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『関釜連絡船で怪しい鮮人/密航を企て逮捕さる』 大阪毎日 1929/12/29 朝鮮 〔9/8〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航船の行方捜査』 京城日報 1930/1/10 〔4/2〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『卅二名の密航団送還』 京城日報 1930/1/11 〔4/8〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『二鮮人の密航』 門司新報 1930/1/12 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『寒風にふるえて鮮人の密航団/叉もブローカーに騙される/発動船で玄海横断(糟屋郡志賀島村)』 福岡日日 1930/1/7 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『内地渡航を望む鮮人を食物にする不正船員/叉も密航団十二名下関に現る/怪発動船の行方を厳重捜索』 福岡日日 1930/1/8 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『密航卅八名逆戻り』 京城日報 1930/1/9 〔4/4〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『西戸崎に密航鮮人/子供を混つて十数名』 九州日報 1930/2/13 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人団十三名を発見(糟屋郡志賀島村)』 福岡日日 1930/2/13 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『又も鮮人密航/けさ、西公園へ三名』 九州日報 1930/3/19 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『多数の密航鮮人/西公園付近から上陸し三十名は検挙さる』 福岡日日 1930/3/19 夕 〔1/4〕 福岡・福岡 【渡航】

              『又も西戸崎鮮人密航(糟屋郡志賀島村)』 福岡日日 1930/3/24 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『姪浜にも密航鮮人(早良郡姪浜町)』 福岡日日 1930/3/24 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人八十八名を逮捕/遠賀郡岡垣村に上陸/炭坑方面に潜入(遠賀郡水巻村)』 福岡日日 1930/3/5 〔1/2〕 遠賀郡・福岡 【渡航】

              『鮮人九名密航/発動機船に便乗』 門司新報 1930/5/14 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航超特作/マストの先端に隠る』 京城日報 1930/5/2 〔4/4〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『命がけの密航/関釜連絡船の数十尺の/マストによぢ登り』 大阪朝日 1930/5/2 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航支那人送還(朝鮮の草梁海岸から門司に上陸)』 京城日報 1930/5/20 〔4/4〕 北九州市門司区・福岡 【渡航】

              『密航朝鮮人を/船中で脅迫/所持金を全部巻上ぐ/海賊動揺の密航ブローカー』 大阪朝日 1930/5/21 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『潜航、密航斡旋の首犯原田捕はる/一味の蛭子丸船員も悉く検挙さる』 大阪毎日 1930/5/22 朝鮮 〔9/7〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『<慶尚南道>生血を吸ふ悪ブローカー/内地密航を種にして近く大々的検挙する』 京城日報 1930/5/3 〔4/9〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『二十八名を密航させて/手数料を取った/三名遂に捕る』 大阪朝日 1930/5/3 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『雑魚寝の密航鮮人/六名門司老松公園に』 九州日報 1930/5/4 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航を企て/大時化に逢ふ』 大阪朝日 1930/6/17 西北 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人発見』 門司新報 1930/6/5 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人泣く/飲まず食はずに』 福岡日日 1930/8/25 〔1/7〕 ・佐賀 【渡航】

              『密航労働者を/脅迫の船長らに/それぞれ懲役を求刑』 大阪朝日 1930/10/16 西北 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『朝鮮人四十三名/内地密航を企つ/漁業会社の船員と詐称/下関入港発見さる』 大阪朝日 1931/2/27 広島 〔〕 下関・山口 【渡航】

              『四十二名の鮮人密航団/鮮魚運搬船へ潜伏/下関署に発見さる(川尻町で漁業従業のため雇入れて来たものと訂正あり、三月一日付け記事)』 中国 1931/2/27 〔〕 下関・山口 【渡航】

              『四十三名の鮮人密航/下関入港の機帆船にて』 門司新報 1931/2/27 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『男女三十九名が/密航詐欺にかかる/犯人は姿を晦ます』 大阪朝日 1931/3/12 南鮮 〔〕 対馬・長崎 【渡航】

              『欺かれた鮮人密航団/四日間玄界灘を漂流し厳原で置き去らる』 大阪朝日 1931/3/19 夕 〔2/7〕 長崎・長崎 【密入国】

              『石炭庫にかくれていた/密航者発見さる/怪しいトランクを所持』 中国 1931/3/25 〔〕 呉・広島 【渡航】

              『丗名の密航者又朝鮮から/花見酒宴中の騒ぎ(糸島郡北崎村)』 福岡日日 1931/3/31 〔1/3〕 糸島郡・福岡 【渡航】

              『四十二名の鮮人密航/中には甘い道行きもある』 門司新報 1931/4/1 〔1/5〕 ・山口 【渡航】

              『密航の朝鮮女に鮮人土工連が暴行/説得する親方等を負傷さす/女房にすると頑張て』 福岡日日 1931/4/10 〔1/3〕 ・佐賀 【社会】

              『朝鮮人の密航団/一人あたり十五円の料金で/三十二人山口県へ』 中国 1931/4/30 〔〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人四十名の上陸』 門司新報 1931/5/10 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『丗六名の密航鮮人糸島の北崎海岸に上陸/前原署で取調の上送還(糸島郡北崎村)』 福岡日日 1931/5/17 夕 〔1/2〕 糸島郡・福岡 【渡航】

              『密航の二鮮人』 大阪朝日 1931/5/27 神版 〔9/7〕 神戸・兵庫 【密入国】

              『密航発見さる』 大阪毎日 1931/5/27 神毎 〔9/5〕 神戸・兵庫 【社会】

              『下関署で/密航鮮人/厳重取締る』 大阪朝日 1931/6/13 南鮮 〔〕 下関・山口 【渡航】

              『朝鮮を本拠に密航の周旋/不正の戸籍謄本を所持した男の口から暴露す』 神戸新聞 1931/6/22 〔7/5〕 神戸・兵庫 【社会】

              『全鮮に網を張る密航の大周旋団/内地居住朝鮮人の謄本を盗用/本拠を仁川に置く』 大阪朝日 1931/6/22 神版 〔9/6〕 神戸・兵庫 【密入国】

              『西戸崎に密航鮮人(糟屋郡志賀島村)』 福岡日日 1931/6/24 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航朝鮮人領事館へ自首(在神戸)』 大阪朝日 1931/7/4 神版 〔9/7〕 神戸・兵庫 【密入国】

              『密航鮮人二十三名発見さる(早良郡藤島村)』 福岡日日 1931/7/7 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『廿八名の鮮人若松に密航(若松市)』 福岡日日 1931/8/17 〔1/3〕 北九州・福岡 【渡航】

              『夫恋ひしさに鮮人密航(糸島郡北崎村)』 九州日報 1931/8/18 〔1/7〕 ・福岡 【渡航】

              『鮮人の密航』 福岡日日 1931/8/20 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『三日不飲不食の密航二人鮮人(門司)』 門司新報 1931/11/22 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『朝鮮人二十三名密航/糸島へ上陸(糸島郡芥屋村)』 九州日報 1931/12/4 〔1/7〕 糸島郡・福岡 【渡航】

              『内地密航団/釜山で検挙』 大阪朝日 1932/3/13 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『五十余名の密航鮮人/北崎と志賀島に』 福岡日日 1932/3/29 夕 〔1/2〕 糸島郡、福岡・福岡 【渡航】

              『鮮人内地密航団/釜山に送還さる』 大阪朝日 1932/3/3 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『朝鮮から十四名発動船で密航/小倉海岸に上陸す(門司)』 門司新報 1932/3/30 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『発動船による/内地への密航/最近またも増加す』 大阪朝日 1932/4/12 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『頓に劇増した鮮人の内地密航/一月以降千名に上らん』 門司新報 1932/4/14 〔1/5〕 ・佐賀 【渡航】

              『神天丸に密航者(大阪摂津汽船)』 大阪朝日 1932/4/2 広島 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『朝鮮人の/内地密航/絶滅計画』 大阪朝日 1932/4/26 南鮮 〔〕 ・朝鮮 【渡航】

              『又も戸畑に鮮人の密航/内三名を門司水上署で逮捕(門司)』 門司新報 1932/4/26 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人二十五名小戸海岸に上陸/九名は行方不明』 福岡日日 1932/4/3 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『又も廿二名の鮮人密航団(門司市)』 福岡日日 1932/4/8 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『鮮人密航者十五名/門司駅で捕はる(門司)』 門司新報 1932/4/9 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『最近非常に多い鮮人の内地密航/発見護送された者の外潜入した者もかなり多数(門司市)』 福岡日日 1932/5/13 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『発動船で密航の鮮人十九名/門司市大久保に上陸(門司)』 門司新報 1932/5/13 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『取締上厄介千万な朝鮮人の内地密航/内鮮協力して研究/池田総督府警務局長語る』 福岡日日 1932/5/14 〔1/4〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人四十名/豊浦郡へ上陸』 門司新報 1932/5/15 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『四十名の密航鮮人』 福岡日日 1932/5/16 〔1/3〕 ・山口 【渡航】

              『またも密航鮮人/不逞の徒の潜入を警戒し福岡県警察部大緊張(糸島郡福吉村)』 福岡日日 1932/5/25 〔1/3〕 ・福岡 【渡航】

              『八十五名の密航鮮人/門司水陸両署大活動開始(門司)』 門司新報 1932/5/25 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『大仕掛の/密航ブローカー/釜山で検挙される』 大阪朝日 1932/5/28 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『また下関へ鮮人密航/一部は逃走す』 門司新報 1932/6/11 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『不穏文書を持った密航鮮人/新韓会幹部からの重要指令/下関署色めく(山口県川中村)』 九州日報 1932/6/12 〔1/7〕 下関・山口 【共産主義】

              『密航の検挙から鮮人の陰謀暴露/朝鮮独立運動の不穏文書現れ/下関署異常な緊張』 門司新報 1932/6/12 〔1/5〕 下関・山口 【民族運動】

              『又々九名の密航鮮人(糸島郡野北村)』 福岡日日 1932/6/14 夕 〔1/2〕 糸島郡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人大検挙/昨朝下関両署が』 門司新報 1932/6/3 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『又も密航鮮人十一名神ノ湊海岸に上陸 東郷署に連行取調べ 首謀者二名も逮捕(宗像郡神湊町)』 福岡日日 1932/6/4 夕 〔1/2〕 宗像・福岡 【渡航】

              『五人連の鮮人/丗余名の密航一味と判る(門司市)』 福岡日日 1932/6/5 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『鮮人密航団又も姿を現はす/昨日門司日野海岸に(門司)』 九州日報 1932/8/30 〔1/4〕 北九州・福岡 【渡航】

              『鮮人の密航者/時節柄門水署大活動(門司)』 門司新報 1932/8/30 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航団三十余名/釜山で検挙/ブローカー二名も取押へ』 大阪朝日 1932/8/7 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『「赤手」防御の陣/但馬海岸を警戒/朝鮮方面の密航者に備ふ/警官十名を増派し』 大阪朝日 1932/10/16 神版 〔1/13〕 城崎郡・兵庫 【警戒】

              『下関方面に続々鮮人密航す/陸軍大演習を前に/愈よ警戒を固む』 福岡日日 1932/11/1 〔1/3〕 下関・山口 【警備】

              『密航鮮人取押表彰(宗像郡津屋崎町)』 福岡日日 1932/11/13 〔1/7〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『大演習を機に鮮人不穏計画/発動機船で密航下関署に挙らる』 九州日報 1932/11/5 〔1/7〕 下関・山口 【警備】

              『労働者の/内地密航/を企て一味検挙さる』 大阪朝日 1933/1/20 南鮮 〔〕 馬山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人三名発見送還さる/他の一味を捜査中』 福岡日日 1933/2/10 夕 〔1/2〕 下関・福岡 【渡航】

              『密航鮮人の方割れ捕はる/門司水上署員に(門司)』 門司新報 1933/2/10 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『十六名の密航鮮人/五名発見送還される(糸島郡加布里村)』 福岡日日 1933/2/21 夕 〔1/2〕 前原・福岡 【渡航】

              『証明書を偽造/鮮人の密航』 門司新報 1933/2/3 〔1/5〕 下関・福岡 【渡航】

              『大規模な内地密航/釜山で捕はる』 大阪毎日 1933/2/5 朝鮮 〔5/7〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『神ノ湊に密航鮮人/十九名上陸(宗像郡神湊町)』 福岡日日 1933/3/16 〔1/3〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『夜雨を衝いて密航鮮人/大捕物の幕』 福岡日日 1933/3/28 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人三十名/又も糸島へ上陸(糸島郡加布里村)』 福岡日日 1933/3/29 夕 〔1/2〕 前原・福岡 【渡航】

              『密航鮮人送還(糸島郡前原町)』 九州日報 1933/3/30 〔1/7〕 前原・福岡 【犯罪】

              『警戒網を潜る密航鮮人/門司水上署手配(門司市)』 福岡日日 1933/4/10 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人逮捕』 福岡日日 1933/4/12 〔1/3〕 下関・山口 【渡航】

              『子供も交つて十三名が密航/下関署に一網打尽』 門司新報 1933/4/13 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『朝鮮人の密航周旋/二人共謀して手数料をとる』 大阪毎日 1933/4/17 西部 〔7/13〕 宇部・山口 【渡航】

              『二鮮人密航』 大阪毎日 1933/4/17 西部 〔7/13〕 唐津・佐賀 【渡航】

              『下関にも密航鮮人現はる(山口県川中村)』 九州日報 1933/4/22 夕 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『またも鮮人の密航/糸島海岸に上陸(糸島郡芥屋村)』 九州日報 1933/4/22 夕 〔1/2〕 糸島郡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人(糸島郡芥屋村)』 福岡日日 1933/4/22 〔1/3〕 糸島郡・福岡 【渡航】

              『八名の密航/釜山で逮捕』 大阪毎日 1933/4/30 朝鮮 〔5/10〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人十二名』 福岡日日 1933/4/30 〔1/3〕 下関・山口 【渡航】

              『密航者満載の/怪船捕はる/僅か十五トンの小舟に/密航者六十六名潜伏(福岡へ)』 大阪朝日 1933/4/5 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航を企て難破す』 大阪毎日 1933/4/9 朝鮮 〔5/5〕 浦項・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人/十一名中一名逮捕』 福岡日日 1933/5/10 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『廿三名の密航鮮人逮捕』 福岡日日 1933/5/13 〔1/3〕 下関・山口 【渡航】

              『またも密航鮮人/けさ西戸崎にて十五名取押へらる(糟屋郡志賀島村)』 福岡日日 1933/5/24 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『又復密航鮮人』 福岡日日 1933/5/31 〔1/3〕 下関・山口 【渡航】

              『四十余名の大密航/釜山で検挙』 大阪毎日 1933/6/10 朝鮮 〔5/5〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人四名/吉隈坑で逮捕』 大阪毎日 1933/6/11 西部 〔6/6〕 嘉穂郡桂川町・ 【渡航】

              『またも密航鮮人(若松市)』 福岡日日 1933/6/7 〔1/3〕 北九州・福岡 【渡航】

              『鮮人十七名またも密航』 福岡日日 1933/7/11 夕 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『鮮人の密航』 門司新報 1933/7/12 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『六百円を盗んで靴の下にかくして密航』 福岡日日 1933/7/16 夕 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『密航ブローカー二名検挙さる』 大阪毎日 1933/8/27 朝鮮 〔5/10〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『赤の密航、新潟港で監視』 社会運動通信 1933/9/16 〔2/5〕 新潟・新潟 【治安】

              『十数名の鮮人密航』 福岡日日 1933/10/4 〔1/3〕 下関・山口 【渡航】

              『下関に密航鮮人』 門司新報 1933/11/2 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『釜山から釜山へ/喜劇“内地密航”/一人十五円宛絞られ/馬鹿を見た十一名』 大阪毎日 1933/11/24 朝鮮 〔?/7〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航団三十一名/ブローカー四名も検挙』 大阪朝日 1933/11/28 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『炭坑景気を慕ひ/鮮人密航最近相つぐ(糟屋郡志賀島村)』 福岡日日 1933/12/22 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『又も密航鮮人』 福岡日日 1933/12/30 〔1/5〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人をつんだ怪発動機船(糟屋郡志賀島村)』 福岡日日 1933/12/7 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『 「景気」に釣られた鮮人五十名/密航して捕はれすぐさま送還(宗像郡岬村)』 福岡日日 1934/1/16 〔1/3〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人の上陸を厳重監視/前原署の取締(糸島郡芥屋村)』 福岡日日 1934/1/19 〔1/3〕 糸島郡・福岡 【警備】

              『三十名中の密航鮮人六名/門司で検挙』 福岡日日 1934/1/26 〔1/3〕 北九州・福岡 【渡航】

              『十円廿円で鮮人に密航周旋/主魁下関署に捕はる』 門司新報 1934/3/20 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『糸島今津海岸に密航鮮人八名(糸島郡今津村)』 福岡日日 1934/3/21 〔1/5〕 福岡・福岡 【渡航】

              『警官も舌を巻いた/新手の密航法/ナンセンス偽狂人』 大阪毎日 1934/3/22 朝鮮 〔5/9〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人の密航/二十二名補る』 九州日報 1934/3/3 〔1/7〕 ・佐賀 【渡航】

              『密航の青年、朝鮮から二名』 大阪朝日 1934/3/31 神版 〔4/19〕 神戸・兵庫 【密入国】

              『朝鮮人の密航者/各方面へ潜入/済州島で手数料をとり斡旋/中の四名は検挙さる(岩白石粉工場)』 芸備日日 1934/3/4 〔〕 木江・広島 【渡航】

              『密航珍風景/門司に辿りついた七勇士?』 大阪毎日 1934/3/4 朝鮮 〔5/9〕 北九州市門司区・福岡 【渡航】

              『密航鮮人三名/木ノ江町で発見された(岩白石粉工場)』 中国 1934/3/4 〔〕 木江・広島 【渡航】

              『六十名の密航団/渡航料一人四円づゝ徴収して出帆の間際検挙さる』 大阪毎日 1934/4/1 朝鮮 〔5/6〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『丗余名の鮮人が密航/下関で検挙』 門司新報 1934/4/10 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『宇部に密航鮮人』 九州日報 1934/4/18 〔1/7〕 宇部・山口 【渡航】

              『間一髪/取押へた密航者百名/赤崎半島から内地へ』 大阪朝日 1934/4/18 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『またも下関へ鮮人が密航す』 門司新報 1934/4/18 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航首謀者/海中に姿を晦す/寸前警官隊に追はれ/密航料を握ったまま』 大阪朝日 1934/4/20 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航ブローカー/検挙が端緒に/釜山署警官不正事件』 大阪朝日 1934/5/10 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『一人十円で朝鮮人の密航/下関に上陸して発見』 門司新報 1934/5/13 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人か/阿品海岸へ発動船/十数名夜陰に上陸』 中国 1934/5/16 〔〕 廿日市・広島 【渡航】

              『朝鮮の大密航団/広島県特高課と加計署が/検挙に大活動を開始(下山発電所の間組飯場)』 中国 1934/5/18 〔〕 ・広島 【渡航】

              『五十名の密航者/発見され逃走』 大阪毎日 1934/5/24 朝鮮 〔5/8〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『またも鮮人が下関に密航』 門司新報 1934/5/24 〔1/5〕 下関・福岡 【渡航】

              『下関市外に鮮人の密航頻々/六十余名を検挙』 福岡日日 1934/6/2 夕 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『着流しの朝鮮人/何と堂々と密航/気狂ひを装ふ手もある/“釜山ケ関”の富樫も顔負け』 大阪毎日 1934/6/21 朝鮮 〔5/6〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『五十名の密航団/部落民の応援で遂に逮捕』 大阪朝日 1934/6/26 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航者を世話し航海中に巻上ぐ/恐ろしいブローカー逮捕さる』 大阪毎日 1934/6/27 朝鮮 〔5/6〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『六十余名の/密航団捕る/漕ぎ寄せた密航船長/ブローカーら四名も』 大阪朝日 1934/6/30 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『一人十円で密航の斡旋/門司で主魁御用(門司)』 門司新報 1934/6/7 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『内地人に化け鮮人が密航』 門司新報 1934/7/10 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人六名検挙さる(門司市)』 福岡日日 1934/7/30 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航の鮮人四十名上陸/広島方面に潜入の形跡/門司では二人を逮捕(門司)』 門司新報 1934/7/30 〔1/3〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航ブローカー/またも検挙』 大阪朝日 1934/7/5 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人上陸』 門司新報 1934/8/2 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人三十名上陸』 門司新報 1934/8/21 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人発見』 門司新報 1934/8/26 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『臭ひ密航(門司)』 門司新報 1934/8/26 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航者泣かせのブローカの一団/一味十名逮捕さる』 大阪毎日 1934/8/3 朝鮮 〔5/7〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『八幡へ密航鮮人(八幡)』 門司新報 1934/8/30 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『門司和布刈へ鮮人が密航/門司署憲兵隊で十九名逮捕/逃亡者目下捜査中(門司)』 門司新報 1934/9/2 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航者送還(下関の彦島より)』 大阪朝日 1934/9/28 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『慰問金を割き密航料を払ふ/下関で発見された三十二名連絡船で送還さる』 大阪毎日 1934/9/28 朝鮮 〔5/7〕 下関・朝鮮 【渡航】

              『密航ブローカー/大征伐に着手/跋扈いよいよ甚だし』 大阪朝日 1934/10/20 南鮮 〔〕 ・朝鮮 【渡航】

              『卅余名密航談/またも捕る』 大阪朝日 1934/10/24 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『月明の海上で密航船捕り物陣/三十余名を逮捕』 大阪毎日 1934/10/25 朝鮮 〔5/8〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航の阻止にブローカー掃蕩/水害罹災者を口車に乗せて絞り取る奸策』 大阪毎日 1934/10/7 朝鮮 〔5/7〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人の密航/志賀島に二十九名上陸(粕屋郡志賀島村)』 九州日報 1934/11/2 〔1/7〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航船転覆し三十余名溺死/三トンの帆船に六十余名/玄界灘闇夜の風浪で』 大阪朝日 1934/11/21 夕 〔2/5〕 釜山・朝鮮 【密航】

              『密航の朝鮮人三十余名溺死/遭難曳船中に沈没』 大阪毎日 1934/11/21 夕 〔2/1〕 釜山・朝鮮 【社会】

              『憧れの内地へ、が生む密航の悲劇/玄海を越える月百名の潜航者/頭を悩ます取締当局』 大阪毎日 1934/11/22 朝鮮 〔5/6〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『広島市を中心に鮮人大量の密航/県特高課、俄然動き/昨夜首魁ら一斉検挙』 芸備日日 1934/11/29 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『無知を利用し/種々な奸策/阻止する当局の眼を逃れて/鮮人密航事件余聞』 芸備日日 1934/11/29 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『朝鮮からの密航者/首魁等百八十名検挙/県特高東西両署特高課/昨夜から今暁への大捕物』 呉日日 1934/11/29 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『首魁遂に捕る/多数を内地に密航させた大掛り鮮人密航団』 神戸又新日報 1934/11/29 〔7/7〕 広島・広島 【渡航】

              『県下に上陸した/多数の密航朝鮮人/下関で借りた発動機船に/百五十名乗せて玖波港へ(大竹海岸埋立工事や可部鉄道工事場)』 大阪朝日 1934/11/29 広島 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『鮮人密航団へ/一斉に大手入れ/広島県警察部が/県下各警察署を督励(大竹海岸埋立工事や可部鉄道工事場)』 中国 1934/11/29 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『汽船を傭ひ切って/鮮人の大密航/金を巻きあげ素裸かにし/トラックで工事場へ売る』 中国日報 1934/11/29 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『鮮人を密航させ濡手に粟の儲け/六名が共謀して広島に多数潜入さす』 福岡日日 1934/11/29 〔1/3〕 ・広島 【渡航】

              『二百名の大量密航/広島県へ鮮人が潜入』 門司新報 1934/11/29 〔1/5〕 ・広島 【渡航】

              『広島県下密航鮮人/引続き検挙/今後徹底的取締り』 芸備日日 1934/11/30 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『密航者の取調/各飯場を捜査(可部線)』 大阪朝日 1934/11/30 広島 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『本県にも張る/密航警戒網/先づ漁業組合と連絡』 大阪朝日 1934/11/30 広島 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『海上にも怖い目/内地密航者を徹底的に取締る/警察網も大に拡充』 大阪毎日 1934/11/30 朝鮮 〔5/3〕 ソウル(京城)・朝鮮 【渡航】

              『全面的検挙は困難/県の密航鮮人狩り/今後は取締りを厳重に』 中国 1934/11/30 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『見張が厳重で/密航者広島へ転向/福岡山口両県へ見切りをつけて/県当局密航防止に大童は』 呉日日 1934/12/1 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『内地密航送還さる/高興の五十七名』 大阪毎日 1934/12/11 朝鮮 〔5/10〕 高興・朝鮮 【渡航】

              『鮮人四十名密航/若松に上陸』 九州日報 1934/12/12 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『若松築港へ密航鮮人(若松)』 門司新報 1934/12/12 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『下関市外へ密航鮮人』 門司新報 1934/12/13 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『二度目の密航/香川県の発動船』 大阪朝日 1934/12/16 広島 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『密航鮮人下関市外へ上陸』 門司新報 1934/12/19 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人の第二次検挙/更に十三名を発見/可部署は満員すし詰(可部線)』 芸備日日 1934/12/2 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『またまた密航鮮人/十四名を検挙/安佐郡飯室付近で/なほ数十名もゐる(可部線)』 中国 1934/12/2 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『四十四名の鮮人密航(小倉市)』 福岡日日 1934/12/27 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人五十数名を/第一次に送還/警官十数名を乗り込ませ/七日に広島港出帆』 中国 1934/12/4 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『密航鮮人の/第二次検挙/更に十三名を発見(可部線工事場)』 中国日報 1934/12/4 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『モダーン留置場/いよいよ店開き/最初のお客さんは密航鮮人(可部線)』 芸備日日 1934/12/5 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『慌てちゃいけない/便器で洗面/モダン留置場に入れられ/大喜びの密航朝鮮人(可部線)』 大阪朝日 1934/12/5 広島 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『県庁留置場へ/いと賑々しく初のお客様/例の鮮人密航団』 中国 1934/12/5 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『密航鮮人五十名/先づ故国へ送還/更に全面的に検挙』 中国日報 1934/12/5 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『門司雨ヶ窪へ密航鮮人上陸/何れも悪船頭に欺されて(門司)』 門司新報 1934/12/5 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航者送還』 大阪朝日 1934/12/7 広島 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『とてもものものしい/密航鮮人の送還/警護の警察官へは/拳銃も携帯さして』 中国 1934/12/7 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『帰りは大っぴらに/ピストル警官隊に護られて/密航鮮人団の送還』 中国 1934/12/8 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『物々しく警戒/密航鮮人送還/拳銃も携帯さして/船内の暴動化をも』 中国日報 1934/12/8 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『貨物船に隠れて/朝鮮青年の密航/吉浦に入港検閲中に発見/身柄を大阪税関に』 中国日報 1935/1/19 〔〕 呉・広島 【渡航】

              『今津海岸に密航鮮人(糸島郡今津村)』 福岡日日 1935/2/14 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人捕る/頻りに暗躍』 神戸新聞 1935/2/16 〔6/8〕 神戸・兵庫 【社会】

              『又も密航/ブローカー捕る』 大阪毎日 1935/2/28 朝鮮 〔7/9〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人又も密航』 福岡日日 1935/3/1 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人/三田尻署へ』 中国 1935/3/10 〔〕 三田尻・山口 【渡航】

              『密航鮮人に/光る鋭い眼/思想的黒幕あるか』 中国日報 1935/3/11 〔〕 広島・広島 【警備】

              『発動機船満載の/密航団捕はる/釜山水陸両署の活動』 大阪朝日 1935/3/20 南鮮 〔〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『またまた大懸りな/密航鮮人募集計画/検挙に大活動開始』 中国 1935/3/24 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『又も密航鮮人』 福岡日日 1935/3/24 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航の土方(帝国人絹三原工場建設)』 中国 1935/3/25 〔〕 三原・広島 【渡航】

              『大規模な鮮民の/団体密航計画暴露/危機一髪宇品署に検挙さる』 芸備日日 1935/3/27 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『大規模な鮮民の/団体密航計画暴露/危機一髪宇品署に検挙さる/驚くべきその全貌』 中国日報 1935/3/28 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『性懲りなき密航鮮人』 福岡日日 1935/3/28 夕 〔1/2〕 ・福岡、佐賀、長崎 【渡航】

              『三日間一食もせず/密航鮮人丗名芦屋で捕はる(遠賀郡芦屋町)』 福岡日日 1935/3/29 夕 〔1/2〕 遠賀郡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人西公園下に上陸』 福岡日日 1935/3/6 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『悪ブローカーを厳重に監視/当局の密航者取締』 大阪毎日 1935/4/14 朝鮮 〔5/6〕 ソウル(京城)・朝鮮 【渡航】

              『姪浜小戸海岸に密航鮮人上陸』 福岡日日 1935/4/21 〔1/3〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人』 中国 1935/4/22 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『海のギャング/十四名を密航させる途中短刀を揮ひ裸にす』 大阪朝日 1935/5/1 〔11/8〕 対馬・長崎 【密航】

              『警察の名で偽電/鮮人が密航企つ(林田)』 大阪毎日 1935/6/13 神版 〔8/13〕 神戸・兵庫 【密入国】

              『鮮人の密航/門司を徘徊(門司)』 九州日報 1935/6/17 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『出帆後気づく密航者の取締り/警備船新造を申請』 大阪毎日 1935/6/7 朝鮮 〔5/4〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『映画もどきで密航者を逮捕/豪勢な主謀者』 大阪毎日 1935/7/11 朝鮮 〔5/7〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『六銭で密航』 大阪毎日 1935/7/21 朝鮮 〔5/9〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『またゝゝ密航鮮人/ 釜山署から門水署へ手配(門司市)』 福岡日日 1935/8/15 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『他人の戸籍謄本を用ゐて密航/鮮人渡来の裏面に怪しい事情の者が多い』 福岡日日 1935/8/24 〔1/7〕 福岡・福岡 【渡航】

              『糸島海岸に密航鮮人(糸島郡北崎村)』 福岡日日 1935/8/6 〔1/7〕 ・福岡 【渡航】

              『廿名の密航鮮人/釜山の密航団本部から九州へ 時節柄重大視さる(門司)』 九州日報 1935/9/7 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人四十数名/下水署に捕はる』 門司新報 1935/10/20 〔1/3〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人四十三名/一斉に逮捕(山口県川中村)』 九州日報 1935/10/21 〔1/7〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人五十名』 福岡日日 1935/10/22 夕 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『鮮人の密航』 九州日報 1935/11/5 〔1/7〕 福岡・福岡 【渡航】

              『「妻が見たい」/哀号・哀号/密航男還さる』 大阪朝日 1935/12/7 広島 〔〕 尾道・広島 【渡航】

              『女房恋しさに密航/貨物船に潜伏中発見』 中国 1935/12/7 広島 〔〕 尾道・広島 【渡航】

              『密航朝鮮人/宇品署の取調べで/大胆な組織判明』 大阪朝日 1936/1/23 広島 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『鮮人密航団発覚/ブローカーが全鮮に散在/宇品署が手配活動』 中国 1936/1/23 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『鮮人の内地密航/又増加の傾向/ブローカーの手で至極巧妙/一名宇品署員に捕る』 呉日日 1936/1/24 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『両県下に潜在する/鮮人の大密航団/陰に踊るブローカーの魔手/宇品署活動を開始』 中国日報 1936/1/24 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『大掛りの密航鮮人/広島県下で発覚』 福岡日日 1936/1/24 夕 〔1/2〕 ・広島 【渡航】

              『大掛りの鮮人密航/約八十名が上陸四十八名を門司署で補ふ(門司)』 九州日報 1936/3/15 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『四十七名の密航鮮人門司で捕はる』 福岡日日 1936/3/15 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『厳戒を潜り大挙密航鮮人/和布刈に七十名上陸(門司)』 門司新報 1936/3/15 〔1/3〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人と判る』 福岡日日 1936/3/20 〔1/7〕 ・大分 【渡航】

              『密航朝鮮少年/水上署に保護』 神戸新聞 1936/3/26 〔6/8〕 神戸・兵庫 【社会】

              『小倉に密航鮮人』 九州日報 1936/3/4 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人/門司で五名逮捕(門司)』 九州日報 1936/3/9 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人捕る/大里松原海岸で/七名逮捕十三名逃亡(門司)』 門司新報 1936/3/9 〔1/3〕 北九州・福岡 【渡航】

              『大久保海岸に密航鮮人/一名だけ捕る(門司)』 門司新報 1936/4/19 〔1/3〕 北九州・福岡 【渡航】

              『又も密航鮮人』 福岡日日 1936/4/20 〔1/7〕 下関・山口 【渡航】

              『密航者の水先案内/鮮人二名を京で取押ふ(東九条上殿田町、玄海灘の密航船に関与)』 京都日出 1936/4/22 〔〕 京都南区・京都 【渡航】

              『百余名の密航を企つ/発動船を借つて』 大阪毎日 1936/4/25 朝鮮 〔5/9〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人二十七名』 福岡日日 1936/4/25 〔1/7〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人丗名の内四名だけ捕はる/下関署で厳探開始』 門司新報 1936/4/28 〔1/3〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人丗名香椎に上陸/二名は門司で取押へらる(粕屋郡香椎村)』 福岡日日 1936/5/31 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人(門司市)』 福岡日日 1936/5/5 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『救命ボートに/潜んで密航/はるびん丸の怪青年』 大阪朝日 1936/6/14 広島 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『釜山へ巧みに連絡/密航鮮人の媒介/発動機船の両船長が結託/一人十円乃至十五円で』 中国 1936/6/6 〔〕 下関・山口 【渡航】

              『鮮人密航船/海上で拿捕(門司)』 九州日報 1936/6/7 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『無燈火発動船/果して密航鮮人積載/門司港内で拿捕さる(門司)』 門司新報 1936/6/7 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人取締/関門両水署対策協議』 門司新報 1936/6/9 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航ブローカーは船員の留守宅荒し』 大阪毎日 1936/7/21 朝鮮 〔5/10〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航者検挙』 大阪毎日 1936/7/30 朝鮮 〔5/1〕 釜山(東莱)・朝鮮 【渡航】

              『半島の密航少年/広島駅前で検挙/他にも数名県下へ潜入』 中国 1936/8/14 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『数年間捜し廻つた密航ブローカー/隠れ家で逮捕さる』 大阪毎日 1936/9/13 朝鮮 〔5/5〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人の一味数名/宇品署へ検挙/思想的背景も追及(錦華人絹工事場)』 中国 1936/9/18 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『数年間に二千人世話し一万数千円を捲あぐ/十人の妾をもち住所を転々/密航ブローカーの巨頭、犯行自白』 大阪毎日 1936/9/26 朝鮮 〔5/5〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人又も志賀島へ(糟屋郡志賀島村)』 福岡日日 1936/9/30 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航ブローカーで二万数千円捲あぐ/釜山水上署が検挙』 大阪毎日 1936/10/23 朝鮮 〔5/5〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人密航ブローカーの一味を捕ふ/思想犯人として手配中の者/宇品署警官に即賞』 芸備日日 1936/10/31 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『朝鮮人密航の/首魁逮捕/宇品署の手柄』 中国 1936/10/31 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『朝鮮から密航』 中国日報 1936/11/1 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『鮮人の密航周旋発覚』 九州日報 1936/12/18 〔1/7〕 直方・福岡 【渡航】

              『冷雨を衝いて鮮人六十名密航/彦島田ノ首海岸へ上陸』 門司新報 1936/12/23 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『半島人密航団/宇部に上陸か/下関港では二十名位いが上陸/目下厳重行方捜査中』 芸備日日 1936/12/24 〔〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人逮捕(若松)』 九州日報 1936/12/26 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人十三名を検挙(若松市)』 福岡日日 1936/12/26 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人(遠賀郡遠賀村)』 九州日報 1936/12/27 〔1/7〕 遠賀郡・福岡 【渡航】

              『徘徊中の密航鮮人』 門司新報 1936/12/5 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人の一名/広島で逮捕/盛り場徘徊中宇品署員に』 中国 1937/1/14 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『密航ブローカー一味を検挙/前科数犯の強者のみ』 大阪毎日 1937/1/17 朝鮮 〔5/7〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『門司に密航鮮人(門司)』 九州日報 1937/1/23 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『大量の密航鮮人/和布刈天ヶ窪に上陸(門司)』 門司新報 1937/1/23 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『下関市外海岸へ/多数の密航鮮人!/正月の手薄に乗じて混れ込み/十二名を逮捕、残る一味厳探』 中国 1937/1/5 〔〕 下関・山口 【渡航】

              『内地密航団八十名検挙/長崎県下で』 大阪毎日 1937/1/7 朝鮮 〔5/10〕 松浦・長崎 【渡航】

              『七十余名の鮮人が密航』 福岡日日 1937/1/9 〔1/7〕 下関・山口 【渡航】

              『四十五名の密航鮮人(宗像郡津屋崎村)』 福岡日日 1937/2/24 夕 〔1/2〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『数十名の鮮人を堂々と密航さす/宇部署に十数名引致して極秘裡に取調ぶ』 福岡日日 1937/2/24 〔1/7〕 ・佐賀 【渡航】

              『佐渡航許可証を偽造/密航鮮人に売る/森永巡査懲戒処分に付さる/佐賀県警察界の不祥事』 福岡日日 1937/2/28 夕 〔1/2〕 ・佐賀 【渡航】

              『密航を企つ/資産家の息子』 大阪毎日 1937/2/6 朝鮮 〔5/10〕 大邱・朝鮮 【渡航】

              『鮮人密航船/門司に上陸(門司)』 九州日報 1937/3/11 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人逮捕/田地を売つてきた農夫たち/田野浦海岸へ上陸(門司)』 門司新報 1937/3/11 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航の半島人/広島で発見/炭鉱生活に耐えず九州から潜入』 中国 1937/3/12 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『密航鮮人捕はる』 福岡日日 1937/3/18 〔1/7〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人(若松市)』 福岡日日 1937/3/24 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航者二名発見』 大阪毎日 1937/3/25 朝鮮 〔5/10〕 上県郡上対馬町・長崎 【渡航】

              『密航鮮人(京都郡行橋町)』 九州日報 1937/3/26 〔1/7〕 行橋・福岡 【渡航】

              『密航船検挙』 大阪毎日 1937/3/30 朝鮮 〔5/5〕 釜山(東莱)・朝鮮 【渡航】

              『深夜の若松へ密航鮮人群上陸/水陸より包囲されその儘逃走(若松)』 門司新報 1937/3/31 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『警官に応援の二人帰途袋叩きに逢ふ/彦島本村鮮人飯場の密航鮮人/下水署で厳重取調べ』 門司新報 1937/3/9 〔1/5〕 下関・山口 【喧嘩】

              『山に逃込んだ密航鮮人/山狩りして引捕ふ(門司市)』 福岡日日 1937/4/21 夕 〔1/2〕 北九州・福岡 【渡航】

              『喜多久海岸に密航鮮人三十名/天然痘続発の折柄重大視/逃走者を厳重に捜索(門司)』 門司新報 1937/4/21 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『鮮人密航(門司市)』 福岡日日 1937/4/22 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人相手の不良団(門司市)』 福岡日日 1937/4/6 〔1/7〕 北九州・福岡 【社会】

              『密航の癩病鮮人? 三十八名中二十名を検挙/十八名は上陸逃走(門司)』 門司新報 1937/4/6 〔1/5〕 北九州・福岡 【渡航】

              『対馬に密航鮮人ブローカー(門司市)』 福岡日日 1937/4/7 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航

              『密航団検挙』 大阪毎日 1937/4/8 朝鮮 〔5/10〕 釜山(東莱)・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人(小倉)』 九州日報 1937/5/1 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『入学証を購入/新手密航鮮人』 門司新報 1937/5/12 〔1/5〕 下関・山口 【渡航】

              『密航鮮人一網打尽』 福岡日日 1937/5/20 〔1/7〕 ・山口 【渡航】

              『二組の密航団/一味六十名検挙』 大阪毎日 1937/6/8 朝鮮 〔5/11〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航(江波町埋立工事人夫)』 中国 1937/7/1 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『六十名の密航鮮人/廿名は行方不明(宗像郡岬村)』 福岡日日 1937/8/31 夕 〔1/2〕 ・福岡 【渡航】

              『十八名の密航鮮人/東郷署と折尾署で取押へ(宗像郡岬村)』 福岡日日 1937/9/17 〔1/5〕 ・福岡 【渡航】

              『密航鮮人博多湾へ/十一名捕はる(粕屋郡志賀島村)』 福岡日日 1937/11/2 〔1/5〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人盗む』 福岡日日 1937/11/20 〔1/7〕 福岡・福岡 【社会】

              『大密航団検挙/ブローカー五名と外に六十六名』 大阪毎日 1937/12/18 朝鮮 〔5/9〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人大量送還』 大阪毎日 1937/12/21 朝鮮 〔3/11〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『四百廿余名の密航鮮人/内地へ続々と侵入』 福岡日日 1938/1/30 〔1/2〕 ・福岡 【渡航】

              『鮮人密航団/西戸崎に大挙上陸(粕屋郡志賀島村)』 九州日報 1938/2/17 夕 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『レプラ患者の密航鮮人団/奈多海岸より上陸(粕屋郡和白村)』 福岡日日 1938/2/17 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人百七十/姪濱小戸海岸に上陸』 九州日報 1938/3/15 〔1/7〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航者送還』 大阪毎日 1938/3/17 朝鮮 〔3/11〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航ブローカー/一味五名を逮捕/風を食つて首魁逃走』 大阪毎日 1938/3/20 朝鮮 〔3/11〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航団検挙/殺人の前科者ら/ブローカー七名を逮捕』 大阪毎日 1938/3/27 朝鮮 〔5/5〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人四十名西戸崎に上陸(粕屋郡志賀島村)』 福岡日日 1938/3/29 〔1/7〕 福岡・福岡 【渡航】

              『鮮人七十二名西戸崎に密航(粕屋郡志賀島村)』 九州日報 1938/3/3 〔1/7〕 福岡・福岡 【渡航】

              『福岡沿岸に密航鮮人頻々/ブローカーと連絡/本年に入つて五百名』 福岡日日 1938/3/3 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『また密航鮮人/西戸崎で六十五名逮捕』 福岡日日 1938/3/3 〔1/2〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航者に化け密航船を検挙/船上の大活劇』 大阪毎日 1938/4/3 朝鮮 〔5/10〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『四十数名の密航鮮人(粕屋郡和田村)』 九州日報 1938/4/30 夕 〔1/2〕 糟屋郡・福岡 【渡航】

              『密航者送還』 大阪毎日 1938/5/14 朝鮮 〔?/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『変装して乗込み/密航一味七十一名を逮捕/海中に飛入るものさへあつて/映画さながらの活劇』 大阪毎日 1938/5/18 朝鮮 〔5/7〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人団上陸/トラック運転手の気転で大半は逮捕される(遠賀郡水巻村)』 福岡日日 1938/5/2 〔1/5〕 遠賀郡・福岡 【渡航】

              『鮮人の内地密航あの手この手/驚くべき大胆な玄海突破や九ヶ月苦心の方法』 神戸新聞 1938/5/21 〔7/6〕 神戸・兵庫 【社会】

              『半島少年が密航』 大阪毎日 1938/5/21 神版 〔12/13〕 神戸・兵庫 【密入国】

              『意外、密航船は行方不明中の第二照丸と判明/船長らの悪事暴露』 大阪毎日 1938/5/25 朝鮮 〔5/9〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『半島少年仏国への密航を自白』 神戸新聞 1938/5/29 〔7/11〕 神戸・兵庫 【社会】

              『密航一味逮捕』 大阪毎日 1938/6/1 朝鮮 〔?/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航ブローカー/大物が殆ど捕はる/大掛りな密航根を断つ?』 大阪毎日 1938/6/10 朝鮮 〔5/6〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『警官隊が乗込み密航船内で大格闘/船は沈没、百余名の密航者警備船に救はる』 大阪毎日 1938/6/8 朝鮮 〔5/8〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人十五名が小倉へ密航(小倉市)』 福岡日日 1938/7/24 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航団捕る』 大阪毎日 1938/7/30 朝鮮 〔5/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人六十名/八幡署に捕る』 九州日報 1938/8/18 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人団四十二名 悉く逮捕さる(宗像郡津屋崎町)』 福岡日日 1938/8/26 〔1/7〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『・こ奴怪しい・六感的中/果して密航半島人!/海田市署の槍玉へ』 中国 1938/9/1 〔〕 海田・広島 【渡航】

              『密航団検挙』 大阪毎日 1938/9/22 朝鮮 〔6/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『鮮人百名密航(小倉)』 九州日報 1938/9/9 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人仲介首魁捕はる/苦心の折尾署に凱歌(門司)』 九州日報 1938/10/14 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人の一味捕はる(門司市)』 福岡日日 1938/10/27 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『又も密航鮮人(小倉)』 九州日報 1938/12/13 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航の半島人』 大阪朝日 1938/12/15 広島 〔〕 広島・広島 【渡航】

              『神湊に密航半島人(宗像郡神湊町)』 九州日報 1938/12/17 〔1/7〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人丗一名一網打尽に(宗像郡神湊町)』 福岡日日 1938/12/17 〔1/5〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『密航鮮人上陸を企つ(宗像郡津屋崎町)』 九州日報 1938/12/20 夕 〔1/2〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『津屋崎沖に不敵な密航船/鮮人十八名を逮捕す(宗像郡津屋崎町)』 福岡日日 1938/12/20 〔1/5〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『又も密航鮮人/怪船行方を晦ます』 福岡日日 1938/12/21 〔1/2〕 ・佐賀 【渡航】

              『密航船検挙』 大阪毎日 1938/12/3(?) 朝鮮 〔?/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航船座礁 半島人六十名を乗せた儘/船長は逸早く逃走(若松)』 九州日報 1938/12/5 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航鮮人唐津大島に』 福岡日日 1938/12/6 夕 〔1/2〕 唐津・佐賀 【渡航】

              『五百人を密航させ五千円を捲あぐ/密航船坐礁、船長逃走』 大阪毎日 1939/1/21 朝鮮 〔5/9〕 北九州市若松区・福岡 【渡航】

              『密航料詐取/袋叩きに廿余名を欺く』 大阪毎日 1939/1/25 朝鮮 〔?/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航半島人二名/倉橋島村で検挙す/発動機船で二十五名潜入/一味検挙に着手』 呉日日 1939/2/12 〔〕 倉橋・広島 【渡航】

              『半島から密航船/倉橋島方面へ出現』 芸備日日 1939/2/13 〔〕 倉橋・広島 【渡航】

              『半島人密航団か/怪機船倉橋島に出没/呉、江田島署が厳重捜査中』 中国日報 1939/2/13 〔〕 倉橋・広島 【渡航】

              『密航鮮人使役/関係者を調ぶ(戸畑市)』 福岡日日 1939/2/13 〔1/7〕 北九州・福岡 【労働】

              『九十余名の鮮人が密航/五十余名を検挙す(宗像郡岬村)』 福岡日日 1939/2/3 〔1/7〕 ・福岡 【渡航】

              『密航団検挙』 大阪毎日 1939/2/7 朝鮮 〔?/12〕 釜山(東莱)・朝鮮 【渡航】

              『密航者逮捕』 大阪毎日 1939/3/9 朝鮮 〔5/12〕 釜山(東莱)・朝鮮 【渡航】

              『密航者丗八名八幡で捕はる(八幡市)』 福岡日日 1939/5/18 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航半島人(糸島郡野北村)』 福岡日日 1939/5/20 〔1/5〕 糸島郡・福岡 【渡航】

              『密航六十名を一人で逮捕/腕きゝの金刑事』 大阪毎日 1939/5/27 朝鮮 〔5/11〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航鮮人補る(八幡)』 九州日報 1939/6/10 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『お尋ね者をはじめ/密航ブローカー続々検挙/捜査陣に凱歌あがる』 大阪毎日 1939/6/17 朝鮮 〔5/10〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航はしたけれど/途方に暮れる気の毒な鮮人/今度は逆戻り失敗(兵庫)』 神戸又新日報 1939/6/20 夕 〔2/7〕 神戸・兵庫 【渡航】

              『密航青年を半島へ送還(兵庫協和会)』 大阪毎日 1939/6/20 神版 〔5/13〕 神戸・兵庫 【融和】

              『密航半島人遠賀へ十九名(遠賀郡岡垣村)』 福岡日日 1939/6/5 〔1/7〕 遠賀郡・福岡 【渡航】

              『六十名を乗せ密航船漂流/救助、送還さる(比田勝)』 大阪毎日 1939/6/7 朝鮮 〔5/12〕 上県郡対馬町・長崎 【渡航】

              『密航者百廿名送還』 大阪毎日 1939/6/7 朝鮮 〔5/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『(小型世間)密航が判明し(林田)』 大阪毎日 1939/7/11 神版 〔7/12〕 神戸・兵庫 【密入国】

              『大格闘の末密航団逮捕/ブローカー九名とともに』 大阪毎日 1939/7/23 朝鮮 〔5/10〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航者送還』 大阪毎日 1939/7/8 朝鮮 〔5/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『又も密航(若松)』 九州日報 1939/8/1 〔1/7〕 北九州・福岡 【渡航】

              『密航ブローカー/麗水で逮捕』 大阪毎日 1939/8/13 朝鮮 〔5/11〕 麗水・朝鮮 【渡航】

              『半島人密航/豊西海岸(山口)に』 福岡日日 1939/8/2 〔1/7〕 ・山口 【渡航】

              『又も密航』 九州日報 1939/8/4 〔1/7〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『又も密航』 九州日報 1939/9/13 夕 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『団体密航の失敗/半島人職工を内地人に仕立て/出帆間際に捕はる』 大阪毎日 1939/9/16 朝鮮 〔5/7〕 清津・朝鮮 【渡航】

              『また密航群』 大阪毎日 1939/9/8 朝鮮 〔5/12〕 馬山・朝鮮 【渡航】

              『密航者を乗せ出港直前御用』 大阪毎日 1939/10/12(?) 朝鮮 〔?/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『釜山署を舞台にした密航ブローカー/見破られて御用』 大阪毎日 1939/10/14 朝鮮 〔5/10〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航ブローカー廿三名検挙/北釜山署の手入れ』 大阪毎日 1939/10/15 朝鮮 〔5/1〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航団検挙』 大阪毎日 1939/10/25 朝鮮 〔5/12〕 釜山(東莱)・朝鮮 【渡航】

              『大格闘の末/密航親分逮捕』 大阪毎日 1939/10/26 朝鮮 〔5/11〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航半島人大検挙』 九州日報 1939/10/6 夕 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『密航団検挙』 大阪毎日 1939/11/1 朝鮮 〔5/10〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航半島人』 九州日報 1939/11/14 夕 〔1/2〕 下関・山口 【渡航】

              『密航団逮捕』 大阪毎日 1939/11/17 朝鮮 〔5/10〕 釜山(東莱)・朝鮮 【渡航】

              『全面的検挙は困難/県の密航鮮人狩り/今後は取締りを厳重に』 中国 1939/11/30 〔〕 ・広島 【渡航】

              『密航(宗像郡津屋崎町)』 福岡日日 1939/11/5 〔1/5〕 宗像郡・福岡 【渡航】

              『密航者検挙』 大阪毎日 1939/12/15 朝鮮 〔5/11〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航団検挙/釜山港口で』 大阪毎日 1939/12/2 朝鮮 〔5/10〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『釜山の強盗が内地へ密航/福岡県下で逮捕』 大阪毎日 1939/12/20 朝鮮 〔5/12〕 甘木・福岡 【渡航】

              『博多に密航』 福岡日日 1939/12/27 〔1/5〕 福岡・福岡 【渡航】

              『密航団検挙』 大阪毎日 1939/12/8 朝鮮 〔5/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航船検挙/神仙台海岸で』 大阪毎日 1940/1/11 朝鮮 〔5/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『内地の夫と連絡し/密航の手引き/大胆な女捕はる』 大阪毎日 1940/1/12 朝鮮 〔5/7〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『手荷物の箱詰め人間/密航?の半島人、小倉で発見さる』 大阪毎日 1940/1/14 夕 〔2/5〕 北九州・福岡 【密入国】

              『猟奇!箱詰め密航/釜山の山中で荷造り/小倉駅止で発送/頼まれた朴の細工』 大阪毎日 1940/1/15 朝鮮 〔5/1〕 小倉・福岡 【渡航】

              『百十余名溺死(?)の密航船の正体判明/常習ブローカー阿比留も悪運つく』 大阪毎日 1940/1/8 朝鮮 〔?/1〕 上県郡対馬町・長崎 【渡航】

              『運命をさとり密航の親分激浪中に大金を投出す/兄弟三人とも溺死』 大阪毎日 1940/1/8 朝鮮 〔?/1〕 上県郡対馬町・長崎 【渡航】

              『遭難密航船のその後/まだ死体一個も発見されぬ』 大阪毎日 1940/1/9 朝鮮 〔5/10〕 上県郡対馬町・長崎 【渡航】

              『密航青年検挙』 中国 1940/2/19 〔〕 ・広島 【渡航】

              『密航団検挙』 大阪毎日 1940/2/27 朝鮮 〔5/11〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航者百余名/一人残らず逮捕/巧みに連絡とつて』 大阪毎日 1940/2/9 朝鮮 〔5/9〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『行方捜査中の密航ブローカー自宅で御用』 大阪毎日 1940/3/1 朝鮮 〔?/11〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航新戦術二つ/一は帰還勇士に化け/一は内地人の息子に』 大阪毎日 1940/3/12(?) 朝鮮 〔?/11〕 下関・山口 【渡航】

              『約五十回にわたり千名を密航さす/常習の船長ら出帆間際に捕る』 大阪毎日 1940/3/5 朝鮮 〔5/11〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航者に化けブローカーを逮捕/船頭姿を晦す』 大阪毎日 1940/4/14 朝鮮 〔?/12〕 釜山(東莱)・朝鮮 【渡航】

              『密航船検挙/お尋ねものも捕はる』 大阪毎日 1940/4/24 朝鮮 〔?/10〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航防止の新取締/廿トン未満の船舶による旅客輸送を禁止』 大阪毎日 1940/5/19 朝鮮 〔5/7〕 ・朝鮮 【渡航】

              『密航新取締/最初の違反/人命救助した天神丸』 大阪毎日 1940/5/26 朝鮮 〔5/10〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航船逮捕』 大阪毎日 1940/5/3 朝鮮 〔5/9〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『公文書を偽造/密航詐欺/四名検挙さる』 大阪毎日 1940/5/30(?) 朝鮮 〔?/12〕 ・朝鮮 【渡航】

              『一警官の篤行に妾狂ひの父が更生/密航少年に絡る佳話』 大阪毎日 1940/6/1 朝鮮 〔5/6〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航手数料を詐取して豪遊/一味釜山署に御用』 大阪毎日 1940/6/21 朝鮮 〔5/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『密航の悪計発覚』 大阪毎日 1940/10/4 朝鮮 〔5/12〕 釜山・朝鮮 【渡航】

              『内地密航に失敗』 大阪毎日 1940/11/? 朝鮮 〔?/12〕 木浦・朝鮮 【渡航】

              『内地密航増加/釜山水上署で厳罰』 大阪毎日 1943/6/15 朝鮮 〔4/9〕 釜山・朝鮮 【渡航】



               

              【2015.02.21 Saturday 16:56】 author :
              | 朝鮮関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              1754:資料…【ベトナム戦争】韓国軍によるベトナム大虐殺で新事実!!! 神奈川大名誉教授ら現地調査、『韓国の戦争犯罪』を告発するため渡米へ!!!
              0
                   2014年07月12日01:35 | カテゴリ:ベトナム 韓国 北朝鮮
                1:(ゝω・)v@海亀さん ★@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:19:17.02 ID:???.net
                韓国軍が、ベトナム戦争で民間人を虐殺したことを伝える慰霊廟が、ベトナム国内に
                多数建てられている。 

                神奈川大学名誉教授の北岡正敏氏(工学博士)と、「シンクタンク戦略大学」主宰の
                北岡俊明氏の兄弟は昨年9月と今年2月、現地調査を行い、膨大な資料と遺族の恨みと
                怒りに満ちた証言を持ち帰った。 

                中部3省だけで2700人を超える犠牲者名を確認したが、その数倍の犠牲者がいる
                可能性が高いという。 2人は来週から「韓国の戦争犯罪」を告発するため渡米する。 

                「慰霊廟の地図はなく、各地の戦争博物館に行き、写真や証言をもとに探し回った。廟に
                たどり着くと、遺族らが次々に集まってきて『親兄弟が皆殺しにされた』『女性や子供もやられた』
                『韓国人が憎い』と訴えきた。ベトナム人が証言した韓国軍の所業は鬼畜そのものだった」 

                北岡俊明氏は夕刊フジの取材にこう語った。 

                朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国が、日本の地位を低下させる「ディスカウント・ジャパン
                運動」を世界中で展開するなか、日本が情報戦で勝ち抜くために、北岡兄弟は自費でベトナム
                にわたった。

                調査結果の詳細は、2人の著書
                『韓国の大量虐殺事件を告発する−ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』(展転社)
                として先月出版した。 

                韓国は1964年にベトナム戦争に参戦し、73年まで8年間で、延べ約32万人を派兵した。 
                「最精鋭部隊を投入した」と伝えられてきたが、実態はまったく違ったようだ。 

                北岡兄弟の調査は、ベトナム南部のビンディン省とクアンガイ省、クアンナム省を中心に
                行われ、慰霊廟など19カ所を調べた。そこには、「憎悪の碑」「恨みの碑」「怒りの碑」などの
                言葉や、虐殺を伝える壁画・像とともに、犠牲者名などが刻まれていた。 

                ビンディン省・ビンアンの大虐殺は1966年1月23日〜26日に起き、1004人が犠牲となった。
                2006年に建立された慰霊廟には、韓国軍の虐殺を描いた高さ約3メートル、長さ約20メートルの
                壁画が設置されていた。 

                俊明氏は「火に焼かれる裸の女性。強姦されて横たわる女性。累々と横たわる死体。
                まさに壁画は地獄絵図だった。遺族の証言によると、韓国軍は、女性や子供、老人などの
                弱者を中心に殺し、妊婦の腹を裂いたり、子供の手足を切断したケースもあったという。

                『韓国人に復讐したい』『世界に伝えてほしい』と迫る人もいた」と語る。 

                クアンガイ省・フォックビン村の虐殺は66年10月9日に起き、68人が犠牲となった。
                慰霊塔には、犠牲者名と性別、年齢が記してあり、それによると1歳児から75歳まで殺された。
                68人のうち46人が女性(約68%)で、10歳未満が23人(約34%)いたことが分かったという。 

                俊明氏は「死体の山に埋もれて助かったグンさんは『韓国軍は慰霊塔がある場所に住民を
                集めて、突然、小銃や機関銃、手榴(しゅりゅう)弾で虐殺を始めた。私の両親と兄弟の8人が
                殺された』『韓国軍の行為は子々孫々まで語り伝えていく』と証言した。

                話を聞いていて、私も怒りが込み上げてきた。ベトナム政府は韓国との経済協力を考慮して
                いるようだが、末端の人々の怒りは抑えきれない」と振り返る。 
                 41d5UqPFuBL

                http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/
                news/20140711/frn1407111820008-n1.htm 


                 


                2:(ゝω・)v@海亀さん ★@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:19:27.65 ID:???.net
                韓国軍というと、虎のマークをつけた精強な「猛虎部隊」で知られるが、実際はどうだったのか。
                北岡兄弟は、複数の元解放軍兵士にも取材している。その1人、クックさんは、俊明氏の
                「韓国軍は強かったのか?」との問いに、「フフン」とせせら笑ったという。 

                俊明氏は「ほかの元兵士らの反応も同じだった。『十数人で百数十人の韓国軍を殲滅
                (せんめつ)させた』と豪語する人もいた。そして、異口同音に『米軍は残虐ではなかった』と
                証言した。米軍はソンミ事件のイメージがあるが、現地の感覚では違った。

                一連の調査から、強い軍隊は虐殺はしない。韓国軍は弱いから、恐怖にかられて 
                虐殺したのだろう」と分析した。 

                2回の調査で確認できた犠牲者名は約2700人だが、3省にはまだ未確認の慰霊廟がある。
                さらに、近隣のフーイエン省やカインホア省、ニントゥアン省などでも韓国軍による虐殺があり、
                慰霊廟も建てられているという。 

                現地関係者の証言などを合わせると、韓国軍による虐殺はベトナム全土で約100カ所、
                犠牲者は1万人から3万人と推計されるという。 

                このため、北岡兄弟は調査を続行するとともに、民間人の大量虐殺という「韓国軍の戦争犯罪」を
                世界に発信するため、英訳した資料と証拠写真などを持って、来週15日から渡米する。
                米国の軍事関係者や報道関係者、日系人などと接触する予定だ。 

                俊明氏は「人道に対する罪に時効はない。韓国に日本を批判する資格はない」と語っている。 


                4:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:21:04.14 ID:7KUP9r3L.net
                いろいろいい流れだ。 


                5:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:21:06.75 ID:iKgVw0dP.net
                Gj 


                9:ウッカリみすてーく@すまほ@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:22:02.63 ID:7T28f0my.net
                うーむ、流れが変わってキターwww 


                16:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:22:58.86 ID:AKrQDpQG.net
                酷い話が、溢れ出してキターー 


                36:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:25:21.57 ID:i5mAba6/.net
                本当に時代が変わったな 
                チョンというゴミ捨てが出来るようになりそうだ 


                42:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:25:49.81 ID:Jo9xIIPv.net
                やっと来たな。 


                72:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:29:58.04 ID:yfScqt+Z.net
                国連が取り上げるのも時間の問題だな 


                83:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:31:36.62 ID:4uu9YwUe.net
                神奈川大学名誉教授の北岡正敏氏とその兄弟の勇気ある行動を全面的に支持します! 

                頑張って下さい! 


                116:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:35:14.97 ID:FMWuD2lN.net
                「歴史を直視しない国には未来がない」なんてどの口が言ったの? 


                135:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:38:32.88 ID:WO+cojiS.net
                こっちは本物 


                84:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/:2014/07/12(土) 00:31:37.71 ID:6UXn5m1w.net
                韓国人って悪いことばかりしていたんだな 
                【2014.07.16 Wednesday 19:10】 author :
                | 朝鮮関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                1752:資料…エリート商社マンが韓国人を徹底的に黙らせる民間交渉を推奨。河野洋平から勲一等旭日章の剥奪を求める
                0
                  1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 20:37:21.88 ID:???.net

                  安倍晋三政権は今週中にも、日本と日本人を貶め続けている慰安婦に関する「河野洋平官房長官談話」の検証チームの調査結果を取りまとめる。日本の地位を低下させる「ディスカウント・ジャパン運動」を展開する韓国は、日本側を強く牽制しているが、この外交戦争にどう打ち勝てばいいのか。注目の新著『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』(ワック)を出版した、大手商社「豊田通商」で韓国担当を長く務め、現在は独立して商社を経営、日韓問題研究家でもある松木國俊氏に聞いた。 

                  「自虐教育で育った無知で卑屈な政治家が、日本人の誇りも自覚もなく、波風が立つのを恐れて、韓国が捏造した歴史を受け入れた談話を発表した。これが日韓関係を悪化させ、日本と日本人の名誉を失墜させた」 

                  松木氏は「河野談話」について、こう喝破した。大学卒業後、商社マンとして韓国を担当し、ソウル駐在も経験するなど、約40年間も日韓関係の現場にいただけに、その言葉は鋭く重い。 

                  河野談話は、ずさんな聞き取り調査のまま、韓国側の要請を受けて発表されたことが発覚している。韓国側は当時、「これで過去の問題は決着する」と示唆していたが、約束は守られず、いまや朴槿恵(パク・クネ)大統領が先頭に立って、世界中で「告げ口外交」を展開している。 

                  安倍政権は、河野談話の作成過程に関する調査結果について、「国会から求めがあれば、(結果を)報告する考えであるとともに、(国民に向けて)公表する可能性も検討している」(質問主意書への政府答弁)。さらに、韓国側から要請があれば説明する考えだ。 

                  これに対し、韓国外務省当局者は15日、安倍政権が、談話の趣旨を「傷つける結果」を発表した場合、反論や資料を提示するとともに、対抗措置をとることを示唆した。 

                  冷静な歴史検証すら認めない、偏狭な「反日」姿勢を感じるが、松木氏は前出の著書で、韓国の李承晩(イ・スンマン)初代大統領が「反日」の歴史捏造を始めたと解説している。 

                  「日本が戦後、朝鮮半島から引き揚げたため、経済基盤を失った韓国は世界の最貧国となった。韓国国民の不満は鬱積した。李氏は、李王朝の後継者を排除して大韓民国を建国したため、政権の正当性が問われた。そこで、『李王朝は日本に滅ぼされた。日本統治時代は地獄だった。大韓民国軍が人々を救った』という歴史捏造を始めた」 

                  同書では、慰安婦だけでなく、徴用工の強制連行も事実と違うと、具体的証拠を挙げて指摘している。韓国人がウソを根拠に「反日」で突き進む根底には、朝鮮半島独特の「恨(ハン)」という精神文化があるという。 

                  「李王朝の約500年は、王族も貴族も血で血を洗う抗争の連続だった。負けた側は恨みを決して忘れず、その復讐を子や孫に委ねた。 祖先の恨みを晴らすことが何より大切な行為とされた。韓国人は過去を水に流さない。“憎悪と恨み”は生きるエネルギーだ」 

                  最悪に近い日韓関係だが、松木氏は日本側にも問題があるという。 

                  「私が商社の韓国担当になった約40年前は、韓国にも日本統治時代の真実を知る人が残っていて、まだ良かった。ところが、反日教育で育った世代が社会の中心になり、歴史捏造や反日攻撃が激化し、自己増殖した。こうしたなか、朝日新聞などのメディアが韓国の言い分を垂れ流し、日本の政治家が事実も確かめずに『とりあえず言い分を認めてやれ』と謝罪をしたため、事態はさらに悪化した。 

                  『河野談話』を発表した河野氏の罪は大きい。勲一等旭日章を剥奪すべきだ」 

                  朴大統領は、習近平国家主席率いる中国と連携して、「日本叩き」を続ける構えだ。日本はどうすべきなのか。 

                  松木氏は「日韓は『外交戦争』『歴史戦争』の段階に突入している」といい、こう続けた。 

                  「韓国は情念で動いており、日本が『誠意を持って話し合おう』としたら、相手の思うツボだ。日本の外務省が事なかれ主義で頼りにならない以上、民間人中心で歴史の真実を示していくしかない。韓国人が『自分たちの歴史がいかにウソだったか』『これ以上やったら自国がマズイ』と気付くまで、徹底的に反撃するしかない。この本がその一助となればいい」 

                  zakzak 2014.06.18 
                  http://www.zakzak.co.jp/society/foreign
                  /news/20140618/frn1406181140001-n1.htm 




                  2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 20:39:37.48 ID:brv8OKtB.net

                  朝鮮人は犬と思い、上から目線でガンガンしつけるべきだよ。 

                  てか、あいつらは犬です 


                  5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 20:42:30.27 ID:XYNb2+ID.net

                  >>2 
                  うちにも犬はいるがそれはそれは可愛いもんだ 
                  朝鮮人と犬を一緒にするなよな 
                  犬には関われるが朝鮮人には関わるな 


                  4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 20:41:40.50 ID:CsPyxwPz.net

                  正論 これに世間が気づくまであと何年かかるか 世の流れが遅いというのは本当だな  


                  3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 20:39:46.43 ID:PzaTVEJd.net

                  勝ちたいんじゃ無くて、もう関わりたくないんだが 


                  6: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 20:43:06.21 ID:x3qbFq7I.net

                  >>3 
                  ゴキブリやハエと同じで向こうからまとわりついてくる 
                  叩き潰すしかないだろ 


                  16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 21:07:16.40 ID:ftn/Yz+O.net

                  >>3 
                  奴らから見ればその姿勢は「逃げた=認めた=勝った」だから。 
                  いい加減奴らのパターン分かれよ。 


                  10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 20:55:33.53 ID:J1dXJjId.net

                  全くその通りだ。 
                  いい加減な日本の政治屋が日本をダメにしたあ。 


                  11: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 20:56:17.21 ID:p2XmBHvH.net

                  >日本側にも問題があるという 

                  もっともっと韓国を締め上げる必要あるな 
                  国ごとなぶり殺しにするくらいでちょうどいい 


                  14: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 20:58:19.58 ID:slVMsZPE.net

                  単なる反撃じゃ足りないよ 

                  朝鮮人が病的な差別民族であること 
                  病的に嘘を付きまくること 

                  これを実例を示して宣伝しないと 

                  朝鮮人に対しては 
                  攻撃は最大の防御の姿勢で行かないといけない 


                  17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 21:23:41.90 ID:GKOGeUOx.net

                  腰を低く摂すれば骨までしゃぶられる。 


                  18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 21:42:38.92 ID:UUmv9N4x.net

                  こんなのは韓国でビジネスをしたことがある人には常識ですけど 


                  19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 21:50:38.01 ID:3aDEezce.net

                  一度でも韓国側の言い分を認めて謝罪すると以後無限ループが待ってるニダ 
                  というのを知らない日本人がまぁまぁと気軽に謝罪する 


                  25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 22:13:00.58 ID:KGIl/XFP.net

                  なんでもいいから除鮮してくれ 
                  パチンコの廃止だ 


                  26: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 22:17:00.61 ID:hQEe/F+7.net

                  >『河野談話』を発表した河野氏の罪は大きい。勲一等旭日章を剥奪すべきだ 

                  全く同感。日本史上最大の売国奴が、トップクラスの勲章を貰ってる。 
                  これ以上の皮肉はないだろう。
                  【2014.06.19 Thursday 05:01】 author :
                  | 朝鮮関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  1732:在米韓国人の捏造小説「米国人宣教師夫婦と英国籍中国人を拷問する場面」
                  0
                    韓国・文化日報が2/26「安倍の道、日本の道」と題し、イ・ミスク国際部長のコメントを紹介している。
                    「英米圏が反日作家を大絶賛。ノーベル文学賞の候補者に選出した」 日本の米人虐殺を描いた小説を公表
                    米国プリンストン大教授として活動する在米同胞イ・チャンレ氏の近作「生存者(原題The Surrendered)」には1934年、満州関東軍所属の日本人将校らが中国吉林省長春近隣で教育事業をしていた米国人宣教師夫婦と英国系中国人を拷問する場面が出てくる。 

                    日本人将校らは中国軍関連情報を要求して宣教師の前で彼の夫人を輪姦し、英国のパスポートを所持していた中国人青年の両側のまぶたを刃物でえぐり取る蛮行を犯す。彼らは引き続き宣教師夫婦を銃殺し、彼らの13才の娘まで性暴行する。中・日戦争の時、日本軍は中国人だけでなく米国人まで無差別に殺害したことを浮上させた点で衝撃的だ。」

                    当時、中国吉林省長春近隣でこのような事件は存在せず、戦犯事件として起訴された事実も無い。在米韓国人教授が、日本人の残虐小説を発表している事について、外務省は放置していてはいけない。
                    戦時でも無いのに、米人宣教師夫妻や英国籍中国人を殺害したのが事実であれば、国際問題の隠蔽は不可能であり、英米軍が戦犯起訴しない筈が無い。それ以前に宣教師殺害事件について多数の中国人が目撃していた筈で、賞金を与えて噂話でも告発を受理していた中国裁判が起訴しないはずが無い。
                    戦犯裁判が行われていないという事は、そのような事件は存在しなかったのである。
                    この種の侮日キャンペーンは、初期対応しておかないと、慰安婦問題のように大変な事になる。
                    特亜民族は、白人被害を主張し、共通被害者キャンペーンに繋げるつもりである。
                    【2014.02.27 Thursday 04:39】 author :
                    | 朝鮮関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    1718:資料…韓国に吸い尽くされた日本の血税“23兆円”「支援しても感謝はなし」
                    0
                      2014年02月21日 19:07


                      1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/21 18:07:15
                      ★「支援しても感謝はなし」 韓国に吸い尽くされた日本の血税“23兆円” 
                      2014年2月21日(金)9時56分配信 アサ芸プラス 

                      アメリカでのロビー活動で教科書に「東海」を強制表記させたかと思えば、「竹島の日」に向け活動家が日本の 
                      要人へのテロ予告までしている反日国家・韓国。しかし、そもそも韓国は、日本による莫大な税金を使った援助に 
                      よって今の発展があるのではなかったか。入手した「血税リスト」で、韓国の“恩知らずな実態”を暴く! 

                      政治やスポーツの場を利用して、今や“定番”となった韓国の反日バッシング。だが、今まで日本は韓国の経済 
                      発展のために貢献し、そのため国民の血税が吸い尽くされていたのである。 

                      入手したリストは、日本がODA(政府開発援助)の一環で、韓国の支援に使った金額のほんの一部だという。 
                      日韓問題を取材するジャーナリストが言う。 

                      「このリストは、ネット上で“反韓”の人たちの間で話題になり、資料として出回っているものです。 
                      1966年から90年までの韓国へのODAが終了するまでの項目が掲載され、現在の価値に換算すると、 
                      総額で23兆円もの税金が韓国のために使われたと指摘しているのです」 

                      リストの中で特に金額の多い項目を見ただけでも、日本の「血税」が大量に投入されていることがわかる。 
                      なのに、苛烈な反日批判が繰り返されるのは、不可解としか言いようがない。 

                      そもそも1965年に日本と韓国の間で日韓基本条約を締結した際に、「解決金」という名の莫大な賠償を求められた。 
                      日本の植民地支配による個人の未払い賃金を含む一切の対日請求権を放棄する代わりに、無償で3億ドル、有償で2億ドル、 
                      民間借款3億ドルの総額8億ドルの資金援助を提供した。 
                      >>2へ続く 

                      ◆アサヒ芸能2/18発売(2/27号)より 
                      http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail
                      /agp-20140221-20584/1.htm


                      2: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/21 18:07:23
                      >>1より 
                      古参の自民党関係者がこう振り返る。 

                      「当時、日本の外貨準備高は18億ドルしかなく、そこから8億ドルも持っていかれた。当時の韓国の国家予算の2倍以上ですよ。 
                      佐藤栄作内閣の閣僚の中には、『日本の有り金を全部持っていく気か!』と激怒した人もいたそうです。 
                      ちなみに、この時の韓国政権は、朴槿惠〈パク・クネ〉大統領の父親である、朴正煕〈パク・チョンヒ〉大統領でした」 

                      日韓基本条約の「解決金」では、韓国政府はやりたい放題だったという。韓国事情に詳しい経済評論家の渡邉哲也氏はこう語る。 

                      「韓国政府は北朝鮮の分の解決金も受け取っていながら、北朝鮮には分配していません。 
                      また、韓国政府は日韓基本条約のことをずっと国民に伏せてきました」 

                      解決金と技術支援によって、「漢江の奇跡」と呼ばれる急激な経済成長を遂げた韓国だったが、 
                      97年のアジア通貨危機によって経済が崩壊した。ソウル駐在歴3年の東京新聞・五味洋治編集委員が当時の様子を語る。 

                      「アジア通貨危機の時に、私はソウルにいましたが、国庫に外貨がなくなった韓国は、あっという間に国家倒産状態に陥り、 
                      昨日まで一流企業に勤めていた人たちが、一夜にして地下街でテントを張って暮らすようになっていました」 

                      財政破綻の防止などを目的としたIMF(国際通貨基金)の監督下に置かれた韓国のため、日本は100億ドルを支援した。 
                      にもかかわらず、韓国政府は危機が落ち着くと、 

                      「IMFからの支援はありがたいが、日本からの支援は迷惑だった」 
                      と、高飛車に言い放ち、感謝の言葉すら述べなかったのだ。

                      21: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:11:49
                      >>1 
                      平昌の為にまだまだ払うんでしょう?

                      24: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:12:26
                      >>1 
                      韓国の担当者(政治家)が変わるたびに騙され続ける日本の政治家 
                      学習力ゼロ

                      3: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:08:09
                      今後一切支援するな

                      4: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:08:21
                      縁を切れ、それしかない

                      5: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:08:39
                      そうしてきたのは自民だがな

                      8: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:09:32
                      支援中止 

                      返してもらえ

                      11: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:10:05
                      良く分からんが南鮮に支払った分を在日朝鮮・韓国人から徴収すりゃ一応チャラじゃね? 
                      そういう法整備をしてくれ

                      13: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:10:32
                      つうか何で支援なんかしたんだよ 
                      責任問題だろ

                      17: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:11:11
                      23兆。こんなもんじゃねーよ!!

                      18: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:11:14
                      こんなの氷山の一角だしな

                      20: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:11:29
                      全部自民党が悪いな 
                      責任とってほしい

                      23: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:12:15
                      パチンコがなあ 
                      パチンコ業界年間売り上げは23兆円 
                      合法カジノの4倍 
                      これが全部韓国と北朝鮮へ行ってる 
                      もうね、最悪じゃね

                      26: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:13:03
                      まだ韓流(失笑)とかほざいてるバカ、お前らの周りには居ないよな???

                      51: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:15:20
                      >>26 
                      いるんだよ 絶望的だろ でももしかしたら在日かもしれん 金にうざいし

                      28: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:13:17
                      ナマポ

                      30: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:13:25
                      まあこれからは少しでも親韓発言をした議員は議席を失うと思えな

                      31: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:13:47
                      二股が移行して日本を孤立させようとしている国に 
                      援助は断固反対。 
                      二股のアメリカと中国が支援すべきだ!

                      33: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:13:54
                      韓国の厚かましさよりも、 
                      むしろ日本の対応が理解不能 
                      お人よしにも程があるだろうというか、 
                      むしろ国の中枢が韓国に乗っ取られてるんじゃないかと・・・

                      35: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:14:09
                      中韓へのODAって、全部やめたほうが良いと思うな・・・

                      37: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:14:14
                      そういう予算を作った政府と通した議会と当選させた有権者が悪い

                      38: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:14:20
                      なんかマスゴミ各社が一斉に反韓始めた?

                      73: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:18:12
                      >>38 
                      金の切れ目が縁の切れ目

                      47: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:15:02
                      支援した金で反日資金にしてるからなw

                      52: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:15:22
                      団塊が消えるまで援助するのは完全に止まらない 

                      1日でも早く団塊が死に絶えるかボケるかして権力から遠避ける必要があるわ

                      57: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:16:06
                      64兆円貸したはずだが。

                      58: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:16:17
                       
                      利息つけて返してもらいたい(´・ω・`) 



                      65: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:16:56
                      とりあえずこれ全世界に拡散しとこう

                      70: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:17:23
                      日本側に売国奴がいてできることだよね。 
                      これも河野談話と一緒に検証しろ。

                      91: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:20:50
                      >>70 
                      鳥取 韓国 まんが 
                      でぐぐれ 
                      鳥取県がいかに売国奴かわかる

                      183: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:34:30
                      >>91 
                      鳥取県民だが、現知事の平井・前知事の片山ともに在日だからな(^_^;) 

                      因みに、県内唯一の地方紙新日本海新聞社社主の吉岡も在日。 

                      まんが王国ならぬ在日王国です(笑)

                      71: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:17:37
                      感謝がないどころか反日教育してますし

                      74: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:18:29
                      これまで持ち出した金は、授業料ってことで諦めてイイヨ。 
                      そのかわり、今後は明確に敵国認定すること。 
                      アメリカが適当なことを言ってきても振り払え。

                      78: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:19:31
                      日韓利権キックバック議員連盟様達のおかげやで!!!

                      82: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:19:48
                      乞食 
                      ゴキブリ 
                      ハエ 
                      ゴミキムチ 

                      他によろ

                      93: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:21:07
                      朝鮮人に加担する日本人も同罪

                      124: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:26:23
                      ロシア人が激白!「朝鮮人とは関わりあうな」 


                      http://www.youtube.com/watch?v=BJJG-XWHr_w&feature=related



                      我々から得られるもの全てを毟り取ろうとしたのです。 
                      このような人々と全く関わりを持たない方が良い。 
                      不用意に関わるとこちらが病気になり、傷付くことになるのです。 
                      南鮮も同じ。

                      129: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:26:45
                      日韓議員連盟の解散だな

                      132: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:27:09
                      シナチョンに回す金あるんなら増税やめろや

                      139: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:28:36
                      仏像返せ 
                      金返せ 
                      竹島返せ

                      145: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:29:44
                      韓国じゃなくて、もっと優秀な国に23兆円やってたら、どんな国が出来上がってただろうな。

                      147: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:29:46
                      開けても暮れても反日を唱え、嫌がらせをしてくる国にご褒美をあげ続ける日本 
                      そりゃ反日政策やめられないわって話

                      160: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:31:32
                      売国議員を国政に入れるな 
                      マスメディアは国民の知る権利のもとに炙り出せ 
                      反日国家は千年の害しかない

                      171: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:33:15
                      日本が支援を打ち切ればすぐに滅ぶ国

                      180: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:34:02
                      感謝するどころか、更に要求されてるやんw

                      181: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:34:10
                      貸した金帰ってこないなら、政治家たちが私財で弁償しろや

                      190: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:36:00
                      政治家と官僚が税金をポケットマネーのように使った額ね

                      199: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:36:54
                      でも東京都知事は懇意にしたくて仕方ありませんwwwwざまあwwwww

                      200: 名無しさん@13周年 2014/02/21 18:36:54
                      詐欺師カルトにだまされた、金持ち老人みたいな感じ。 

                      だまされて身包みはがれて、ボロボロにされても 
                      だまされてないと言い張る所が、みじめすぎる。
                      【2014.02.22 Saturday 01:18】 author :
                      | 朝鮮関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |